スワンナプーム国際空港の電車「エアポートレールリンク」の乗り方!

 

この記事は、

  • エアポートレールリンク乗り場
  • チケット購入から降車までの流れ
  • バンコク市内での乗り換え

について書いています。

 

まさじろ
まさじろ

タイ歴22年の「まさじろ」が、シンプルに説明しますね!

 

エアポートレールリンク(ARL)とは?

エアポートレールリンクは、スワンナプーム国際空港とバンコク市内をつなぐ電車ですね。

英語名がAirport Rail Linkなので、「ARL」と記述されることもあります。

 

2010年に開業したので、まだまだ新しい交通機関の1つになります。

ですので、駅のコンコースはとっても綺麗なんです。

 

スワンナプーム国際空港のエアポートレールリンク乗り場

エアポートレールリンク乗り場は、「スワンナプーム国際空港の地下フロア」ですね。

地下フロアの中ほどにある、インフォメーションの右側を進んだ場所にあります。

 

エアポートレールリンクのメリット

エアポートレールリンクのメリットが以下になります。

  • 渋滞なし
  • 安全

 

タクシーは楽ですが、バンコクは渋滞の多い街なので「ホテルへの到着時間が予測できない」んですよね

タイ象さん
タイ象さん

さらには、大勢の乗客がいるので、タクシーと比べると安全です。

 

路線図・運賃・運行時間

エアポートレールリンクの路線図

エアポートレールリンクの駅は以下の8駅になります。

駅番号英語表記日本語表記備考
A1Suvarnabhumiスワンナプーム駅空港
A2Lat Krabangラックラバン駅
A3Ban Thap Changバンタップチャン駅
A4Hua Makフアマーク駅
A5Ramkhamhaengランカムヘン駅
A6Makkasanマッカサン駅MRT
A7Ratchapraropラチャプラロップ駅
A8Phaya Thaiパヤタイ駅BTS

 

旅行者の方が「よく使う駅」はコチラになりますよ。

  • スワンナプーム駅
  • マッカサン駅(MRTへの乗換)
  • パヤタイ駅(BTSへの乗換)

 

エアポートレールリンクの運賃

スワンナプーム駅からの運賃は以下になります。

  • マッカサン駅:35バーツ(約100円)
  • パヤタイ駅 :45バーツ(約150円)

 

エアポートレールリンクの運行時間

エアポートレールリンクの運行時間は以下になります。

  • 運行時間:5:30~24:00
  • 運行間隔:10分〜12分

最新情報は、「公式サイト」で確認してくださいね。

 

平日と休日で運行間隔は異なりますが、およそ「10分〜12分」になります。

タイ猫さん
タイ猫さん

エアポートレールリンクは、「24時間運行ではない」ことにはご注意下さいね!

 

チケット購入から降車までの流れ

エアポートレールリンクのチケット購入は以下の2パターンになります。

  • 写真右:カウンター
  • 写真左:券売機

 

以前は、両方でチケットを購入できたのですが、現在は「券売機のみ」となっています。

カウンターで購入できると楽だったんですけどね。

 

券売機の使い方

券売機のタッチパネルで、「行き先を選択」すると金額が表示されます。

お金を入れたら、チケット・おつりが出てきます。

 

ガネーシャ
ガネーシャ

券売機では、100バーツまでのお札も使えますし小銭も使えますよ!

 

タイ語表記 → 英語表記の変え方

タッチパネルの画面が、「タイ語表記」な事があります。

変更するには、画面の右上にある「ENGLISH」をタッチして下さい。

「ENGLISH」をタッチすると、以下のように英語表記に変更ができます。

 

エアポートレールリンクの乗り方

チケットを購入したら、次は「スワンナプーム駅の改札口」に向かいましょう。

チケットカウンターのすぐ隣に改札口がありますよ。

 

スワンナプーム駅の改札口

エアポートレールリンクの乗り方は、「チケット(黒コイン)を改札口にタッチ」になります。

こんな感じでタッチすると、自動扉が開くのでそのまま入場して下さい。

 

チケットは降りるときまで大事に保管して下さいね。

「チケットが小さい」ので失くしそうになるんですよね。

 

プラットフォーム

コチラがエアポートレールリンクの、「プラットフォーム」になります。

近代的な作りなので、「タイって思ってたより都会じゃん!」と、多くの日本人が驚きます。

 

ふみまろ
ふみまろ

バンコクは大都会なんですが、実際に見たことのない人は「実感がわかない」ですもんね。

 

乗車前の注意点

スワンナプーム国際空港での注意点があります。

エアポートレールリンクは、乗客が降りた後に「スグに乗り込むこと」はできません。

 

スタッフが点検した後じゃないと車内に入れないんですよね。

ほとんどの外国人は、この「エアポートレールリンク乗車ルール」に戸惑います。

 

車内風景

エアポートレールリンク内は、こんな感じになっています。

最近では、タイ人が通勤や通学に使うので混雑することもありますね。

 

前述したように、エアポートレールリンクは2010年に開業したので車体はまだまだ綺麗ですね。

さらには、車内も清潔に保たれていますよ。

 

降りる時はチケットを回収口に!

エアポートレールリンクを降りる時は、改札口にある「回収口にチケットを投入」して下さい。

こんな感じでチケットを投入します。

 

ガネーシャ
ガネーシャ

乗る時にタッチした上部に「チケット回収口」がありますよ!

 

マッカサン駅 → MRTペチャブリー駅への具体的な乗り換え手順

マッカサン駅

エアポートレールリンクの、「マッカサン駅」に到着後。

MRTペチャブリー駅への案内板(上記写真)の、指示通りに「↑」直進します。

 

高架通路

案内板に従って直進すると、コチラの高架通路に着きます。

高架通路をさらに直進して下さい。

 

右手に目的地が見える

高架通路を歩いていると、右手に目的地である「MRTペチャブリー駅の入口」が見えます。

さらに道なりに歩いて下さい。

 

高架の突き当り

高架を道なりに歩いていると、上記写真の突き当りに到着するので「→」右に曲がって下さい。

 

階段を下る

突き当りを右折して、しばらく歩くと階段があるので降りて下さい。

 

コインロッカーを右折

階段を降りて、さらに直進すると「黄色いコインロッカー」があります。

ここを「→」右折して下さい。

 

ちなみに、このコインロッカーは「最終日にとっても重宝」しますよ。

ふみまろ
ふみまろ

スーツケースを引っ張りながら観光するのは少々面倒ですからね。私も何回もお世話になってます。

 

MRTペチャブリー駅の入口

コインロッカーを右折すると、MRTペチャブリー駅の入口になります。

マッカサン駅から、ここまでの所要時間の目安は「12分〜15分」になりますね。

 

メトロモール

MRTペチャブリー駅には「メトロモール」が併設されていて、スタバ等の飲食店が入っています。

メトロモール内には「綺麗なトイレ」があるので、ここで済ませておくといいですよ。

 

MRTについてはコチラも確認しておいてくださいね!

タイ・バンコクにあるMRT(地下鉄)の路線図と乗り方を解説!
バンコクでは、「MRT(地下鉄)やBTS(高架鉄道)」を上手に使うと快適な観光ができます。 タイのタクシーは安くて便利なのですが、バンコクは渋滞が多い街なので「到着時間が予測」できないんですよね。 その点、MRTやBTSは「渋滞がな...

パヤタイ駅 → BTSパヤタイ駅への具体的な乗り換え手順

パヤタイ駅

エアポートレールリンクの、「パヤタイ駅」に到着後。

 

BTSパヤタイ駅に向かうのはコチラの写真の右手にある、「下りのエスカーレーター」が便利です。

荷物が少ない方は、階段を使ってもいいですね。

 

エスカーレーターで降りると

上記写真の左手にあるエスカレーターで降りてくるので、「奥に向かって直進」して下さい。

注意点としては、上記写真の右手にある「下りのエスカレーターは別の場所に行く」ので注意してくださいね。

 

階段下

エスカレーターを使った方が、道なりに歩いてくるとコチラの場所に出ます。

ココをさらに直進して下さい。

 

ガネーシャ
ガネーシャ

ちなみに、「階段を使った方」はココに直接降りてきますよ。

 

連絡橋

道なりに歩くと上記写真の連絡橋に到着します。ここをさらに進みます。

 

BTSパヤタイ駅

連絡橋のすぐ先に「BTSパヤタイ駅」があります。

エアポートレールリンクのパヤタイ駅から、ここまでの所要時間の目安は「5分〜7分」になりますね。

 

BTSについてはコチラでも確認してくださいね!

タイのバンコクにあるBTSの路線図と乗り方!ラビットカードを推奨
「バンコク観光にはBTSが便利って聞くけど、そもそもBTSって何?」「最近のタイは交通網が複雑でよくわからない」と、このような質問を頂く機会が増えてきました。 BTSは、バンコク市内にある有名エリアをつなぐ「高架鉄道」になりますね。「...

 

スワンナプーム国際空港に到着後の流れはコチラをどうぞ!

スワンナプーム国際空港に到着から市内までの移動をフロア地図で紹介
この記事は、 スワンナプーム国際空港のフロア地図 空港に到着後の流れ スワンナプーム国際空港のお役立ち情報 について書いています。 まさじろ タイ歴22...

まとめ

今回は、「エアポートレールリンクの乗り方」を紹介しました。

 

おさらいすると、

  • 乗り場は空港の地下フロア
  • 渋滞知らずだから快適
  • 24時間運行ではない

になりますね。

 

まさじろ
まさじろ

エアポートレールリンクが出来てから、バンコク市内への移動が本当に快適になりました!

バンコク観光
役に立ったと思った方はシェアして下さいね!

タイたびは、タイ歴22年でタイが大好きな「まさじろ」が運営しています。

メール  :thaitabi034@gmail.com
ツイッター:@thaitabi

まさじろをフォローする
タイたび

コメントを残す!

  1. すー より:

    はじめまして。
    先日、バンコクに行ったのですが、スワンプナー空港からエアリンクに乗ろうと券売機を目指していたら、電車は動いてないよ。と声をかけられました。
    タクシーだといくらぐらいか聞くと(駅スタッフだと思い)、タクシー手配カウンターに案内され、そこでプルンチットまで900バーツと言われ利用しました。
    完全に騙されてボラれましたよね。
    エアーポートリンク以外を考えていなかったので、突然そう言われ冷静さを失ってしまいました。タクシー手配カウンターと書いてあったので、信用してしまいました。
    こういうケース、よくあるのでしょうか?

    • まさじろ より:

      すーさん、こんにちは。大変でしたね。
      駅スタッフだと思ったら、日本人なら信じちゃいますよね。

      今回のケースだと、「2つの考え」が浮かびました。

      昔は、よくあったんですが、最近では減っていますね。
      ただし、ボラれるのは、白タクと言って「個人タクシーの場合」がほとんどなんですよね。

      タクシーカウンター経由とのことなので、本当に動いてなかった可能性はありますね。
      エアポートリンクはたまに故障するんです(笑)

      • すー より:

        なんだかモヤモヤして…
        バンコクは初めてでしたが、わりと頻繁に海外旅行しているので。
        来月も行くので、カウンターを確認してきたいと思います。
        エアーポートリンクが動いていない場合、やはりタクシーでしょうか?