バンコクの空港を選ぶ時「初心者がスワンナプーム」にすべき理由3選

スポンサーリンク

タイ行きの航空券を探す時、絶対にやってはいけないことがあります。それが、「安易に到着空港を決める」ことになります。

実は、タイ旅行の玄関口である首都バンコクには、「スワンナプームとドンムアン」の2つの国際空港があるんですよね。

「どちらもバンコクにある空港だから、どちらの空港でも同じでしょ!」と、航空券の値段だけをみてチケットを購入する人がいます。

あなたがタイ旅行に慣れてる方なら、「どちらの空港」を使っても問題ありません。ただし、あなたがタイ旅行の初心者なら、「スワンナプーム空港」を絶対におすすめします。

タイびと
タイびと

実は、スワンナプーム空港は「両替や市内移動」が便利なんですよね。ですので、初心者の方にピッタリな空港なんです!

まさじろ
まさじろ

今回は、バンコクの空港を選ぶ時は「初心者はスワンナプームにすべき理由」について、タイ歴22年の私が解説しますね!

スポンサーリンク

バンコクの空港で「スワンナプーム」がオススメな理由

タイ旅行の初心者が、バンコクではスワンナプーム空港を使ったほうがいい理由は以下になります。

  • 両替レートが良い
  • 電車でバンコク市内に行ける
  • パタヤ・ホアヒンへの直通バスがある

タイ旅行の初心者にとって、特にありがたいのが「スワンナプーム空港にある両替所」になりますね。

タイびと
タイびと

それでは、1つずつ詳しく確認していきましょう!

スポンサーリンク

両替レートが良い

つい数年前までは、「バンコクにある空港で両替をすると損だ!」と私も思ってたんです。しかし、昨今では少々事情が変わってきました。

高レート両替所が、「スワンナプーム空港の地下」に出店してきたんですよね。ですので、スワンナプーム空港での両替は「かなりお得」になりました。

両替レートを比較してみよう

とある日の、1万円に対しての「両空港の両替レート」が以下になります。

  • スワンナプーム空港:2,945バーツ
  • ドンムアン空港:2,728バーツ

同じ1万円の両替で、「217バーツ(約650円)」の差がつくんですよね。

タイびと
タイびと

「たったの650円でしょ?」と思った方もいるかと思うので、実際の両替で比較してみますね。

実際の両替金額で比較

スワンナプーム空港の両替レートが「1万円:2,945バーツ」のとき、私は「33.7万円」を両替しました。総額では、「33.7万円 × 2,945バーツ = 99,246バーツ」になります。

もしも、この日に同額をドンムアン空港で両替したとすると、「33.7万円 × 2,728 = 91,933バーツ」になります。

両空港での両替の差額は、「7,313バーツ(約2.2万円)」になります。この差はかなり大きいですよね。両替に関して言えば、間違いなく「スワンナプーム空港」に軍配が上がりますね!

まさじろ
まさじろ

ドンムアン空港での両替は1万円くらいにしておいて、市内の「レートの高い両替所」で再度両替することをオススメしますよ。

スポンサーリンク

電車でバンコク市内に行ける

2つの空港からバンコク市内までの主な交通手段は以下になります。

  • スワンナプーム空港:タクシー・電車
  • ドンムアン空港:タクシー・バス

空港からタクシーでバンコク市内に行くなら、どちらの空港でも違いはありません。ただし、タイ旅行の初心者が異国でタクシーに乗るのは「勇気がいる」と思います。

タイびと
タイびと

慣れてない国では、なるべくなら「公共の交通機関」を使いたいですもんね。

ドンムアン空港は「バス」で市内へ

ドンムアン空港の公共の交通機関は「バス」になります。このバスも慣れたら快適にバンコク市内に移動できるのですが、1点だけ問題があります。

それが、「大きな荷物が邪魔」になることです。空港からのバスは、上記写真のように混み合うことが多いからですね。

まさじろ
まさじろ

スーツケース等の大きな荷物を持ってる方は、「バスの前方」に座るようにして下さい。そうすると自分の席の横にスーツケースが置けます。

スワンナプーム空港は「電車」で市内へ

一方、スワンナプーム空港からバンコク市内には「電車」が開通しています。電車も通勤時間は混み合いますが、スーツケースがおけるスペースもあるので助かります。

タイびと
タイびと

さらには、電車とバスでは空間の広さが違うので開放感が異なりますよね。

電車とバスの大きな違い

実は、電車にはバスにはない「大きなメリット」があります。それが、「空港への到着時間が予測できること」になります。

ドンムアン空港を使う方は、帰国の時に最寄りの「BTSモーチット駅」からバス・タクシーに乗ります。

その時間が早朝や深夜なら問題ありませんが、朝夕の通勤時間と重なると「ドンムアン空港への到着時間」が全く予測できません。

ドンムアン空港に向かう時は、「遅れたら困るから」と早めに出る人が多いですよね。飛行機に間に合わないと、それこそ「大損」ですもんね。

まさじろ
まさじろ

電車に関する詳しい内容はコチラをどうぞ!

>>エアポートレールリンクの乗り方と主要駅での乗り換え

スポンサーリンク

パタヤへの直通バスがある

バンコク観光の前に、「パタヤ観光」をしたい人にもスワンナプーム空港は便利なんです。スワンナプーム空港からパタヤ市内まで「直通のバス」が出てるからですね。

スワンナプーム空港の1階

スワンナプーム空港の1階に「パタヤ行きチケットの販売ブース」があります。バス情報は以下になりますね。

  • バス運賃:120バーツ
  • 運行時間:7:00〜22:00
  • 運行間隔:1時間に1本

ドンムアン空港からパタヤ

ドンムアン空港からパタヤには直通のバスがないので、「モーチットバスターミナル」を経由する必要があります。

タイに慣れている人なら簡単に行くことができますが、初心者にとっては「1つの工程」でも減らしたいというのが本音ですよね。

タイびと
タイびと

パタヤへの行き方はコチラをどうぞ!

>>バンコクからパタヤへの行き方「おすすめ3選」

スポンサーリンク

ドンムアン空港の方が便利な点

まさじろ
まさじろ

それでは最後に、ドンムアン空港の方が便利な点を紹介しますね。

移動距離が短い

ドンムアン空港の最大のメリットは、「空港内での移動距離」にあります。上記写真で見えてる範囲に、「両替・SIMカード・タクシー乗り場・バス乗り場」があるからですね。

タイびと
タイびと

ただし、後述するレストラン街に行くときは「けっこう遠い」です。レストラン街は、ターミナルが異なるからですね。

レストラン街が充実

ドンムアン空港は、スワンナプーム空港と比べると「レストラン街が充実」していますね。

まさじろ
まさじろ

こちらのレストラン街はフードコートのようになってるので、先にチケットを購入して下さいね!

タイ料理のおすすめは「ヤムセープ」

レストラン街でタイ料理のおすすめは、「ヤムセープ」になります。こちらのお店は「バンコク市内に何店舗」もある有名店ですね。

ヤムセープのタイ料理は美味しいので、タイ人にも外国人にも人気がありますね。

マンゴージュースのおすすめ

タイ料理でお腹が満足したら、タイ旅行の最後の思い出に「マンゴージュース」をおすすめしますよ。

タイびと
タイびと

ドンムアン空港についてはコチラをどうぞ!

>>ドンムアン国際空港に到着後の両替や市内移動

スポンサーリンク

バンコクの空港に関する豆知識

まさじろ
まさじろ

最後に、バンコクの空港に関する豆知識を紹介します。

ドンムアン空港が先輩だよ

私が初めてタイを旅行した22年前は、実は「ドンムアン空港」しかありませんでした。ですので、タイ歴が長い旅行者ほど、ドンムアン空港が懐かしくてしょうがないんですよね。

当時は、ドンムアン空港のお隣にある「ドンムアン駅」からバンコク市内に向かう旅行者が多かったんです。あの頃は、バンコク市内を走るBTS(高架鉄道)やMRT(地下鉄)なんてありませんでしたからね。

2015年にドンムアン空港のターミナル2が改装

ドンムアン空港を歩いていると、ターミナル2の新しさが目立ちます。実は、ターミナル2は国内線ターミナルとして2015年に改装されたんですよね。だから、まだまだ綺麗なんです。

タイびと
タイびと

一方、ドンムアン空港の「ターミナル1」は昔の面影を残しています。これはこれで風情があって私は好きですね。

スワンナプーム空港が完成したのは2006年

ドンムアン空港だけでは「増え続ける観光客」に対応できなくなったので、2006年にスワンナプーム空港が完成します。しかし、当時は「エアポートレールリンク」はありませんでしたね。

エアポートレールリンクが完成したのは、スワンナプーム空港完成の4年後である「2010年」になります。

2006年〜2010年までは連絡バスがあった

エアポートレールリンクが完成するまでは、スワンナプーム空港とバス発着場を結ぶ「連絡バス」があったんですよね。

まさじろ
まさじろ

「連絡バスってあったよねえ」と懐かしい人も多いんじゃないですか?

タイびと
タイびと

スワンナプーム空港についてはコチラをどうぞ!

>>スワンナプーム国際空港に到着後の両替や市内移動

スポンサーリンク

まとめ

今回は、バンコクの空港を選ぶ時は「初心者はスワンナプームにすべき理由」について、タイ歴22年の私が解説しました。

バンコクの空港で初心者が「スワンナプームにする理由」をおさらいすると以下になります。

  • 両替レートが良い
  • 電車でバンコク市内に行ける
  • パタヤ・ホアヒンへの直通バスがある

2回目以降のタイ旅行なら、航空チケットが安く買える「ドンムアン空港」を利用してもいいですね!