タイの治安が安全なのをバンコクを中心にデータで確認しよう



旅行の前に気になるのは、その国の安全度合ですよね。今回は、タイの治安をバンコクを中心に紹介していきますね。最初に言っておきますと、私はタイ歴22年になります。

しかし、タイ国内を旅していて生命の危険を感じたことは一度もありません。そうなんです、結論から言うとタイの治安は安全です。データにもそれはハッキリと出てるんですよね。

ですので、まずは安心してくださいね!今回の記事のおおまかな流れはこんな感じになってます。

※今回の記事の治安とは「身の危険を感じる」「生命が危ない」そういう治安のお話しになります

タイの治安をイメージで語ってはいけない

「タイってよく爆弾事件があるけど、治安は大丈夫なの?」。タイ旅行の前には色々と気になりますよね。タイの治安のことはよく聞かれる質問の1つですね。

「日本は治安がいい国。台湾もよさそうだ。しかし、フィリピンはあまり治安がよくないそうだ」。こんな感じで、皆さん治安をイメージで語る傾向があります。

しかし、それでは残念ながら個々の体験により、かなりのバラつきがでてきます。私は東南アジアのほとんどの国に行ったことがありますが、フィリピンでも特別に危険な目にあったこともないです。

ですので、友人がフィリピンに旅行にいくとしても、特別に治安に関するアドバイスもしないと思います。しかし、私は以前に中国の深セン(香港と中国の国境の街)で、携帯を引ったくられたことがあります。

ですので、友人が深センに行くとなると「深センは危ないから気をつけろ!」と言うでしょう。往々にして、人々の言う治安とは「実体験から導き出された可能性」が高いんですよね。

辺境カメラマン

私の友人に辺境地域が好きなカメラマンがいます。彼は世界中の未開地域に行くので、しょっちゅう殴られてます(笑)。前回は、中国の奥地でボコボコになってました。

そんな彼が「中国の治安は悪い!」と仮に言ったとしても、ほとんどの人が「いやいや、そんなとこに行く方が悪いじゃん」と言うと思います。

人間というものは基本的に危険本能がありますので「その国の治安」をイメージや自己体験で語る傾向にあるんですよね。怖い体験をすればするほど、その国の治安が悪いと思ってしまいます。

ちなみに私は、それ自体を批判してる訳ではありません。個々の体験は非常に貴重なものだと思っています。ですので、なおさら客観的なデーターで治安を数値化することが必要だと思うんですよね。

各国の治安をまずは数値化して、その後に様々な人の体験談をプラスしていくのが建設的だと思います。


データで確認してみよう

「じゃあ、各国の治安状態はどうやって計ればいいの?」。実は、各国の治安を確認するさいに非常に役に立つ2つのデータがあります。(引用元:GLOBAL NOTE)

・殺人発生率
・傷害事件発生率

次のページは、「殺人発生率について」