【2020年】バンコクBTSの路線図!乗り方と料金も紹介するよ

結論から言うと、BTSはバンコク観光で「絶対に欠かせない乗り物」になります。

タイのタクシーは値段が安いのですが、渋滞が多いバンコクでは到着時間が予測できません。

 

しかし、BTSは到着時間が予測できるので、時間が読みやすいんですよね。

ですので、このBTSを上手に乗りこなせたら「バンコク観光が3倍楽」になります。

BTSとは、バンコク市内を走る「スカイトレイン」ですね。

読み方は、ビーティーエスになります。

 

2020年現在、バンコク市内で日本人観光客の「利用頻度が最も高い乗り物」になりますね。

観光地に行くのにも使いますし、ショッピングモール直結しているBTSの駅も多いですよ。

BTSは、安全で渋滞知らずなので、観光客にも地元民にも人気がある乗り物です。

ですので、最近は朝夕は混み合うことがあります。

 

10年以上前は、1つの車両に私だけしか乗っていない事もあったんです。

タイの成長のスピードには驚かされます(笑)

 

それでは最初に、「バンコクBTSの路線図」から確認していきましょう!

まさじろ
まさじろ

タイ歴22年の「まさじろ」が、シンプルに解説しますね!

 

【まさじろ・保有資格など】

  • タイ国政府観光庁公認タイランドスペシャリスト2019
  • インターネット旅行情報士検定2級

 

バンコクBTSの路線図と料金

BTSには以下の路線があります。

  • スクンビット線(薄い緑)
  • シーロム線(濃い青)

 

BTS路線図の北から東に伸びるのが、「スクンビット線(薄い緑色)」ですね。

中央から西に伸びるのが、「シーロム線(濃い緑色)」になります。

 

サイアム駅とアソーク駅が攻略ポイント

スクンビット線で、旅行者の方がよく使う駅に以下があります(カッコ内は英語表記)。

  • CEN:サイアム駅(Siam)
  • E4:アソーク駅(Asok)

 

BTSのスクンビット線とシーロム線が交わるのが、「サイアム駅」になりますね。

タイの地下鉄であるMRTと、BTSが交わるのが「アソーク駅」になります。

 

料金

BTSの料金は行き先によって異なりますが、16バーツ~59バーツになります。

旅行者の方がよく使う駅である「アソーク駅(Asok)からの料金」は以下になります。

  • サイアム駅(Siam)  :30バーツ
  • モーチット駅(Mo Chit):44バーツ
  • オンヌット駅(On Nut):33バーツ

 

詳しい料金を調べたい方は「公式サイト」で確認してくださいね。

タイ象さん
タイ象さん

最大でも「59バーツ」なので、バンコクのBTS料金はまだまだ安いですよね。

 

チケットの買い方

BTSのチケットの買い方には以下があります。

  • チケットオフィスで購入
  • 券売機で購入

 

楽なのはチケットオフィスでの購入ですね。

チケットオフィスが混雑していたら、券売機で購入しましょう。

 

チケットオフィスで購入

チケットオフィスでの流れは以下になります。

  1. 目的地を伝える
  2. 料金を支払う
  3. お釣りとチケットを渡してくれる
タイ猫さん
タイ猫さん

スタッフの方に、「アソークやサイアム」と行き先を伝えるだけなので、簡単に購入できますよ。

 

券売機で購入

券売機の使い方は以下になります。

  1. 駅を選ぶ
  2. 料金が表示される
  3. お金を投入
  4. お釣りとチケットが出てくる

 

ほとんどの券売機は「硬貨専用」になります。

ふみまろ
ふみまろ

硬貨の持ち合わせがないときは「チケットオフィス」で購入して下さいね!

 

ラビットカードがあると便利

BTSを使う旅行者の方に、私が強くオススメするのが「ラビットカード」になります。

ラビットカードは、日本で言うSUICAやICOCAになりますね。

 

ラビットカードは、旅行者の方は絶対に持っておいたほうがいいです。

と言うのも、最近のBTSの駅はかなり混雑するからですね。

 

時間をお金で買いましょう!

上記写真は、アソーク駅の平日夕方の風景になります。

チケットオフィス・券売機ともに大混雑しています。

 

混んでるにも関わらず、チケットオフィスや券売機の前で「ヨッコイショとお金を出す人」もいます。

ですので、チケット購入に時間がかかってしょうがないです。

 

ラビットカードの購入方法

ラビットカードは、チケットオフィスで購入できます(券売機では購入不可)。

料金は200バーツで内訳は以下になります(2020年1月現在)。

  • 発行手数料:100バーツ
  • チャージ :100バーツ

 

ラビットカードの購入と払い戻しのさいは、パスポートの提示が必要になります。

チャージしたいときは、チケットオフィスで「ラビットカードとお金」を差し出せばいいですよ。

ガネーシャ
ガネーシャ

ラビットカードの発行手数料である100バーツは返ってきませんが、旅行者の方は「旅の時間をお金で買う」ことを強くオススメします!

 

タイ・バンコクのBTSの乗り方と注意点

チケットやラビットカードを購入した方は、BTSの自動改札(上記写真)に向かって下さい。

自動改札には「入場側と退場側」があるので、進行方向に注意して下さいね!

タイ猫さん
タイ猫さん

上記写真で言うと、「G17」と書いてる下の「緑矢印」が入場改札口だと示してくれてますよ。

 

自動改札を入る

乗る時は、チケットやラビットカードを改札口にタッチします。

すると、自動扉が開きます。

 

自動改札を出る

降りる時は以下に分かれます。

  • ラビットカードの方は、写真上部のTAP HEREと書いてる所にカードを軽く触れて下さい。
  • チケットの方は、上記写真のようにチケットを自動改札に入れます。

 

自動改札の注意点

日本の自動改札の扉と異なり、BTSの自動改札の扉はかなり敏感に反応にします。

自動改札を通る時は、上記写真のようにカバンを持ち上げて通るようにしてください。

 

カバンにセンサーが反応すると、人が通るときに扉が勢いよく閉まるからですね。

そうならないように「カバン」を持ち上げて通過しないといけません。

 

ちなみに、スーツケースを引っ張ってる人は「人が前でスーツケースが後」の順番で通過して下さい。

日本の改札口でカバンを持ち上げてる人を見かけたら、その人は「BTSの扉にやられた可能性」が高いですよね。

まさじろ
まさじろ

私も条件反射的に「改札口ではカバンを持ち上げる習性」になってしまいましたよ。

 

バンコク観光でよく使う駅の「英語とタイ語表記」

バンコク観光でよく使う駅は以下になります。

  • アソーク駅
  • サイアム駅
  • エカマイ駅
  • モーチット駅
  • パヤタイ駅
  • ナショナルスタジアム駅
  • サパーンタクシン駅

 

アソーク駅(英語Asok:タイ語อโศก)

BTSの駅でイチバン利用頻度が高いのが、アソーク駅になります。

MRT(地下鉄)と交わっていますし、有名ショッピングモールのターミナル21もあるからですね。

タイ・バンコクにあるMRT(地下鉄)の路線図と乗り方を解説!
バンコクでは、「MRT(地下鉄)やBTS(高架鉄道)」を上手に使うと快適な観光ができます。 タイのタクシーは安くて便利なのですが、バンコクは渋滞が多い街なので「到着時間が予測」できないんですよね。 その点、MRTやBTSは「渋滞がな...
BTSアソーク駅からMRTスクンビット駅への乗り換えを解説!
バンコク観光で便利な交通機関と言えば、「BTS(高架鉄道)とMRT(地下鉄)」があります。どちらも安全で快適に目的地まで運んでくれるので便利な乗り物ですよね。 タイはタクシー代金が安い国なので、本当は積極的にタクシーを使いたいです。し...
【バンコク】ターミナル21のフロアガイド!激安フードコートで有名
今回は、バンコクにあるターミナル21の「見所とフロアガイド」を、タイ歴22年の私が解説します。 まさじろ バンコクには有名なショッピングモールが数多くありますが、「写真スポットが盛り沢山」なことで有名なの...

サイアム駅(英語Siam:タイ語สยาม)

サイアム駅で、BTSのスクンビット線とシーロム線の2つの路線が交わります。

駅の周辺はバンコクの中心地となるので、ショッピングモールが多いです。

【フロア地図】サイアムパラゴンはバンコクのハイブランドモール
今回は、「サイアムパラゴンの見所とフロアガイド」を、タイ歴22年の私が解説します。 まさじろ バンコクにあるショッピングモールの中でも、「高級ラクジュアリーモール」との呼び声が高いのがサイアムパラゴンにな...
【フロア地図】セントラルワールドプラザはバンコク有数の巨大モール
今回は、セントラルワールドプラザの「見所とフロアガイド」を、タイ歴22年の私が解説します。 まさじろ 都心にあるとは思えないほど巨大な売り場面積を誇るのが、「セントラルワールドプラザ」になりますよ! ...

エカマイ駅(英語Ekkamai:タイ語เอกมัย)

エカマイ駅の近くには、「エカマイバスターミナル」があります。

エカマイバスターミナルから、パタヤやピンクガネーシャに行けるんですよね。

バンコク(エカマイ)からパタヤ!バスでの行き方を詳しく紹介するよ
今回の記事は、 バンコク(エカマイ)からパタヤへの行き方 エカマイバスターミナルでのチケットの買い方 地図と注意点 について、タイ歴22年の私が解説します。 まさじろ ...
【2020年】ピンクガネーシャで願い叶った!ツアーと個人の行き方
この記事は、 ピンクガネーシャとは? 観光モデルコース ピンクガネーシャへの個人での行き方 について書いています。 まさじろ タイ歴22年の「まさじろ」...

モーチット駅(英語Mo Chit:タイ語หมอชิต)

モーチット駅は、ドンムアン空港を使う人がよく利用する駅になります。

さらには、目の前にチャトチャックウィークエンドマーケットもあります。

【2020年】ドンムアン空港からバンコク市内アクセスとフロア地図
この記事は、 ドンムアン空港のフロア地図 空港に到着してからの流れ お得な両替とsimカードについて バンコク市内へのアクセス方法 について書いています。 まさ...
【地図あり】チャトチャックウィークエンドマーケットのおすすめ紹介
今回は、「チャトチャックウィークエンドマーケットの全セクション」を、タイ歴22年の私が解説します。 まさじろ タイ旅行のお土産探しでは、チャトチャックウィークエンドマーケットは外せないですよ!とにかく安い...

パヤタイ駅(英語Phaya Thai:タイ語พญาไท)

パヤタイ駅は、スワンナプーム国際空港を使う人がよく利用する駅になります。

スワンナプーム国際空港とパヤタイ駅を、「エアポートレールリンクという電車」がつないでるからですね。

スワンナプーム国際空港の電車「エアポートレールリンク」の乗り方!
この記事は、 エアポートレールリンク乗り場の行き方 チケットの買い方と電車の乗り方 路線図・運賃・運行時間・注意点 について書いています。 まさじろ タ...

ナショナルスタジアム駅(英語National Stadium:タイ語สนามกีฬาแห่งชาติ)

ナショナルスタジアム駅は、庶民派ショッピングモールであるMBKに行く時に便利な駅になります。

4番出口をでると、「そこはもうMBKの入口」ですよ。

【フロア地図】MBKセンターはバンコクの庶民派モール!
今回は、MBKセンターの「見所とフロアガイド」を、タイ歴22年の私が解説します。 まさじろ バンコクには、数多くのショッピングモールがあります。その中でも、庶民派として知られるのが「MBKセンター」になり...

サパーンタクシン駅(英語Saphan Taksin:タイ語สะพานตากสิน)

サパーンタクシン駅の隣にある船着場から、アジアティークまでの無料ボートが出ています。

アジアティーク・ザ・リバーフロント(バンコク)の見所と行き方!
この記事は、 アジアティーク・ザ・リバーフロントとは? 見所をチェック アジアティークの行き方アクセス について書いています。 まさじろ タイ歴22年の...

動画でチェック!

【2020年最新】バンコクBTSのチケット購入!乗り方と降り方も紹介するよ

動画でチェックすると、さらに理解が深まりますよ!

 

タイたび・まさじろも利用しているおすすめを紹介!

>>タイ行き航空券のおすすめ!

>>バンコクのホテル探しのおすすめ!

バンコクの交通手段
役に立ったと思った方はシェアして下さいね!
まさじろ

タイたびは、タイ歴22年の「まさじろ」が運営しています。

・タイ国政府観光庁公認タイランドスペシャリスト2019
・インターネット旅行情報士検定2級

メール  :thaitabi034@gmail.com
ツイッター:@thaitabi

まさじろをフォローする
タイたび

コメントを残す!