タイのコンセントは電圧にさえ気を付ければ恐れる必要ないよ




タイのコンセントや電圧について紹介します。タイ旅行に行く前に不安になるのは「日本の電気製品ってそのままつかえるんだろうか?」ですよね。私も当初は、タイでiphoneの充電をするのが怖かったんですよね。

結論から言いますと、最近の日本の電気製品はタイでそのまま使えるものが多いです。ただし、1点だけ絶対に気を付けて欲しいことがあるので紹介しますね。

タイのコンセントを使うときの注意点は3点だよ

日本の電気製品をタイで使用するさいに注意してほしいことは以下の3点になります。

・電圧
・コンセント形状
・プラグ形状

特に気をつけて欲しいのが「電圧」です。なぜならば、電気製品が壊れるからです(笑)まずは、1番大事な電圧について紹介します。その後に、日本とタイの「コンセントとプラグの違い」について解説していきますね。


タイの電圧は220Vだよ!

タイの電圧について紹介します。実は、コンセントやプラグ形状が異なるのは、そこまで問題にはなりません。しかし、電圧に関してはかなり注意して下さい。

と言うのも、電圧が対応していないと、電気製品ってすぐに壊れるんですよね(笑)。私も経験してますので、あとで紹介しますね。

タイと日本の電圧

最初にタイと日本の電圧を見ておきましょう。

タイの電圧:220V
日本の電圧:100V

日本の電圧は、タイの電圧に比べて低いんですよね。ですので、100V専用の電気製品をタイの電圧で使うと「壊れます」。日本だけで使う製品なら100V専用でいいんですけど、タイなら220Vになりますもんね。

対応電圧を確認してみよう!

お使いのパソコン・スマホ・タブレットのケーブルやコンセント部分をみてください。

入力:AC100~240V 0.5A
出力:DC5.0V 1.0A

AC100~240Vと記載されていたら、タイでも全く問題なくお使いいただけます。ですので、まずはご自分の電気製品が100V専用か、240Vまで対応してるのか確認してください。



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする