ワロロット市場はチェンマイにある沖縄の牧志公設市場だよ!

      2017/04/06

%e3%83%95%e3%82%a1%e3%82%a4%e3%83%ab_000-4

チェンマイ最大の市場と言われてる「ワロロット市場」を紹介します。朝から夜まで地元の人でごった返す、とっても賑やかな市場になってます。

そして、ここの雰囲気は沖縄の国際通りにある「第一牧志公設市場」とそっくりです。食材・衣類・お土産なども潤沢に揃ってるので、市場をブラブラしてるだけでも楽しめちゃいますよ!

ワロロット市場とは?

100年以上前に、タイの王族が主となってこの市場が造られました。昔は、この「ワロロット市場」がチェンマイのメインショッピングセンターでした。

今ではチェンマイにも大型ショッピングモール数多くあるので、ワロロット市場はメインのショッピングセンターではなく、市場という位置づけに変わっています。

ワロロット市場は、地下〜3階まであるので歩きまわるだけでも楽しいですね。衣類も豊富ですね。さらには値段も安いです。

さらにこちらは、ソンテウのターミナルとしても機能されています。ワロロット市場を中心にソンテウが各方面に出てるんですよね。

ですので、ソンテウでチェンマイの郊外に行きたかったら、まずはココに来たらいいですよ。

ワロロット市場の地図

1.ターペー門
2.ワロロット市場

ワロロット市場の行き方

%e3%83%95%e3%82%a1%e3%82%a4%e3%83%ab_000-3

「1.ターペー門」から「2.ワロロット市場」は、歩いてでも楽に行ける距離にあります。しかし、オススメしません。というのも、この界隈は交通量がとっても多いんですよね。

ですので、「1.ターペー門」からソンテウ(上記写真の赤色の車)に乗ることをオススメします。「ワロロットマーケットOK?」これで通じました。

もしも、通じない場合は、ワロロット市場の写真をみせてください。料金は20バーツ。所要時間は5分〜10分ですね。ちなみに、この赤い色のソンテウはチェンマイ各地に行きます。

ですので、「ワロロット方面行き」にあたらなかったら乗車拒否されます。しかし、それはただ単に方面が異なっただけですので気を落とさないでくださいね。

各階を紹介していくよ!

ワロロット市場は、地下〜3階までの4階層で構成されています。各階の概要を紹介していきますね。

3階 衣料品・フードコート
2階 衣料品等
1階 食料品・お土産
地下 食べ物屋さん・雑貨

3階:衣料品・フードコート

3階は主に衣料品を扱うお店が多いのですが、その片隅にひっそりとフードコートがあります。寂れた漁村を思い起こさせる「この雰囲気」がたまらなくいいんですよね。

私なんかは、子供の頃に両親に連れて来てもらった「田舎のショッピングセンター」を思い出しますね。来たことなんてあるはずないのに、デジャブを感じてしまう素敵な場所です。

ところでこちらのフードコートの肝心なお味は「可もなく不可もなく」となっております。ただし、安いです。安さを求める人には、ピッタリですよ!

2階:衣料品等

2階は衣料品店がメインになっていて、所狭しと服が並べられています。お気に入りの服が見つかるかどうかが問題ですけどね。やっぱりタイ人のセンスなので日本人とは少々異なりますよね。

気に入った商品があれば、値段としてはかなり安いのでラッキーですよね。旅行者は、雰囲気を楽しむための場所になりそうですね。

1階:食料品・お土産

沖縄の那覇にある「牧志公設市場」と雰囲気が似てるんですよね。1階は観光客も地元の人も多くて、とっても賑やかな雰囲気です。ワロロット市場のメインフロアーですね。

旅行者の方は、1階だけを見るだけで十分です。時間に余裕のある方はついでに地下も見てたらいいですね。

地下:食べ物屋さん・雑貨

地下には、食べ物屋さんや雑貨や小物のお店があります。モン族アイテムも多いので、数点だけを購入するならこちらで買うのもありですね。

ただし、もっと安く購入したいなら、近くにモン族市場があるのでそこで購入したほうがお得ですよ!

ナイトマーケット

%e3%83%95%e3%82%a1%e3%82%a4%e3%83%ab_000-2

ワロロット市場の周辺は、夜にはナイトマーケットになります。これがまた風情があっていいんですよね。有名なチェンマイのナイトバザールからも近いので足を運んでみてもいいですね。

【チェンマイ:ナイトバザール】毎晩開催されてるのが嬉しいよね!

周辺にも見所がたくさんあるよ!

さらに、ワロロット市場の周囲にも色んなお店があります。時間の許す限り楽しめるようになってますね。

・モン族市場
・トンラムヤイ市場
・ドイサケット
・傘の街ボーサン

モン族市場

モン族アイテムが安く購入できる市場が近くにあります。さらにはアイテム数もワロロット市場とは比べ物になりません。モン族アイテムの購入を検討してるなら、ぜひ行かれることをオススメします。

ちなみに、モン族アイテムは「チェンマイの代表的なお土産」となってるので、日本人女性には特に喜んでもらえますよ!

【チェンマイ:モン族市場】素敵な刺繍や雑貨を安く買いたい人へ

トンラムヤイ市場

ワロロット市場のお隣にあるのが、トンラムヤイ市場になります。のんびりとしてるので、ゆっくりと買い物をしたい方にピッタリな市場ですね。ちなみに、地下のフードコートのカオソーイはけっこう美味しいですよ!

【トンラムヤイ市場】のんびりと買い物を楽しみたいならココだね!

ドイサケットに行ってみよう!

ワロロット市場周辺は、チェンマイ郊外に行くソンテウのターミナルでもあります。地元の人と共に束の間の小旅行を楽しんでみましょう!

【ドイサケットを観光】魅惑の仏教壁画をソンテウで見に行こう

傘の街ボーサン

ワロロット市場のすぐ隣から、傘の街ボーサンに行けるソンテウが発着しています。ちょっとしたプチ冒険を味わえるので、通常の観光に飽きた方はぜひ行ってみてください!

【ボーサン】昭和の香りが色濃く漂う傘の街に紛れ込んでみよう

まとめ

今回は、チェンマイにある「ワロロット市場」を紹介しました。観光客にも地元の人にも人気が高いので、とってもローカル色あふれる素敵な場所です。

チェンマイ人の生活の一部を垣間見れるかもしれません。人が生きるってのはドラマですよね。それでは、素敵なチェンマイ観光を楽しんでくださいね!

 - チェンマイ