タイ国内の空港とバンコクにある2つの空港比較を初心者向けに解説!

スポンサーリンク

タイ旅行の初心者が「タイ行きの航空券」を探すとき、絶対にやってはいけないことがあります。それが、「安易に到着空港を決める」ことになります。

タイ旅行の玄関口である首都バンコクには、「スワンナプーム国際空港とドンムアン国際空港」の2つの国際空港があります。

「どっちもバンコクにある空港だから、どっちでも同じでしょ!」と航空券の値段だけをみてチケットを購入する方がいます。

タイびと
タイびと

実は、スワンナプーム国際空港は、「両替や市内移動」が楽なんですよね。ですので、タイ旅行の初心者にピッタリな空港なんです!

タイに慣れてる方なら、ドンムアン国際空港を選んでも「何の問題」もありません。しかし、タイに慣れてない方は、空港からバンコク市内に行くだけで少々疲れてしまうんです。

バンコクにある2つの空港は、以下のように分けられています。

  • スワンナプーム国際空港:一般的な航空会社
  • ドンムアン国際空港  :LCC等の格安航空会社

ですので、チケットの値段だけで探すと「ドンムアン国際空港」になる確率が高いんですよね。あなたがタイ旅行の初心者なら、「スワンナプーム国際空港」を絶対におすすめしますよ!

まさじろ
まさじろ

今回は、「旅行者がよく使うタイ国内にある空港」と「バンコクにある2つの空港を初心者向けに比較」について、タイ歴22年の私が解説しますね!

スポンサーリンク

タイの「バンコクにある2つの空港」で知りたい事前情報

「タイのバンコクには2つの空港がある」と話しましたが、私が初めてタイを旅行した22年前はドンムアン国際空港しかありませんでした。

当時は、ドンムアン国際空港のお隣にある「ドンムアン駅」からバンコク市内に向かう旅行者が多かったんです。

あの頃は、バンコク市内を走るBTS(高架鉄道)やMRT(地下鉄)なんてありませんでしたからね。

まさじろ
まさじろ

ですので、タイ歴が長い旅行者ほど、ドンムアン国際空港が懐かしくてしょうがないんですよね。

国内線と国際線で空港を分けた

しかし、年々増え続けるタイ旅行者に、「ドンムアン国際空港」だけでは対応できなくなります。そうやって、2006年に待望の「スワンナプーム国際空港」が完成します。

その数年後に、諸事情が重なって再度ドンムアン国際空港を併用することになります。当初は両空港は以下のように使い分けられてました。

  • スワンナプーム国際空港:国際線
  • ドンムアン国際空港  :国内線

当時は、空港とバンコク市内を繋ぐ「エアポートレールリンク」はありませんでしたね。エアポートレールリンクが完成したのは、スワンナプーム国際空港完成の4年後である「2010年」になります。

航空会社で分けた

タイびと
タイびと

しかし、またまた諸事情があって「空港の使い分け」に変化が訪れます。

国内線と国際線に分けられていた2つの空港は、その後、以下のように「航空会社」で分けるようになります。

  • スワンナプーム国際空港:一般的な航空会社
  • ドンムアン国際空港  :LCC等の格安航空会社

2015年にドンムアン国際空港のターミナル2が改装

ドンムアン国際空港が再開して、しばらくはターミナル1で「国内線も国際線」にも対応していました。

しかし、格安航空を使うお客さんが想定したよりも増えたので、ターミナル2を「国内線ターミナル」として2015年に改装します。

その後は、以下のようにターミナルを分けるようになりました。

  • ターミナル1:国際線
  • ターミナル2:国内線

ドンムアン国際空港を歩いていると、ターミナル2の新しさが目立ちます。一方、ターミナル1は「昔の面影」を残しています。

まさじろ
まさじろ

私はターミナル1の「昭和レトロな感じが好き」ですね!

タイの空港で大事なこと

実は、日本各地の空港から直行できるのは「スワンナプーム国際空港・ドンムアン国際空港」だけになります(2018年12月現在)。

ですので、日本各地の空港からプーケットやチェンマイに行くときは、「スワンナプーム国際空港・ドンムアン国際空港」での乗り換えが必要になるんですよね。

日本からの直行便があるのはバンコクにある、「スワンナプーム国際空港・ドンムアン国際空港」だけ
タイびと
タイびと

10年ほど前は、「成田空港→プーケット国際空港」に直行便があったので、今でもたまにプーケットへの直行便を探す人がいるんですよね。

スポンサーリンク

旅行者がよく使う「タイ国内にある空港」

  1. スワンナプーム国際空港
  2. ドンムアン国際空港
  3. プーケット国際空港
  4. チェンマイ国際空港
  5. サムイ空港
  6. スラタニー空港
  7. クラビー空港
  8. チェンライ空港
  9. ウタパオ空港(パタヤ)
  10. スコータイ空港
  11. ピサヌローク空港
  12. ウドンタニー空港
  13. ウボンラーチャターニー空港
タイびと
タイびと

タイ旅行者がよく使う、「タイ国内にある空港」が上記になります。

スワンナプーム国際空港

スワンナプーム国際空港は、「一般的な航空会社」が発着する空港になります。「タイ航空・ANA・JAL等」を使った方は、スワンナプーム国際空港になりますね。

スワンナプーム国際空港の各フロアの特徴は以下になります。

  • 4階:出発フロア
  • 3階:ショップ・レストラン
  • 2階:到着フロア
  • 1階:タクシー・フードコート
  • 地下:高レート両替所・電車

ドンムアン国際空港

ドンムアン国際空港は、「LCC等の格安航空会社」が発着する空港になります。「エアアジア・スクート等」を使った方は、ドンムアン国際空港になりますね。

ドンムアン国際空港・ターミナル1の各フロアの特徴は以下になります。

  • 4階:ショップ・レストラン
  • 3階:国際線出発フロア
  • 2階:航空会社のオフィス
  • 1階:国際線到着フロア

プーケット国際空港

プーケット国際空港は、タイの有名ビーチリゾートである「プーケット」にある空港になります。プーケット空港に国際空港到着すると、「空港の新しさ」に驚く旅行者が多いんです。

それもそのはずで、2016年の9月に「新ターミナル」ができたので、まだまだ新しい空港なんです。

チェンマイ国際空港

チェンマイ国際空港は、タイ北部の中心的な空港になりますね。チェンマイ空港の概要はこんな感じになりますよ。

  • 2階:国内線と国際線の出発フロア
  • 1階:国内線と国際線の到着フロア

サムイ空港

サムイ空港は、タイのもう1つの有名ビーチリゾートである「サムイ島」の玄関口になります。

タイの航空会社であるバンコクエアウェイズの所有空港なので、「バンコク→サムイ島」の航空券のお値段は少々お高めになってますね。

スラタニー空港

スラタニー空港は、「サムイ空港を経由せずに」サムイ島に行きたい旅行者がよく使う空港になりますね。

スラタニー空港経由で行ったほうが、時間はかかりますが「安く行ける」のがメリットなんですよね。

まさじろ
まさじろ

「時間はあるけどお金はない!」という私のような旅行者にピッタリの行き方ですよ。一般的な旅行者の方は、「サムイ空港」をオススメします。旅行時間がモッタイナイです!

クラビー空港

クラビー観光で使うのが、クラビー空港になります。レオナルドディカプリ主演の映画ビーチで有名になったピピ島観光に行く人も使うことがありますね。

タイびと
タイびと

ピピ島へは、プーケット経由とクラビー経由があるんですよね。どちらも、港から大型船が出ています。

チェンライ空港

チェンライ観光のときに使うのが、「チェンライ空港」になります。チェンライは小さい町なので、のんびりと観光を楽しむことができます。

チェンマイとチェンライをあわせて観光する人もいますね。「チェンマイIN→チェンライOUT」にすると便利です。

ウタパオ空港(パタヤ)

ウタパオ空港は、パタヤ郊外にある空港になります。バンコクからパタヤは「バスで2時間」と近いので、旅行者にはあまり使われない空港の1つですね。

スコータイ空港

タイの古都であるスコータイ観光で使われるのが、「スコータイ空港」になります。こちらも、サムイ空港と同じで「バンコクエアウェイズの所有空港」になりますね。

ピサヌローク空港

%e3%83%95%e3%82%a1%e3%82%a4%e3%83%ab_001

ピサヌローク空港は、「スコータイ空港を経由せずに」スコータイに行きたい旅行者が使う空港になりますね。

バンコク→スコータイ間の航空券は、そこまで高くはありません。しかし、ピサヌローク空港経由だと「少しだけ安くスコータイ」に行けちゃうんです。

まさじろ
まさじろ

「旅の費用は限界まで切り詰めたい!」という方はピサヌローク空港一択ですが、それ以外の方はスコータイ空港の方がいいと思いますね。

ウドンタニー空港

ウドンタニー空港は、タイのビザを取りに「バンコク→ラオス」に行く時に使いますね。ラオスの首都であるビエンチャン行きの航空券が少々お高いんですよね。

「バンコクの空港→ウドンタニー空港→ラオスのビエンチャン」の流れで行ったほうが、ずいぶん安く行けるんですよね。

ウボンラーチャターニー空港

タイの東北部であるイサーン地方に観光に行く人が使うのが、ウボンラーチャターニー空港になります。

タイびと
タイびと

ウボンラーチャターニーにあるバスターミナルから、「ラオスのパクセー」という街に行く人もいますね。

スポンサーリンク

バンコクにある2つの空港を初心者向けに比較

まさじろ
まさじろ

それでは次に、バンコクにある2つの空港を以下の内容で比較していきますね!

  • 両替レート
  • バンコク市内への移動
  • パタヤへのアクセス

それでは、1つずつ詳しく見ていきましょう!

バンコクにある2つの空港の「両替レート」を比較

つい数年前までは、「バンコクにある空港で両替をすると損だ!」と私も思ってたんです。しかし、昨今では少々事情が変わってきました。

高レート両替所が、「スワンナプーム国際空港の地下」に出店してきたんですよね。ですので、スワンナプーム国際空港での両替は「かなりお得」になりました。

両替レートを比較してみよう

とある日の、1万円に対しての「両空港の両替レート」が以下になります。

  • スワンナプーム国際空港:2,945バーツ
  • ドンムアン国際空港  :2,728バーツ

同じ1万円の両替で、「217バーツ(約650円)」の差がつくんですよね。

タイびと
タイびと

「たったの650円でしょ?」と思った方もいるかと思うので、実際の両替で比較してみますね。

実際の両替金額で比較

スワンナプーム国際空港の両替レートが「1万円:2,945バーツ」のとき、私は「33.7万円」を両替しました。総額では、「33.7万円 × 2,945バーツ = 99,246バーツ」になります。

もしも、この日に同額をドンムアン国際空港で両替したとすると、「33.7万円 × 2,728 = 91,933バーツ」になります。

両空港での両替の差額は、「7,313バーツ(約2.2万円)」になります。この差はかなり大きいですよね。両替に関して言えば、間違いなく「スワンナプーム国際空港」に軍配が上がります。

まさじろ
まさじろ

ドンムアン国際空港での両替は1万円くらいにしておいて、市内の「レートの高い両替所」で再度両替することをオススメしますよ。

バンコクにある2つの空港の「バンコク市内への移動」を比較

2つの空港からバンコク市内までの主な交通手段は以下になります。

  • スワンナプーム国際空港:タクシー・電車
  • ドンムアン国際空港  :タクシー・バス

空港からタクシーでバンコク市内に行くなら、どちらの空港でも違いはありません。ただし、タイ旅行の初心者が異国でタクシーに乗るのは「勇気がいる」と思います。

タイびと
タイびと

慣れてない国では、なるべくなら「公共の交通機関」を使いたいですもんね。バスと電車で比較してみましょう!

ドンムアン国際空港は「バス」で市内へ

ドンムアン国際空港の公共の交通機関は「バス」になります。このバスも慣れたら快適にバンコク市内に移動できるのですが、1点だけ問題があります。

それが、「大きな荷物が邪魔」になることです。空港からのバスは、上記写真のように混み合うことが多いからですね。

まさじろ
まさじろ

スーツケース等の大きな荷物を持ってる方は、「バスの前方」に座るようにして下さい。そうすると自分の席の横にスーツケースが置けます。

スワンナプーム国際空港は「電車」で市内へ

一方、スワンナプーム国際空港からバンコク市内には「電車」が開通しています。電車も通勤時間は混み合いますが、スーツケースがおけるスペースもあるので助かります。

タイびと
タイびと

さらには、電車とバスでは空間の広さが違うので「開放感」が異なりますよね。

電車とバスの大きな違い

実は、電車にはバスにはない「大きなメリット」があります。それが、「空港への到着時間が予測できること」になります。

ドンムアン国際空港を使う方は、帰国の時に最寄りの「BTSモーチット駅」からバス・タクシーに乗ります。

その時間が早朝や深夜なら問題ありませんが、朝夕の通勤時間と重なると「ドンムアン国際空港への到着時間」が全く予測できません。

ドンムアン国際空港に向かう時は、「遅れたら困るから」と早めに出る人が多いですよね。飛行機に間に合わないと、それこそ「大損」ですもんね。

まさじろ
まさじろ

スワンナプーム国際空港からバンコク市内への電車についてはコチラをどうぞ!

バンコクにある2つの空港の「パタヤへのアクセス」を比較

「パタヤ観光」をしたい人にもスワンナプーム国際空港は便利なんです。スワンナプーム国際空港からパタヤ市内まで「直通のバス」が出てるからですね。

スワンナプーム国際空港の1階に「パタヤ行きチケットの販売ブース」があります。バス情報は以下になりますね。

  • バス運賃:120バーツ
  • 運行時間:7:00〜22:00
  • 運行間隔:1時間に1本

ドンムアン国際空港からパタヤ

ドンムアン国際空港からパタヤには直通のバスがないので、「モーチットバスターミナル」を経由する必要があります。

タイに慣れている人なら簡単に行くことができますが、初心者にとっては「1つの工程」でも減らしたいというのが本音ですよね。

結論を言うと、タイ旅行初心者は、「スワンナプーム国際空港」にすることをおすすめします!
まさじろ
まさじろ

タイ旅行の初心者にとって、特にありがたいのが「スワンナプーム国際空港にある両替所」になりますね。

スポンサーリンク

ドンムアン国際空港の方が便利な点

タイびと
タイびと

それでは最後に、ドンムアン国際空港の方が便利な点を紹介しますね。

移動距離が短い

ドンムアン国際空港の最大のメリットは、「空港内での移動距離」にあります。上記写真で見えてる範囲に、「両替・SIMカード・タクシー乗り場・バス乗り場」があるからですね。

ただし、後述するレストラン街に行くときは「けっこう遠い」です。レストラン街は、ターミナルが異なるからですね。

レストラン街が充実

ドンムアン国際空港は、スワンナプーム国際空港と比べると「レストラン街が充実」していますね。

まさじろ
まさじろ

こちらのレストラン街はフードコートのようになってるので、先にチケットを購入して下さいね!

タイ料理のおすすめは「ヤムセープ」

レストラン街でタイ料理のおすすめは、「ヤムセープ」になります。こちらのお店は「バンコク市内に何店舗」もある有名店ですね。

ヤムセープのタイ料理は美味しいので、タイ人にも外国人にも人気がありますね。

マンゴージュースのおすすめ

タイ料理でお腹が満足したら、タイ旅行の最後の思い出に「マンゴージュース」をおすすめしますよ。

タイびと
タイびと

バンコクにある魅力的な観光地についてはコチラをどうぞ!

スポンサーリンク

まとめ

今回は、「旅行者がよく使うタイ国内にある空港」と「バンコクにある2つの空港を初心者向けに比較」について、タイ歴22年の私が解説しました。

タイの空港とバンコクの2つの空港をおさらいすると以下になります。

  • タイの首都バンコクには2つの国際空港がある
  • スワンナプーム国際空港は、一般的な航空会社
  • ドンムアン国際空港は、LCC等の格安航空会社
  • 日本からの直行便はバンコクの2空港だけ
  • タイ旅行初心者はスワンナプーム国際空港がおすすめ

2回目以降のタイ旅行なら、航空チケットが安く買える「ドンムアン国際空港」を利用してもいいですね!

まさじろ
まさじろ

タイ旅行を思い立った方に、「最初に読んで欲しい記事」がコチラになります!