タイのバンコクにあるBTSの路線図と乗り方!ラビットカードを推奨

スポンサーリンク

「バンコク観光にはBTSが便利って聞くけど、そもそもBTSって何?」「最近のタイは交通網が複雑でよくわからない」と、このような質問を頂く機会が増えてきました。

BTSは、バンコク市内にある有名エリアをつなぐ「高架鉄道」になりますね。「安全で渋滞知らず」なので、観光客にも地元民にも愛されています。

タイのタクシーは値段が安いのでありがたいのですが、「バンコクは渋滞が多い」ので到着時間が予測できないのが困るんですよね。その点、BTSは到着時間が予測できるので便利です。

バンコク観光では「BTSに関する知識」があると本当に役立ちます。BTSの駅と直結している有名観光地もあるからですね。

タイびと
タイびと

現在のバンコクで、「日本人観光客の利用頻度」が最も高い交通機関がBTSと言っても過言ではありませんね。

まさじろ
まさじろ

今回は、タイ・バンコクのBTSの「路線図・チケット購入法・乗り方」と「便利なラビットカード」について、タイ歴22年の私が解説しますね!

スポンサーリンク

タイ・バンコクのBTSの路線図

タイの交通網は昔に比べると少々複雑になってますが、BTSに関しては難しくありません。と言うのも、タイのBTSは以下の「2路線」しかないからです。

  • BTSスクンビット線
  • BTSシーロム線

上記写真の北から東に伸びるのが「BTSスクンビット線(薄い緑色)」で、中央から西に伸びるのが「BTSシーロム線(濃い緑色)になります。

まさじろ
まさじろ

ちなみに、旅行者の方がよく使うのは「BTSスクンビット線」になるので覚えておいて下さいね!

CEN:サイアム駅で2路線が交差

タイ・バンコクのBTSに関して、もう1つ覚えておいてほしいのが「2路線が交わるのはCENサイアム駅」になります。

上記写真の中ほどの「CEN」と書いてある駅がサイアム駅になります。スクンビット線とシーロム線の乗換には欠かせない駅ですね。

タイびと
タイびと

サイアム駅で2路線が交わる理由は、「サイアムエリア:バンコクの中心地」だからですね。大都会ですよ!

MRTと交わるは「アソーク駅」

BTSとタイの地下鉄であるMRTが交わるのが、「アソーク駅」になります。

まさじろ
まさじろ

バンコクのMRTに関してはコチラをどうぞ!

>>バンコクのMRTの路線図と乗り方

スポンサーリンク

スクンビット線

まさじろ
まさじろ

それでは次に、旅行者の使用頻度が高い「BTSスクンビット線」について解説しますね。

BTSスクンビット線には以下の駅があります。

  • N8:モーチット駅☆
  • N7:サパーンクワーイ駅
  • N6:着工予定
  • N5:アーリー駅
  • N4:サナームパオ駅
  • N3:アヌサワリー駅
  • N2:パヤタイ駅☆
  • N1:ラーチャテーウィー駅
  • CEN:サイアム駅☆
  • E1:チットロム駅
  • E2:プルンチット駅
  • E3:ナーナー駅
  • E4:アソーク駅☆
  • E5:プローンポン駅
  • E6:トンロー駅
  • E7:エカマイ駅
  • E8:プラカノン駅
  • E9:オンヌット駅
  • E10:バーンチャック駅☆
  • E11:プゥナウィティ駅
  • E12:ウドムスック駅
  • E13:バンナー駅
  • E14:ベーリング駅
  • E15:サムロン駅

BTSスクンビット線で、一般的な旅行者の方が「よく使う駅」は以下になります。

N8:モーチット駅

モーチット駅は、「ドンムアン国際空港」を使う人がよく利用する駅になります。ドンムアン国際空港からバンコク市内へは「タクシーやバス」が主な移動法になるからですね。

ホテルまで直接タクシーで行きたいんですが、「バンコク市内の渋滞を回避」するためにBTSを使う人が多いですね。

タイびと
タイびと

「チャトチャックウィークエンドマーケット」に行くのに使う方もいますよ!

>>チャトチャックウィークエンドマーケットの見所とおすすめエリア

N2:パヤタイ駅

パヤタイ駅は、「スワンナプーム国際空港」を使う人がよく利用する駅になります。スワンナプーム国際空港とパヤタイ駅を、「エアポートレールリンクという電車」がつないでるからですね。

エアポートレールリンクは、「安全で快適」なのでタイ旅行の初心者にオススメですよ。実際の多くの外国人がこの電車を使ってますね。

まさじろ
まさじろ

エアポートレールリンクの乗り方はコチラをどうぞ!

>>エアポートレールリンクの乗り方と主要駅での乗り換え

CEN:サイアム駅

サイアム駅で、「スクンビット線とシーロム線」の2つの路線が交わります。サイアムエリアは「バンコクの中心地」となるので、かなり利用頻度の高い駅になりますね。

タイびと
タイびと

サイアム駅と直結しているサイアムパラゴンはコチラをどうぞ!

>>サイアムパラゴンのフロアガイド

E4:アソーク駅

アソーク駅は、バンコク市内を走る地下鉄である「MRT」と交わる駅になります。アソークエリアも見所が多いので、利用頻度の高い駅ですね。

まさじろ
まさじろ

アソーク駅からMRTへの乗換はコチラをどうぞ!

>>BTSアソーク駅からMRTスクンビット駅への乗り換え

E10:バーンチャック駅

バーンチャック駅は、タイシルクで有名な「ジムトンプソン・アウトレット」に行く時に便利な駅になります。

タイびと
タイびと

ジムトンプソン・アウトレットについてはコチラをどうぞ!

>>ジムトンプソン・アウトレット「人気ランキング10」と詳しい行き方

スポンサーリンク

シーロム線

まさじろ
まさじろ

BTSシーロム線には以下の駅があります。

  • W1:ナショナルスタジアム駅☆
  • CEN:サイアム駅
  • S1:ラーチャダムリ駅
  • S2:サラデーン駅
  • S3:チョンノンシー駅
  • S4:(着工予定)
  • S5:スラサック駅
  • S6:サパーンタクシン駅☆
  • S7:クルントンブリ駅
  • S8:ウォンウィアン駅
  • S9:ポーニミット駅
  • S10:タラートプルー駅
  • S11:ウタカット駅☆
  • S12:バーンワー駅

BTSシーロム線で、一般的な旅行者の方が「よく使う駅」は以下になります。

W1:ナショナルスタジアム駅

ナショナルスタジアム駅は、バンコクの庶民派ショッピングモールである「MBK」に行く時に便利な駅になります。

ナショナルスタジアム駅の4番出口をでると、「そこはもうMBKの入口」になるからですね!

S6:サパーンタクシン駅

サパーンタクシン駅は、バンコクの有名観光地である「ワットプラケオ・ワットポー」や、有名ナイトマーケットの「アジアティーク」に行くのに便利な駅となります。

駅のスグ近くに船着き場があって、そこから「ワットプラケオ・ワットポー」と「アジアティーク」まで船が出てるんですよね。

まさじろ
まさじろ

アジアティークについてはコチラをどうぞ!

>>アジアティークのおすすめエリアと行き方

S11:ウタカット駅

ウタカット駅は、バンコクの有名観光地である「ワットパクナム」に行くのに便利な駅になります。

タイびと
タイびと

ワットパクナムについてはコチラをどうぞ!

>>ワットパクナムの観光モデルコースと行き方

スポンサーリンク

タイ・バンコクのBTSの運賃と運行時間

BTSの料金は、15バーツ〜59バーツになりますね。BTSの駅には上記写真のような運賃案内があるので、そちらで確認して下さい。

BTSの運行時間

BTSの運行時間は、おおむね「5:30~24:00」になりますね。

タイびと
タイびと

路線や行き先で運行時間が異なるので「おおむね」と書いておきますね(笑)

サイアム駅から各地までの運賃

BTSのメイン駅である「サイアム駅」から各地までの運賃は以下になります。

  • パヤタイ駅:23バーツ
  • アソーク駅:30バーツ
  • プロンポン駅:33バーツ
  • サパーンタクシン駅:37バーツ
  • バンチャック駅:59バーツ
まさじろ
まさじろ

最大でも「59バーツ」なので、バンコクのBTS料金はまだまだ安いですよね。

スポンサーリンク

チケットの買い方

タイびと
タイびと

チケットの買い方には以下の「2つの方法」があります。

チケットオフィスで購入

BTSの駅にはチケットオフィス(上記写真)があるので、各窓口でチケットを購入することができます。

チケットオフィスでのチケット購入の流れは以下になります。

  1. 窓口で目的地を伝える
  2. 運賃を言ってくれる
  3. 運賃を支払う
  4. お釣りとチケットを渡してくれる
まさじろ
まさじろ

スタッフの方に、「アソークやサイアム」と行き先を伝えるだけなので、簡単に購入できますよ。

券売機で購入

チケットオフィスが混雑してる時は、券売機でもチケットを購入できます。券売機の使い方は以下になります。

  1. 運賃案内で「行き先の運賃」を確認する
  2. 上記写真の「1」で運賃を選んでタッチして下さい
  3. 運賃を「2」に硬貨で投入します
  4. プラスチックの乗車カードが「3」から出てきます
  5. お釣りがある時は「4」から出てきます。
タイびと
タイびと

ただし、ほとんどの券売機は「硬貨専用」になります。硬貨の持ち合わせがない時は「チケットオフィス」で購入して下さいね!

スポンサーリンク

ラビットカードをおすすめします!

%e3%83%95%e3%82%a1%e3%82%a4%e3%83%ab_000-7

BTSを使う旅行者の方に、私が強くオススメするのが「ラビットカード」になります。ラビットカードは、日本で言う「SUICAやICOCA」になりますね。

ラビットカードは、旅行者の方は絶対に持っておいたほうがいいです。と言うのも、最近のBTSの駅では券売機やチケットオフィスが時間帯によっては「かなり混雑」します。

時間をお金で買いましょう!

上記はBTSアソーク駅の平日の夕方の写真になります。チケットオフィス・券売機ともに混雑しています。

混んでるにも関わらず、タイ人はチケットオフィスや券売機の前で「ヨッコイショとお金を出す人」が多いんですよね。ですので、チケット購入に時間がかかってしょうがないです。

まさじろ
まさじろ

私は「友達がタイに遊びにきたとき用」に、ラビットカードを2枚持ってます。私だけがスイスイと改札を通過しても意味がないですからね。

ラビットカードの購入方法

チケットオフィスで、「ラビットカード、プリーズ」と言えば買うことができます。料金は200バーツになりますね。

内訳は以下になります(2018年10月現在)。

  • 発行手数料:100バーツ
  • チャージ:100バーツ

ラビットカードにチャージしたいときは、チケットオフィスで「ラビットカードとお金」を差し出せばチャージしてくれます。ラビットカード返却のさいは、パスポートが必要なのでお忘れなく。

タイびと
タイびと

ラビットカードの発行手数料である100バーツは返ってきませんが、旅行者の方は「旅の時間をお金で買う」ことを強くオススメしますよ!

スポンサーリンク

タイ・バンコクのBTSの乗り方

ラビットカードやチケットを購入した方は、BTSの自動改札(上記写真)に向かって下さい。自動改札には「入場側と退場側」があるので、進行方向に注意して下さいね!

タイびと
タイびと

上記写真で言うと、「G17」と書いてる下の「緑矢印」が入場改札口だと示してくれてますよ。

自動改札の通り方

ラビットカードの方は、写真上部の「TAP HERE」と書いてる所にカードを軽く触れて下さい。チケットの方は上記写真のように、チケットを自動改札に通します。

まさじろ
まさじろ

チケットを入れたら上部から出てくるので、取り忘れにご注意下さいね!

チケットの差し込み方向に注意!

チケットには差し込み方向があるので気を付けて下さいね。上記写真の左上に「←」が差し込み方向になりますね。

タイびと
タイびと

これを知らずに、「何度も何度もチケットを差し込む人」が多いんですよね。

スポンサーリンク

自動改札で大事なこと

まさじろ
まさじろ

最後に、「自動改札で大事なこと」を解説します。特に2つ目の内容をじっくりと確認して下さい。本当に痛いですから(体験者)。

ラビット専用の自動改札

最近では、ラビットカード用の自動改札もあります。赤い絨毯が「そこはかとなく素敵な雰囲気」を醸し出しますよね。

タイびと
タイびと

チケットの差込口が塞がれていることが多いので、チケットの方はご注意を!

タイの自動改札の扉は痛い!

上記写真をもう一度、今度は「写真の右側」に注目して見て下さい。結論から言うと、この絵では「自動改札の扉の怖さ」を物語っています。

日本の自動改札の扉と違って、BTSの自動改札の扉は「かなり敏感に反応」するんです。上記写真のカバンの持ち方だと、カバンにセンサーが反応します。

扉が閉まるタイミングで人が通ります。これが「けっこう痛い」のです。だから、そうならないように「カバン」を持ち上げて通過しないといけません。

人が先でスーツケースは後!

ちなみに、スーツケースを引っ張ってる人は「人が前でスーツケースが後」の順番で通過して下さい。理由は、もうお分かりですよね。

日本の改札口でカバンを持ち上げてる人を見かけたら、その人は「BTSの扉にやられた可能性」が高いですよね。

まさじろ
まさじろ

私も条件反射的に「改札口ではカバンを持ち上げる習性」になってしまいましたよ。

スポンサーリンク

まとめ

今回は、タイ・バンコクのBTSの「路線図・チケット購入法・乗り方」と「便利なラビットカード」について、タイ歴22年の私が解説しました。

タイ・バンコクのBTSのおさらいをすると以下になります。

  • BTSにはスクンビット線とシーロム線がある
  • 2つの線が交わるのは、BTSサイアム駅
  • BTSの料金は、15バーツ〜59バーツ
  • BTSの運行時間は、おおむね「5:30~24:00」
  • チケット購入はチケットオフィスが便利
  • ラビットカードの値段は200バーツ
  • 自動改札の通過時は人が先

それでは素敵なバンコク観光を楽しんでくださいね!BTSを乗りこなせたら、バンコク観光のときに行動範囲が圧倒的に広がりますよ!

まさじろ
まさじろ

バンコクのおすすめ観光地はコチラをどうぞ!

>>バンコク旅行のおすすめ観光地