タイWIFIの使い方とSIMカードの購入方法を旅行者向けに解説

今回は、「タイの空港にある無料WIFI」と「タイSIMカード」について解説します。タイ旅行のとき、いちばん最初に降り立つ場所がタイの空港になります。

タイに着いた後は、「日本から持ち込んだスマホ・タブレット等」は当然ですがインターネットに接続できません。

タイに到着したら、心配してる家族や友達に「タイに着いたよ〜」と連絡をとりたいですよね。そんな時に活躍してくれるのが、空港無料WIFIになります。

タイの空港に着いたら、まずは「空港無料WIFI」を使って、家族や友達に「無事を報告」してあげて下さいね!

その後に、ゆっくりとタイ国内で使える「タイSIMカード」の手続きをしましょう。では、それぞれの流れを具体的に解説していきますね!

タイの空港での無料WIFIの簡単な使い方

タイにある空港の多くは、無料でWIFIが使えるんですよね。昔は手続きが煩雑だったのですが、近年、仕様の変更があったようで、今では本当に簡単に使えますよ。

  1. 空港の無料WIFIを探そう
  2. 言語の選択
  3. 情報を入力する
  4. ログインを押す

1.空港の無料WIFIを探そう

スマホやタブレットのWIFIをオンにして、空港の無料WIFIを探して下さい。タイの有名携帯会社の3社が、無料WIFIを提供してくれています。

  • Airport AIS Free wifi
  • Airport Dtac Free wifi
  • Airport True Free wifi

この3つの中で好きな無料WIFIを選んで下さい。私は毎回、その時いる場所で「電波の1番強い会社」を選んでます。空港のどこにいるかによって、電波の強弱ってあるですよね(笑)

2.言語の選択

無料WIFIを選ぶと次は、言語の選択になります。色んな国の言葉の中に「こんにちは」があるので、そこを押して下さい。

間違って他の国の言語を選んでしまったら、最初からやり直せばいいだけですよ!

3.情報を入力する

個人情報を入力します。無料WIFIを使うために必要な項目だけ抜き出します。

  • 名前
  • メルアド
  • 西暦で何年生まれ
  • パスポートナンバー

その他の項目は、特に入力しなくても問題ありません。情報を入力したら「私は利用規約に同意する」にチェックを入れて下さい。チェックを入れたら、その右下にある「無料登録」を押します。

「個人情報を打ち込むのは怖い」と思う方は適当に打ち込んでも無料WIFIは使えます。利用規約に反するかもしれないので、あくまで自己責任でお願いします

4.ログインを押す

「あなたの登録は完了しました」と出るので、「ログイン」と書いてるところを押してください。お疲れ様でした。これで無料WIFIが使えるようになりましたよ。

まずは、無料WIFIでインターネットに接続して下さいね。ご家族の方も喜ぶと思いますよ!

初めてのバンコク旅行におすすめな17観光名所を選びました。私が初めてバンコクに来たのは、もう22年前のことになります。そんな私が、「実際...

街なかでもWIFIを使いたいなら

SIMフリースマホを持ってない方が、タイの空港以外でもWIFIが使いたいなら、「レンタルWIFI」をおすすめします。日本のスマホをタイでもそのまま使えますからね。

「レンタルWIFI」は、日本でレンタルしていくのが便利ですね。やはり、ネットが繋がる環境があるってのは、それだけで幸せな気分になれますもんね。

タイSIMカードを空港でセットしてもらおう!

SIMフリースマホやタブレットを持ってる方は、空港でSIMカードを購入して「ネットに繋げる状態」にしておくと、これからのタイ旅行がますます楽しくなりますよ。何かあったときに調べたりするのは、ネットが便利ですもんね。

スワンナプーム空港・ドンムアン空港には、タイの携帯会社のブースがあります。そこにSIMフリースマホを持っていけば「セットアップ」まで一緒にしてくれますよ。

スワンナプーム空港でのSIMカード購入場所

スワンナプーム空港には、地下~4階があります。

4階 出発フロアー
3階 ショップ・レストラン
2階 到着フロアー・携帯会社のブース
1階 タクシー乗り場・フードコート
地下 高レート両替所・エアポートリンク

スワンナプーム空港で説明しますと、2階の到着フロアーに携帯3社のブースがあります。ターンテーブルからスーツケースを取り出して、その後に向かうエリアが2階到着フロアーですね。

それでは、「携帯会社のブースに向かいましょう!」と言いたい所ですが、もう1つ知ってほしいことがあります。タイの携帯会社には「3社」あるんです。

タイの携帯会社は3社あるよ

「タイの携帯会社」
・AIS(エーアイエス)
・DTAC(ディータック)
・True(トゥルー)

1番有名なのはAISですね。日本人がドコモが好きなように、タイ人もAISが好きですね(笑)似たような国民性はここにもでてますね

おすすめは「混んでないブース!」だよ!

空港でタイsimカードを選ぶとき、1番大事なことは、3社の中で「混んでないブース」を狙うことです。はっきり言って、3社とも値段もプランもそんなに変わりません!

空港以外だと、3社のプランは全く違う内容になります。しかし、空港だと何故か似たり寄ったりのプラン内容と金額ですね(笑)

タイSIMカードを購入しよう!

ファイル_000 (25)

今回は、TRUEのプラン内容とSIMカードの購入の流れについて解説しますね。

プラン一覧と金額

使用期間 ギガ数 通話料金込分 値段
3日 1G 50バーツ 200バーツ
7日 1.5G 100バーツ 299バーツ
10日 2.5G 100バーツ 450バーツ
15日 4G 100バーツ 600バーツ
30日 9G 50バーツ 850バーツ

プランを決める

まずは、プランを決めて下さい。旅行期間にあわせたプランを購入すればいいですね。

旅行期間が4日や5日の方は「7日プラン」を購入しとかないと、最終日が近づくと「ネットが使えない(泣)」となりますからね。

スタッフがスマホの設定を全てしてくれる!

後は、スタッフがスマホの設定をしてくれます。これが本当に便利でありがたいんです。我々日本人はSIMフリーにまだまだ慣れてませんからね(笑)

スマホの日本語表記を英語表記に変えといてあげて下さい!

まとめ

今回は、タイのsimカードの紹介をしました。今の時代は、ネット回線があると本当に便利ですし、何かあったときに心強いですよね。。

なるべくなら、ネットに繋がる環境にしておきたいですね。それでは素敵なタイ旅行を楽しんでくださいね!

「タイ旅行のおすすめ情報」をまとめたので紹介しますね。頻繁にタイを旅している私が、実際に行った観光地、実際に食べたタイ料理等、全て「私の...