タイタビ

タイ旅行・バンコク観光・タイ語・タイ料理についての情報ブログです。1バーツ:3.0円(100バーツ:300円)

【タイ旅行:予算】タイ歴22年タイブロガーが限界まで下げてみるよ

      2016/12/07

%e3%83%95%e3%82%a1%e3%82%a4%e3%83%ab_000-1

「タイ旅行に行きたくても、予算がないよ(泣)」。若い人からそういう言葉を聞くことがあります。そんな若者に私は「タイ旅行って、そんなにお金がかからないから大丈夫だよ!」とアドバイスしています。

そのアドバイスを今回は記事にしたいと思います。ただし!大前提として「お金はないけど、時間はたっぷりある」そんな人に向けて書いていきます。社会人の方は、こちらの記事をどうぞ!

【タイ旅行:費用】現地でお金が足りなくて泣く前に確認すべき7項目

タイ旅行の予算を限界まで下げてみる!

タイ旅行に必要な予算を大きく分けると以下の7項目になります。

・航空券
・ホテル
・食費
・交通費
・通信費
・レジャー
・ショッピング

タイ旅行で予算を下げるのは、はっきり言って簡単です。ホテル・食費・レジャーの3項目を徹底的に下げたらいいんですよ。まずは、順番に見ていきましょう!

航空券

航空券には「一般的な航空会社(レガシーキャリア)」と「格安航空会社」の2種類があります。

レガシーキャリア:ANA・JAL・タイ航空等
格安航空会社  :エアエイジア・ピーチ・ジェットスター等

しかし、選べません!格安航空会社1択となります。しかも、2ヶ月以上前に予約をしてください。さらには、バーゲンセールがたまにあるので「それの随時チェック」をお願いします。

バーゲンセール時に、往復3万円を見たことがあります。お金をかけたくないなら、情報に敏感になって下さいね!

ホテル

タイにあるホテルを大きくわけると、下記の3種類があります。値段は、いずれも1泊あたりの平均金額です。

・高級ホテル   :10,000円~
・中級ホテル   :6,000円~
・エコノミーホテル:3,000円~

しかし、本当はもう1種類あります。「ゲストハウス」です。ゲストハウスにも「個室」と「ドミトリー(大部屋)」があります。

個室   :いわゆる1人部屋です。ただし、トイレ・シャワーは共同となるとこが多いです
ドミトリー:大きな部屋の中に、ベッドや2段ベッドが所狭しと並んでます。ですので、大勢の人と一緒に寝ることになります

当然ですが、予算を下げたいなら「ドミトリー1択」になります。ただし、ドミトリーは旅仲間ができやすいので、それはメリットになります。

カオサンストリート

ゲストハウスと言えば、有名な「カオサンストリート」です。このエリアに来れば、泊まるとこで困ることはありません。

世界中の旅行者と仲良くなれるんで、わざわざゲストハウスに泊まる人もいるくらいですね。ドミトリーの値段は、450円~600円(一泊)になります。

長期旅行する人ほど、ホテルの値段には敏感になってください。後々、響いてきますからね。

食費

タイの平均的な食事の値段を書いてみます。

・屋台         :90円~
・フードコート     :150円~
・ローカルタイ料理屋  :600円~

食事は、屋台かフードコートをおすすめします。できれば、フードコートがいいですよ。ターミナル21にあるフードコートが安くておすすめです。

交通費

ローカルバスに乗って下さい。エアコンなしだと30円ぐらいから乗れます。

通信費

現代では、これは削れないと思います。ネット1ヶ月1Gが600円からあるので、それをオススメしますね。1Gを使い切っても128Kで通信できますから安心ですね。

レジャー

レジャーに関しては、女性と男性で異なります。

女性:エステ・スパ
男性:夜遊び

どちらもご法度です。お金を貯めてから、再度タイに来て楽しんで下さい。ここでお金を使ったら、今までの苦労が水の泡ですよ(笑)

ショッピング

必要最低限のものだけ買って下さい。

タイ旅行の具体的な予算

それでは、今までの情報を基にタイ旅行の予算を計算してみます。

・4泊5日
・30泊31日

4泊5日

格安航空券 30,000円
ドミトリー(450円×4日) 1,800円
食費(1日450円×4日) 1,800円
交通費(150円×4日) 600円
通信費 600円
合計 34,800円

食費は、3食フードコートで計算しています。交通費は、1日にバスを5回で計算しています。

30泊31日

格安航空券 30,000円
ドミトリー(450円×30日) 13,500円
食費(1日450円×30日) 13,500円
交通費(150円×30日) 4,500円
通信費 600円
合計 62,100円

食費は、3食フードコートで計算しています。交通費は、1日にバスを5回で計算しています。

重要事項

今回の記事は、「やればここまで下げられるよ!」を目的に書いています。決してこの金額でのタイ旅行をおすすめしてる訳ではありません。

喉も渇くでしょうし、おやつも食べるでしょう、さらには夜は軽くビールでも飲むかもしれません。あくまでギリギリの値段で計算してるということを認識くださいね!

まとめ

今回は、タイ旅行の予算を下げる方法を紹介しました。タイ旅行の金額はあくまでも自己責任ですから、今回の記事は参考程度にしておいて下さい。

ただし、実際に「ホテル・食費・レジャー」の3項目を見直せば、かなり予算を下げることが可能ですね。それでは、素敵なタイ旅行を楽しんでくださいね!

 - タイ旅行