ヤードム(POY-SIAN)ことタイの鼻スースーの使い方や種類



ファイル_000 (8)

タイを10分歩けば、必ず目に飛び込んでくるタイ人必須のアイテムがあります。それが「ヤードム(タイの鼻スースー)」です。別名ニオイ薬とも呼ばれている「鼻から吸い込むタイプのメンソール」ですね。

眠気覚ましや、気分が乗らないとき、さらには鼻が詰まったとき、タイ人はよくこの「ヤードム」を使ってますね。そして今、密かに日本でも人気なんです!

タイでは鼻スースー「ヤードム」が大人気!

ヤードムは安価な理由もあって、男性女性問わず、年齢問わず、お金のあるなしを問わず、全てのタイ人に愛されてるアイテムになります。

ですので、タイ全土で本当によくヤードムを見ることになります。バンコクならもっと頻繁にヤードムを使ってる光景を目にしますね。そして、このヤードム人気が一部の日本人にも波及し始めています。

今、人気急上昇中の理由

現在、このヤードムが密かに日本でもちょっとした「プチブーム」を起こしているのをご存知でしょうか?実は、ヤードムを使ったら「食欲減退の効果」があるそうなんです。

タイの若い女性の間では、昔から言われてる当たり前のことだったんですけどね。ようやく日本にもその効果が広まってきたようです。

ヤードムには食欲減退作用があるの?

データでは証明されてないようですが、実際に使って頂けたらご理解いただけると思います。少し強めのメンソールが鼻腔をくすぐるので精神的に落ち着きますね。

食欲減退効果を求めるタイ人女性は、食事前に何度もヤードムを吸い込んでます(笑)。若いタイ人女性は痩せてるので、あながち見当違いの発想というわけでもなさそうです。


ヤードムの使い方

ファイル_001 (3)

それでは、ヤードムの使い方を紹介します。具体的には、「吸引」「塗布」になります。上記写真がヤードムを分解した図になります。

鼻からの吸引

「左」はキャップです。「中」は鼻からの吸引に便利なアダプターですね。「下」はヤードムのメイン部分になります。基本的にはキャップを外して、アダプターを鼻に突っ込んで吸引します。

ちなみに、鼻への突っ込み加減で、女性は年齢がある程度バレてしまいますのでご注意ください(年齢が上がるほど、深く入れる傾向があります。若い女性は鼻の手前に近づけるって感じですね)。

直接塗りこむ

鼻からの吸引以外には、「下」のメイン部分を直接塗る方法もあります。ただし、液体が出すぎると部位によっては「痛い」ですのでご注意ください。

とは言っても、胸や肩に塗るときは直接でも全く問題ありませんね。目や鼻の周囲に塗るときは、一度指に塗布してそれを再度塗り直す方がいいですね。

それでは、食欲減退以外のヤードムの本当の効果を見ていきましょう。



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする