タイの雨季はプーケットで日常を忘れる極楽旅を楽しもう!




タイの雨季は「土砂降りの雨ばかり」と言うイメージを持つ日本人が多いです。ほぼ正解です(笑)。しかし、実はちょっとだけ事実は異なるんですよね。率直に申し上げますと、

「プーケット旅行のベストシーズンは、11月~2月(乾季)」になります。ですので、可能ならばその時季をお勧めします。しかし、実は雨季には、乾季にないメリットもあるんですよ!

プーケット旅行のおすすめ観光地:初めてのプーケット旅行で役立つおすすめ観光地15厳選と基本情報

タイの雨季とは?

タイの季節をまずは簡単に説明しますね。タイには下記の3季があります。

乾季:11月~2月
暑季:3月~5月上旬
雨季:5月下旬~10月

タイ旅行のベストシーズンはよく乾季だと言われてます。確かに乾季のタイは比較的に涼しい上に雨もほとんど降りません。カラっと晴れてるので海も綺麗に見えます。

ただし、世界中の観光客が乾季を狙ってタイにきます。ですので、けっこう混雑しますね。観光客が増えるので必然的に「ホテルの値段もアップ」しますね。

タイの雨季についての間違ったイメージ

タイの雨季については、誰しもが一度は耳にしたことがあると思います。「タイには雨季という時季があって、雨ばかり降るらしいぞ」。

そんな噂を聞いたことありませんか?実はこれ、ちょっと間違ってます。結論から言いますと、雨季のタイでは1日中雨が降り続くことはほぼありません。

日本の梅雨のようにシトシトと雨が降り続くのではなく、1日に数回土砂降りの雨が降るんですよね。いわゆるスコールと呼ばれている、叩きつけるような雨ですね。

人気記事:【恋愛小説】思わず感情がこみ上げる切ない男心をまとめたよ


プーケットを雨季に旅するメリット

プーケットを雨季に旅するメリットは以下の3点です。

・ホテル代が安い
・観光客が少ない
・スコールの後

ホテル代が安い

これが1番のメリットであって最大のメリットになります。タイの雨季に、バンコクのホテル代金は少し安くなるくらいです。しかし、プーケットのほとんどのホテルは「乾季の50%~70%OFF」になります。

ですので、高嶺の花だった高級ホテルにも気軽に泊まれるんですよね。高級ホテルには色んな設備が整ってますので、使い倒したらいいですよ!プールサイドでまったりするのもいいですね。

雨が降ってきたら部屋に戻ればいいだけです。ホテルのプールなら、多少の雨が降っても気持ちいいですよ。だって、部屋に帰って温かいシャワーやお風呂にすぐに入れますもんね(笑)

雨季のプーケットでは、高級ホテル自体を楽しんでみてもいいですね。スパもありますし、マッサージもあります。ステキな時間を過ごしたいですね。

観光客が少ない

乾季のプーケットビーチは観光客でごった返してます。しかし、雨季のビーチは閑散としてるのでのんびりと満喫できます。さらに食事をするときも並ばなくても食べれます。

プーケット随一の繁華街であるパトン。そのメインストリートであるバングラー通りも、雨季だとスイスイと歩けますのでとっても快適です。

スコールの後は涼しい

当然ですが、タイは雨季でも気温が高いです。しかし、スコールが降った後は気温が少し下がります。ですので、スコールの後にプーケットビーチに遊びに行くと、かなり快適に遊べるんですよね。

タイで国際結婚を夢見た男性の物語:国際結婚がしたい!とタイにハマり没落していく悲しき男の物語



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする