タイタビ

タイ旅行・バンコク観光・タイ語・タイ料理についての情報ブログです。1バーツ:3.0円(100バーツ:300円)

【タイ:人口】推移をチャートで確認。実は少子化が進む国だよ

      2017/02/19

IMG_20150129_182437

最近のタイは、人口の伸び率が鈍化しています。「いやいや、タイは子供で溢れてるじゃないか」と私も思ってたんですよね。しかし、どうやらそうではないようです。

特にバンコク女性の出生率が、タイ国内でも突出して低いんですよね。まずは、現在のタイの人口について見ていきましょう。その後、1960年~2014年までのタイの人口推移を確認したいと思います。

タイの人口は、日本の約半数

現在のタイの人口は、およそ6700万人になっております。そして、首都バンコクの人口はおよそ800万人と言われています。ですので、タイはバンコク一極集中都市だと言われてるんですね。

日本の人口が1億3000万人ですので、タイはちょうど日本の半数ぐらいの人口となります。ちなみに、東京都の人口は1340万人、大阪府は890万人です。ですので、バンコクは大阪府の人口に匹敵しますね。

東南アジアの人口と比較

国名 人口
ラオス 650万人
マレーシア 3000万人
カンボジア 1500万人
ミャンマー 5150万人
シンガポール 540万人
ベトナム 9250万人

シンガポールは何となく想像がついてましたが、ラオスはバンコク市の人口よりも少なかったんですね。ラオスがのんびりしている理由が分かった気がします。

タイの人口推移と出生率

人口推移

年月 人口
1960年  2739万人
1965年  3182万人
1970年  3688万人
1975年  4233万人
1980年  4738万人
1985年  5204万人
1990年  5658万人
1995年  5926万人
2000年  6269万人
2005年  6586万人
2010年  6669万人
2014年  6772万人

2000年までは順調に人口が増加しています。しかし、2005年から2014年の間は、ほぼ横ばいの人口になっております。その大きな要因として、タイの出生率の低下があげられます。(引用元:世界銀行)

タイの出生率

年月 出生率
1960年  6.15
1965年  6.13
1970年  5.6
1975年 4.49
1980年 3.39
1985年 2.57
1990年 2.11
1995年 1.87
2000年 1.68
2005年 1.54
2010年 1.44
2013年 1.4

2013年の出生率で比較すると、日本は1.43でタイは1.4となっています。タイで特に出生率が低いのがバンコクで、0.85~0.8となっております。(引用元:世界銀行)

人口ピラミッドで比較してみよう!

タイの人口ピラミッドと他の国を比較してみましょう。日本とタイってこんなとこまで似てるんですよね。

・タイの人口ピラミッド
・日本の人口ピラミッド
・インドネシアの人口ピラミッド
・フィリピンの人口ピラミッド

タイの人口ピラミッド

Screenshot_2016-08-26-21-54-57

タイの人口ピラミッドは、こんな感じになっています。白い部分がその年代の人口です。タイも日本と同じで、完全に少子化ですよね。

日本の人口ピラミッド

Screenshot_2016-08-26-21-56-29

日本もタイに負けてませんね。完全に少子化一直線です。しかし、アジアの他の国では、子沢山に恵まれている国も存在します。

専門家に言わせると、それらの国にビジネスチャンスが眠ってるそうですよ。ちなみに、タイはもう「残念な国」という専門家もいますね。

インドネシアの人口ピラミッド

Screenshot_2016-08-26-21-57-28

インドネシアもこれから経済発展してくると言われてますよね。子供がわんさかいますからね。経済発展するとの予想もうなずけますね。しかし、さらに子沢山な国もあります。

フィリピンの人口ピラミッド

Screenshot_2016-08-26-21-56-55

人口ピラミッドとして非常に安定してますよね。どっしりしてます。次から次に子供が生まれてくるって感じですね(笑)。日本からすると羨ましい限りですね。

※上記写真は、「世界の人口ピラミッドさんのWEB」より引用させて頂いております。

人口とお城って似てるよね

ところで、人口ってお城と似てませんか?国の土台である子供が、多ければ多いほど安定感がありますよね。「築城の基本は石垣にあり」って聞いたことありませんか?

お城を造るときに、1番大事なのは基礎の部分の石垣なんだそうです。そこがグラグラしてたら、上がどれだけ頑丈でも全く意味をなしませんもんね。日本もタイも、早急に改善しないといけないですよね。

タイで子供が増えにくい要因

あくまで個人的な意見になりますが、現在のタイでは性が多様化してるのも大きな要因だと思います。

データ等はありませんので体感になりますが、タイは「ゲイやニューハーフ」が他の国に比べても非常に多く感じます。当然ですが、ゲイカップルには子供はできません。

さらには、ニューハーフと男性のカップルにも子供はできません。そこらへんも大きな要因だと思いますね。さらには、女性同士のカップルも存在するので、これまた子供が増えません。

タイの田舎には、子供がワンサカいるんですけどね。

まとめ

タイの人口は、この先もあまり伸びることはなさそうですね。子供は宝ですから、両国ともに真っ先に解決しないといけない問題の1つですね。

あわせて読みたい人気記事

1
【タイ旅行:おすすめ】タイブロガーがぞっこん惚れこむ観光地15選

私はタイ歴が22年になるタイブロガーです。タイが大好きなので「タイの魅力を1人で ...

2
【バンコク:観光】タイ歴22年タイブロガーが心底惚れた観光地7選!

バンコク観光のおすすめを7厳選したので紹介します。観光の際にお世話になる乗り物と ...

3
【プーケット:観光】タイブロガーおすすめ5厳選を紹介するよ!

プーケット観光のおすすめを5厳選しました。私はタイ歴22年のタイブロガーですが、 ...

4
【チェンマイ:観光】タイブロガーがオススメを23厳選したよ!

今回は、チェンマイ観光のおすすめ23観光地を紹介します。私がチェンマイ観光に初め ...

5
【タイバーツ:両替】お得な方法をタイブロガーが徹底解説するよ!

「タイバーツの両替は、どこがお得なんだろう?」と、誰しもが一度は考えたことがある ...

6
【タイ:物価】徹底的に調査してきたので紹介するよ!

タイの物価を紹介します。タイを目指す理由は、人それぞれ違うと思います。しかし、タ ...

7
【タイ人:女性】僕らの心を離さない小悪魔な特徴を紹介するよ

タイ人女性って本当に魅力的で可愛いですよね!今回は、そんなタイ人女性の特徴や気質 ...

8
【タイ航空券:安い時期】タイミングによって数万円の差になるよ

タイ行きの航空券の安い時期を紹介します。新幹線のようにほぼ値段が決まってるものな ...

9
【アユタヤ:観光】タイブロガーがおすすめ7遺跡を厳選したよ!

アユタヤ観光でおすすめ7遺跡と移動方法について今回はじっくりと紹介しますね。時間 ...

10
【プーケットからピピ島:行き方】実は簡単で安いんだよね

今回は、プーケットからピピ島の行き方を紹介します。プーケット観光のメインビーチで ...

11
【スコータイ:遺跡】絶対に行くべき3ヶ所と移動方法も紹介するよ!

今回は、スコータイ遺跡の紹介をします。スコータイ王朝の都の跡地である「スコータイ ...

 - タイ基本情報