タイタビ

タイへの旅行を10倍楽しくするための情報ブログ。タイ人を知るための恋愛小説・国際結婚・恋愛相談等も紹介してます。1バーツ:3.0円(100バーツ:300円)

タイ旅行の注意点や危険をタイブロガーが極めて慎重に8選したよ

      2017/05/05

タイ旅行初心者のために「注意点や危険な事」をまとめたので紹介しますね。ただし、タイの治安は悪くないので、まずはご安心下さい。

しかし、少し予備知識があるだけでも危険が防げることは多いんですよね。タイ旅行を大満足させるための「転ばぬ先の杖」と思って、今回の記事でじっくりと予習しておいてくださいね。

タイ旅行の注意点を紹介

タイ旅行を楽しむ人が増えているようです。日本とタイは何となく雰囲気が似てるので、特にバンコクでは「ここは日本なんだろうか?」と錯覚することも多いですね。

しかし、日本にいる時と同じように行動したら危険が増すのは当然です。ここは外国ですからね。タイ旅行の「注意点・危険な事」は以下の8カテゴリーになります。

・慣習
・食事
・服装
・交通
・お金
・田舎
・トランプ詐欺
・麻薬は危険だよ

タイの慣習

タイの慣習での注意点は「お坊さん・1日2回の国歌」になります。

お坊さん

日本もタイも仏教の国ですが、タイの仏教は日本に比べると戒律がより厳格になっています。特に女性が注意して欲しいことがあります。

それは「女性はお坊さんに触れていけない」と言うことです。タイの女性もお坊さんが近づいてくると少し距離をとります。お坊さんが近くにいる時は、注意して行動してくださいね!

タイの宗教は日本と同じ仏教だけど、そこには大きな違いがあるよ

1日2回の国歌

最近では有名になりましたが、タイでは毎日朝8時と夕方の6時に公園やBTSの駅で国歌が流れます。この時「必ず直立不動の姿勢」で国歌演奏が終わるのを待ってください。

タイには不敬罪という刑法があります。簡単に言うと「タイの王室を侮辱する者を罰する」という法律ですね。外国人でも適用されるんです。お気をつけ下さい。

タイ旅行で食事をする時の注意点

タイ旅行で食事の時の注意点は以下の4つになります。特に水道水にはお気をつけ下さいね!

・水道水は飲めません
・屋台での飲食
・ソムタムプーに気をつけて!
・生ガキ

水道水は飲めません

タイは、水道から出てくる水は飲めません。当然ですが、飲もうと思ったら飲めると思いますよ。しかし、お腹を壊す確率100%だと思ってください(笑)

私はお腹が日本人の中でもトップクラスに強いです。タイの田舎でタイ人と同じものを食べてもほとんどお腹を壊すことはありません(昔はよく壊しましたよ。でも、強くなったみたいです)

そんな私でもタイの水道の水を飲むと一発でお腹を壊すと思います。それに、タイ人も水道水は飲まないですしね。昔は、歯を磨くときは最後にペットボトルの水でうがいしてました。

最近ではそこまですることはなくなりましたが、旅行者はそれくらい徹底したほうがいいと思いますよ。

タイの屋台での飲食

タイ旅行の醍醐味の1つであるタイの屋台。しかし、タイは熱帯の国なんで食べ物の腐食が早いんですよね。ですので、お腹の弱い人は屋台での食事を控えたほうがいいですね。

特に短期旅行者の方は絶対にやめておいた方がいいですね。せっかくのタイ旅行なのに「タイの病院で寝てた」って人がまれにいます。さらに帰国時にお腹を壊してると悲惨です。詳しく下記の記事を!

タイの屋台料理は帰国が近づいたら食べない方がいい悲劇の理由

ソムタムプーに気をつけて!

タイ人と仲良くなったら一緒にご飯を食べる機会あると思います。そんな時に注意してほしいのが「ソムタムプー」になります。ソムタムはとっても美味しいので是非挑戦してほしいです。

しかし、このソムタムにオプションで「沢蟹」を入れられるんですよね。それが「ソムタムプー」ですね。フレッシュな沢蟹を使ってます。ですので、タイ人でもこれを食べるとたまにお腹を壊してます。

ソムタムを食べるときに沢蟹がみえたら手を付けないことを強くオススメします。

ソムタムのレシピを紹介。とっても美味しいタイの野菜料理だよ

生ガキ

私は幸運にも、まだ1回もあたったことはないのですが、友人が入院しました。とってもきつそうでしたよ。タイの生ガキは安くて美味しいんですけどね。

なるべくなら控えておくことをオススメします。私は友人知人が食べたいと言うと「強く反対してます」よ。だって、入院した友人が本当に苦しんでたのを見てますからね。

入院した人はこの人!

国際結婚がしたい!とタイにハマり没落していく悲しき男の物語

服装で気をつけて欲しいこと

タイ旅行の楽しみの1つに、お寺巡りがあります。有名なバンコクの観光所では、ワットポー・ワットプラケオ等がありますね。さらに、タイの地方に行くと、チェンマイのドイステープ、アユタヤ遺跡などもあります。

そんなタイのお寺では、しっかりとした服装規定があります。男性のハーフパンツ、女性の肌の露出の多い服装などではお寺に入場できませんので注意してください。

タイ旅行の服装について知らないと現地で泣きをみる5選

タイの交通で注意して欲しいこと!

タイの交通で注意して欲しいことは「タクシー・交通事故」になります。

女性は1人でタクシーには乗らない

タイの女性でも、タイクシーの1人での乗車を怖がります。タクシー運転手にはいい人も多いですが、変な人もたまにいるんですよね。

女性はなるべくBTSを使ったほうがいいですね。特に夜や深夜は「絶対に1人で乗ってはいけません!」

バンコクのタクシー乗車時の注意事項を体験談を交えて語ろう

交通事故に注意して!

バンコクを歩いていると、若者に限らず年配の方までもが「歩きスマホ」をしている光景に出くわします。「あの?轢かれたいんですか?」タイ人のドライブマナーを知ってる私からすると、とんでもない行為に見えます。

タイは「車優先社会」です。日本の「人優先社会」に慣れきった私たちは、タイの交通においては完全弱者になります。常に周りに気を配って下さい。

日本人と違って、タイ人は車に乗ると「偉くなった感覚」に囚われる人がけっこういます。本当に交通事故には注意して下さい。せっかくのタイ旅行が台無しになりますからね。

お金に関すること

タイ旅行でお金に関する注意点は「100バーツ札・札の色」になります。

100バーツ札を多めに持っておこう

タイ旅行のときに気を付けてしてほしいことが「100バーツ札を多めに持っておく」ことです。タクシーや個人商店での買い物のとき、1,000バーツで支払うとおつりがないことが多々あるからです。

タイ人はやさしいので近所にかき集めに行ってくれます。しかし、せっかくのタイ旅行の時間がもったいないですし、あまりスマートな行為ではないですよね。

ですので、デパートやスーパーやコンビニでは、「積極的に1,000バーツをくずす」ことが大事になります。コンビニで10バーツの水を買って1,000バーツを出すのは気が引けますけどね(笑)

タイバーツの両替でお得な方法をタイブロガーが徹底解説するよ!

500バーツ札と100バーツ札の色

他国のお金は慣れるまでに時間がかかります。ですので、お札の色と金額を把握しといたほうがいいですね。特に気を付けて欲しいことは、500バーツ札と100バーツ札の色ですね。けっこう似てるんですよ!

初心者や酔っ払ってる人は、よく間違えてますね。100バーツと500バーツを間違えたら、けっこう痛い出費なんですよね。私も何回も間違えてます(笑)。暗くなると、本当に判別が難しいので気を付けてくださいね!

タイの田舎で怖いこと

タイの田舎に遊びに行った時の驚くべき注意点は以下になります。

・野良犬
・サソリ

野良犬

バンコクはそうでもないのですが、タイの田舎は野良犬天国です。ですので、決して夜にブラブラと歩いて散歩に行ったらだめです。ちなみにお昼でも危ないです。

特に危ないのが、集落から集落への移動です。高確率で野良犬の群れと出会うでしょう。タイ人でも歩いての移動は避けてますからね。

サソリ

タイの田舎にはサソリもいます。私も実際に見たときは目を疑いました。砂漠地帯にサソリは生息してるというイメージだったもので。ですので、夜の移動は必ずバイクか車にしてください。

トランプ詐欺

トランプ詐欺は、東南アジアでは昔からある手垢のついた詐欺です。しかし、未だにこの詐欺に引っかかる日本人がいます。

トランプ詐欺とは、外国人にお家に招かれてトランプゲームでお金持ちから小銭を巻き上げようとすると、何故か知らない間に「あなたがお金を巻き上げられてた」という古風な詐欺です。

外国人もお金持ちも仲間ですから、最初から獲物は「あなた」なんですね。手持ちのお金だけではなく、クレジットカードやキャッシュカードでお金を引き出すように言われます。お気をつけ下さい!

タイ旅行で危険なのは麻薬だよ!

海外に出ると若者も中年も浮かれてしまいます。ですので、人によっては「ついついよからぬ薬」を試す人もいるようです。バンコクやパタヤやプーケットで簡単に入手できるんですよね。

しかし、実はタイには「麻薬等の通報制度」があります。

・売人が特価で薬を売ってくれて喜んでたら、その直後に警察に尋問されて薬が見つかる

・仲良くなったタイ人に「1回試してみろよ!」と言われて試してたら警察が踏み込んできた

上記のようなケースは後を絶ちません。だって、薬を勧めた人と警察は、最初からあなたをハメようとしてたんですからね。捕まったらタイの刑務所行きですね。

タイの刑務所は日本のように甘っちょろくないそうですよ。タイにあるフリーペーパーに「タイの刑務所にいる日本人の手記」が掲載されてます。皆さん、とんでもなく後悔してますよ。

タイには薬なんかしなくても楽しいことが山程ありますからね。絶対に手を出さない方がいいですよ!

まとめ

今回は、タイ旅行の注意点や危険な事を紹介しました。せっかくの楽しいタイ旅行も身の危険を感じたりすれば一気に楽しさが半減します。

タイは日本と似てる国ですが海外です。今一度気を引き締めて旅を続けてくださいね!それでは、素敵なタイ旅行を楽しんでくださいね!

 - タイ旅行