タイSIMカードのお得な選び方と空港でのセット方法を紹介!



タイのsimカードを、お得で便利に使う方法を紹介します。スワンナプーム空港・ドンムアン空港には、タイの携帯会社のサテライトブースがあります。

シムフリースマホを持っていけば、そこで簡単にセットアップしてくれますね。時間に余裕のある方は、街中のサテライトブースに行くと「もっとお得なプラン」でプリペイドsimを使えますよ。

タイのsimカードを説明する前に

先に、少し入れておいて欲しい知識があります。タイの携帯会社には「3社」あるんです。

・AIS(エーアイエス)
・DTAC(ディータック)
・True(トゥルー)

1番有名なのはAISですね。日本人がドコモが好きなように、タイ人もAISが好きですね(笑)似たような国民性はここにもでてますね。

ちなみに、私が使ってるのは「True(トゥルー)」です。ですので、必然的にTrueを紹介することになります。ちなみに、3社で1番安いから使ってます(笑)

空港と街中

タイのsimカードを購入したり、セットアップしてくれる場所は大きく分けて2ヶ所あります。

・空港
・街中のサテライト

空港とは、スワンナプーム空港・ドンムアン空港のことになりますね。


タイの空港でsimカードを購入する

空港でタイのsimを購入するときに1番大事なことは、3社の中で「混んでないブース」を狙うことです。はっきり言って、3社とも値段もプランも「そんなに変わりません(空港ではね)」。

空港で購入する時の流れ

スワンナプーム空港で説明しますと、2階の到着フロアーに携帯3社のブースがあります。ターンテーブルからスーツケースを取り出して、その後に向かうエリアが2階到着フロアーですね。

今回は、TRUEでの手続きの仕方とプラン内容をご紹介しましょう。

手続きの仕方とプラン内容

ファイル_000 (25)

使用期間 ギガ数 通話料金込分 値段
3日 1G 50バーツ 200バーツ
7日 1.5G 100バーツ 299バーツ
10日 2.5G 100バーツ 450バーツ
15日 4G 100バーツ 600バーツ
30日 9G 50バーツ 850バーツ

simフリースマホを持って、TRUEのサテライトブースに行って下さい。上記のプラン表があるので「お好きなのを選んでください!」。後は、スタッフが全て設定をしてくれます。

できることなら、スマホの日本語表記を英語表記に変えといてあげれば親切ですね。ただし、スタッフのお一方は「日本語でも別に問題ない」とも言ってます。

毎日、何十台と設定してるので、文字が読めなくてもなんとなく分かるんだそうです(笑)プロってのはどこの国でもすごいですね。そんなスタッフばかりなら良いんですけどね。

おそらくほとんどのスタッフは、無理だと思うので英語表記に変えといてあげてくださいね!支払いのさいにタイバーツが必要となります。空港でのお得な両替は下記をどうぞ!

【タイバーツ両替:空港】高レート両替店のサテライトができたよ!

プランの選び方

このTRUEツーリストsimに合ってる人は、短期旅行者の方です。具体的にはタイ旅行期間が3日から5日間の人にピッタリです。

プランは、3日プランか7日プランがいいですね。10日プラン以降のとなると、街中でプリペイドsimを契約したほうが安上がりです。

ですのでご自分の旅行期間に合わせるといいと思います。旅行期間が3日までの方は、3日プラン。旅行期間が、7日までの方は7日プラン。

しかし、旅行期間が7日以上の人は、時間もあると思いますのでプリペイドsimを契約しにいってください。

※空港では通常契約の手続きはできませんのでご注意ください。

次のページでは、おすすめのプリペイドsimを紹介するよ



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする