タイタビ

タイへの旅行を10倍楽しくするための情報ブログ。タイ人を知るための恋愛小説・国際結婚・恋愛相談等も紹介してます。1バーツ:3.0円(100バーツ:300円)

初めてのタイ一人旅を全力で楽しめるプランを披露するよ

      2017/05/10

%e3%83%95%e3%82%a1%e3%82%a4%e3%83%ab_000-4

タイを一人で旅してから22年の月日が経過しました。当時はほとんど情報を持たずにタイ一人旅をしたので、効率も悪かったし無駄なこともしました。

今にして思うと、もうちょっと情報を得てから旅に出たらよかったと思っています。タイブロガーになった今では「タイを一人旅するとしたら、どこへ行くのがオススメ?」と聞かれることも増えました。

今回は、大学生の頃の自分に一人旅のプランを聞かれたときに「今の私ならこうアドバイスする」を紹介していきますね。あなたの旅の参考になれば幸いです。

タイを一人旅してみよう!

%e3%83%95%e3%82%a1%e3%82%a4%e3%83%ab_000-20

今回の記事で想定される人物像は、年齢は18歳~29歳ぐらいの若者。さらに「時間はたっぷりあるけどお金に余裕はない!」そんな設定にします。

私が、今のタイで見てほしいエリアは下記の5エリアになります。せっかくですから、のんびりと時間をかけて全エリアに行きましょう!

・バンコク
・アユタヤ
・チェンマイ
・プーケット
・ピピ島

日本からバンコク

まずは、日本からタイに飛行機で行きましょう。初めてのタイでは、バンコクから始めることをおすすめしますね。バンコクは大都会ですので日本とあまり変わりません。

ですので、違和感なくタイに溶け込めますもんね。日本からバンコクは、なるべく値段が安い航空チケットを選びたいですね。おすすめは、格安航空(LCC)になりますね。

さらには、中国東方航空もいいですね。中国東方航空で安いチケットが見つかったらラッキーですね。機内食もしっかりでますし、荷物を預けても追加料金はとれないですからね。

格安航空も中国東方航空も飛行機内の座席間隔が狭いです。ですので、おすすめは寝ることです。これにつきます(笑)前の日に徹夜をすればいいですね。嫌でも機内で眠くなりますから。

中国東方航空の評判や口コミは良くないけど低価格に全てが許せる

バンコクを旅する

IMG_20160624_092705

バンコクの空港に到着したらカオサン通りに向かって下さい。まずは、宿泊場所を確保しないといけません。おすすめはゲストハウスです。一人部屋は高くつくので、ドミトリー(相部屋)が安くていいですね。

タイ旅行の費用や予算。お金が足りなくて泣く前に確認すべき7項目

金銭面以外でも一人旅ならドミトリーが超おすすめです。と言うのも、一人部屋だとけっこうな確率でホームシックにかかる若者が多いんです。ドミトリーだと世界中の旅人が集まってくるので寂しくないんですよね。

カオサン通りは元旅人の聖地で今では世界の人々と友達になる場所

王宮エリアを観光しよう!

宿が決まって落ち着いたら、次にでもバンコク観光に行きましょう。カオサン通りがあるエリアには、有名観光名所が集まってるんですよね。

まずは、王宮エリアを見に行きましょう!カオサンからだと歩いて行ける距離にあります。

ワットプラケオ(エメラルド寺院)の見所と行き方をじっくり紹介

王宮エリアでは絶対に外せないワットポーの見所と行き方

ワット・アルン(暁の寺)の行き方とその魅力を徹底紹介するよ!

バンコクの最新の観光スポット

バンコクの今を見たい人は、サイアムエリアやアソークエリアに行ってみるといいですね。どちらのエリアにも有名なショッピングモールが数多くあるので、そこを目的地とするといいですね。

サイアムパラゴンのフロアーガイドと行き方をじっくりと紹介

MBKセンター(マーブンクロンセンター)のフロアー情報と行き方

水上マーケット

%e3%83%95%e3%82%a1%e3%82%a4%e3%83%ab_004

バンコク近郊にある水上マーケットにも、ぜひ足を運んでほしいですね。何かを食べるのも、ショッピングをするのも船の上でできます。静かに走る船に揺られてるだけで心が踊るんですよね。

タイのバンコク水上マーケットの見所と行き方をじっくり紹介

バンコクのその他の観光情報はこちら!

初めてのバンコク旅行に役立つおすすめ観光地と基本情報を22厳選

アユタヤを旅する

%e3%83%95%e3%82%a1%e3%82%a4%e3%83%ab_000-13

バンコク観光の次は「古都アユタヤ」に行きましょう!お金節約のためにのんびりと電車でアユタヤに行くのがオススメですね。

バンコクからアユタヤの行き方でおすすめはのんびりと電車の旅だよ

アユタヤ遺跡を観光しよう!

日本人に大人気の観光地の1つが「アユタヤ遺跡」になります。時間はたっぷりあるでしょうから、のんびりといろんな遺跡を巡ってみると楽しいですよ。

時間に余裕のない方は、有名遺跡だけを巡ればいいですね。アユタヤは街全体が遺跡のなので、有名遺跡巡りだけででも十分に楽しめますよ!

アユタヤを観光するときは、自転車・バイクをレンタルすると効率よく遺跡を巡ることができます。おすすめは自転車ですね。なるべくローコストでいかないとね!

アユタヤ観光のおすすめ7遺跡と移動方法も初心者向けに紹介するよ

アユタヤ観光の後は、再びバンコクに戻って下さい。電車で帰ると安いので、帰りも電車がいいですね。

チェンマイを旅する

%e3%83%95%e3%82%a1%e3%82%a4%e3%83%ab_003-1

次は、チェンマイがおすすめです。チェンマイは私が大好きな観光地なので、紹介にも熱が入りますね(笑)まずは、モーチット・バスターミナルに来て下さい。

モーチット・バスターミナル

バンコクからチェンマイまでのバスでの移動方法を紹介します。バンコクを夜に出発する便に乗れば、朝にチェンマイに到着します。バスには「VIP・1等・2等」の3クラスがあります。

私はバスに乗るときはほぼ「1等」を使ってますが、節約したいなら2等ですね。ただし、2等はキツイよ。本当にキツイ。そんなに高くないので1等がいいね。

バンコクからチェンマイまでバスで行ったのでどんなもんか紹介

チェンマイでもゲストハウスに宿泊してくださいね。チェンマイはゲストハウス天国なので、いろいろとまわってから決めたらいいですね。落ち着いたら、チェンマイ観光に行きましょう!

ドイステープ寺院

チェンマイでイチバン最初に行って欲しい観光地はドイステープになります。ソンテウを使うと安くて簡単にいけるのも嬉しいんですよね。近くにモン族の村があるので、そこもあわせて行ってみるといいですね。

ドイステープ寺院の見所と行き方をじっくりと紹介するよ!

その他のチェンマイ観光

その他のチェンマイのおすすめ観光地はこちらをどうぞ。全てがおすすめなので、気に入った観光地を旅して下さいね!

初めてのチェンマイ旅行に役立つおすすめ観光地と基本情報を41厳選

チェンマイからプーケットに移動

チェンマイからプーケットの移動は飛行機がいいですね。流石にバスはキツイと思いますよ。ガッツあふれる人は、バスでもいいですけどね。おすすめは、下記の航空会社ですね。安いですから(笑)

タイライオンエアーの予約やチェックイン方法を紹介するよ!

ノックエアーは日本語で予約できるからとっても便利だよ!

プーケットを旅する

%e3%83%95%e3%82%a1%e3%82%a4%e3%83%ab_000-15

プーケットのおすすめはビーチになります。まずはパトンビーチに滞在してプーケットの雰囲気を感じてほしいですね。パトンビーチの次は、カタビーチをおすすめします。

パトンビーチ

プーケット随一の繁華街であり中心地である「パトンビーチ」がおすすめですね。プーケット島の西側には数多くのビーチがありますが、名実ともにメインビーチと言えるのがパトンビーチとなります。

パトンビーチの近くには、ショッピングモールもありますし、観光地も多いのでとっても楽しいですよ!

プーケットにあるパトンビーチの魅力をエリアに分けて紹介するよ!

カタビーチ

プーケットのおすすすめビーチである「カタビーチ」の紹介をします。カタビーチはビーチも素晴らしいのですが、周囲の雰囲気も南国リゾートそのもので最高に素晴らしいです。

2回目のプーケットのおすすめはカタビーチでのゆったり滞在

その他のプーケット観光

その他のプーケットのおすすめ観光地はこちらをどうぞ。全てがおすすめなので、気に入った観光地を旅して下さいね!

初めてのプーケット旅行に役立つおすすめ観光地と基本情報を26厳選

ピピ島を旅する

%e3%83%95%e3%82%a1%e3%82%a4%e3%83%ab_000

時間に余裕のある方は、ピピ島にもぜひ寄ってみて下さい!プーケットから簡単に行けますよ!

ピピ島観光

タイの離島は数多くありますが、その中でもトップクラスの人気を誇る「ピピ島」を今回は紹介したいと思います。ピピ島は、昔はそこまでの人気はありませんでした。

しかし、レオナルド・ディカプリオ出演の「ザ・ビーチ」で爆発的に人気がでます。あの映画に憧れてピピ島を訪れた人が圧倒的に多いんじゃないでしょうか。ちなみに、私もその1人ですね(笑)

南国の楽園ピピ島の魅力とプーケットからの行き方を細やかに紹介

まとめ

今回は、タイ一人旅のおすすめ観光ルートを紹介しました。こうやって見るとタイは魅力的な国ですね。山も海も満喫できるんですものね。

さあ、あなたもタイを一人旅してみませんか?素敵な出会いがきっと待ってますよ!

 - タイ旅行