タイタビ

タイへの旅行を10倍楽しくするための情報ブログ。タイ人を知るための恋愛小説・国際結婚・恋愛相談等も紹介してます。1バーツ:3.0円(100バーツ:300円)

タイ旅行の最適シーズンや時期とその理由をガッチリ紹介するよ!

      2017/04/06

%e3%83%95%e3%82%a1%e3%82%a4%e3%83%ab_000-4

タイ旅行にベストなシーズンについて紹介します。学生さんなら「また、行けばいいや!」で済みますが、社会人となるとそうそう休みも取れないですもんね。

ただし、ベストじゃない時期にも実は隠されたメリットがあります。ですので、そこらへんも踏まえて総合的に判断されるといいですね。

タイ旅行のベストシーズンは2月!

結論から言うと、タイ旅行のベストシーズンは2月になります。タイにしてはそこまで暑くないですし、雨もたまにしか降らない本当にいいシーズンですね。

2月に限定するとあわせるのが厳しいですよね。ですので、少し枠を広げてみましょう。タイ旅行に最適なシーズンは、11月~2月になります。

ですので、可能なら2月のタイ旅行をオススメします。しかし、この時期は飛行機代・ホテル代が上昇する傾向にあります。ですので、コストの観点から見ると、この時期を外したほうがお得とも言えますね。

物事は表裏一体です。いい面も悪い面もあるんですよね。それでは、まずはタイの1年を通しての気候について見ていきましょう!

タイにある3つのシーズン

タイは基本的に暑くて熱いです。しかし、一年中ずっと暑いのかと言うと実はそうではありません。タイには大きく分けて以下の3シーズンがあります。

乾季(11月~2月)    :快適です
暑季(3月~5月上旬)  :熱いです
雨季(5月下旬~10月):雨が多いです

それぞれのシーズンを詳しく見ていきましょう。

乾季:11月~2月

乾季はタイ旅行のベストシーズンとなります。その中でも2月が特にオススメなのは、12月下旬~1月上旬は、朝晩冷え込むことがあるんですよね。

日本と比べると全然寒くないのですが、タイは防寒がほとんどないので寒く感じます。「タイで寒い?って思ってますよね?」。経験したらわかりますよ(笑)寒いです!

お正月前後に水シャワーだけしかないホテルに泊まると、びっくりするほど冷たい水に驚かされます。ですので、12月下旬~1月上旬はホテルの節約は厳禁です。

「寒すぎてシャワーが浴びれないよ」と必ず泣きをみますからね。シャワーの水が冷たすぎて「心臓がとまるんじゃないか?」と心配になるレベルです。

しかし、寒さも1月下旬頃から和らいできます。といっても、これは朝晩の話ですからね。お昼は普通に暑いですから(笑)

暑季:3月~5月上旬

暑いではなく熱いです。焼けそうになるくらい熱くなる季節です。日焼けというよりも軽度な火傷のような感じになりますね(笑)

バンコクのショッピングモール等で遊ぶなら、何も問題はないです。しかし、観光に行かれる方は「日焼け対策」を万全にしてください。

1時間も外にいれば簡単に日焼けできますし、タイは日本と違って日差しがかなり強いです。この時季のタイは、日本人が想像できないぐらい暑いですね(笑)

日本で言うと「宮古島や石垣島の8月の日差し」に近いと言えば分かりやすいかもしれませんね。

雨季:5月下旬~10月

1日に何度か大雨が降ります。「バケツをひっくり返したよう」と例えられるスコールです。日本の梅雨のようにシトシトと降り続くのではなく「一気にドカッ」と降ります。

ですので、タイ旅行中に雨が降ってきたら、屋根のある場所で雨宿りをすればいいですね。タイのスコールは、そのうち止むことが多いですから。ただ、2時間とか待つことになることもありますね(笑)

と言いつつも、この時季は意外にタイ旅行に向いてるシーズンです。なんせ「暑くない」ですからね。雨が降ったあとは涼しくなるんですよ!

田舎に住むタイ人の多くは、このスコールを心待ちにしてます。スコールの後って、本当に涼しくて快適なんですよね。

この時季は観光客も減るので、プーケット等の有名観光地のホテル代金も「半額以下」になるんですよね。ホテルでのんびりしたい人は、かなりお得ですよね(笑)

【タイの雨季】にこそプーケット旅行をおすすめする3つの理由

まとめ

今回は、タイ旅行に最適なシーズンについて紹介しました。個人的には「暑季:3月~5月上旬」ココさえ外せば、他は快適なシーズンだと思ってます。

それに、このシーズンって日本の良い季節の1つですよね。私は日本に居たいですね(笑)それでは、素敵なタイ旅行を楽しんで下さいね!

 - タイ旅行