タイのコンセントで電圧やプラグは電気製品の生死を決める必須知識!



今回は、タイのコンセント・電圧について紹介します。タイ旅行の前に不安になるのは、「日本の電気製品ってそのままつかえるんだろうか?」ですよね。

私も当初はタイ国内でiphoneの充電をするのが怖かったんですよ。「高いから壊れたら嫌だなあとね(笑)」。しかし、安心して下さい。

結論から言いますと、最近の日本の電気製品はタイでそのまま使えるものが多いです。ただし、1点だけ絶対に気を付けて欲しいことがあります。それを今から解説していきますね。

タイのコンセントの使用時に気を付けること3点

日本の電気製品をタイで使用するさいに注意してほしいことは以下の3点になります。

  • 電圧
  • コンセント形状
  • プラグ形状
特に気をつけて欲しいのが「電圧」です。なぜならば、電気製品が壊れるからです。これは最悪ですから本当に気を付けて下さい

タイの電圧は220Vだよ

実は、コンセント形状やプラグ形状が異なるのは、そこまで問題にはなりません。しかし、電圧に関してはかなり注意して下さい。

と言うのも、電圧が対応していないと、電気製品ってすぐに壊れるんですよね(笑)お恥ずかしい話しですが、私も電気製品をタイで壊したことがあります。後ほど紹介しますね。

タイと日本の電圧

最初にタイと日本の電圧を見ておきましょう。

  • タイの電圧:220V
  • 日本の電圧:100V

日本の電圧はタイの電圧に比べて低いんですよね。ですので、100V専用の電気製品をタイの電圧で使うと「壊れます」。

日本だけで使う製品なら100V専用でいいんですけど、タイなら220Vになりますもんね。

大事なことは「対応電圧」の確認だよ!

それでは早速ですが、タイで使う予定の日本の電気製品の対応できる電圧を確認してみましょう!タイに持っていく予定の「パソコン・スマホ・タブレット」等ののケーブルやコンセント部分をみてください。

  • 入力:AC100~240V 0.5A
  • 出力:DC5.0V 1.0A

上記の様な表示が書いてあるのがお分かり頂けますか?ここで大事なのは「入力」になります。AC100~240Vと記載されていたら、「タイでも全く問題なく」お使いいただけます。

AC100とだけ書いてある電気製品はタイでは使えませんよ!

まずはご自分の電気製品が100V専用か240Vまで対応してるのか確認してください。

次のページは、タイの電圧で「気をつけるべき電気製品」