タイ古式マッサージの効果とは?気持ちいい上に安いから超おすすめ!



今回は、「タイ古式マッサージの効果とは?」について解説します。はっきり言って効果なんて知らなくても「ただただ気持ちいい!」です(笑)

しかし、その気持ちよさの理由が分かればさらにタイ古式マッサージが好きになりますね。あわせて、タイでマッサージを受けるときの流れについても紹介しますね。

タイ古式マッサージとは?

タイ古式マッサージとは、インドのヨガから派生したタイの伝統的なマッサージです。主な施術内容は以下の3つになります。

「マッサージ内容!」
・指圧
・揉み
・伸ばす

「指圧や揉み」は日本のマッサージにもありますが、タイ古式マッサージの特徴として「伸ばす(ストレッチ)」があります。

基本的には、マッサージ師の「指・手のひら・ひじ」を使ってマッサージしてくれます。このストレッチが本当に気持ちいいんですよね。

ただし、日本人の中にはこのストレッチが嫌いだと言う人もたまにいます。伸ばすマッサージを「アクロバティックなマッサージ」ってよく言ってますね。

私は暇があればマッサージ屋さんに飛び込みます。全身マッサージだと横になれるので仮眠もとれますしね。とは言うものの、フットマッサージでも気づけば寝てますけどね(笑)


タイ古式マッサージの種類

タイ古式マッサージの代表的なものをあげると下記の3つになります。

・タイ古式マッサージ(全身)
・フットマッサージ
・オイルマッサージ

タイ古式マッサージ(全身)

全身をマッサージしてくれます。もっとも一般的なタイ古式マッサージで、日本人だけでなく西洋人もアジア人にもとっても好まれています。当然ですがタイ人にも好まれてますね。

フットマッサージ

主に足をメインにマッサージしてくれます。歩き疲れたときなどにピッタリのマッサージとなってますね。最初は手でのマッサージで、途中からは木の棒を使って足のコリをほぐしてくれます。

この木の棒のマッサージが「痛た気持ちいい」ですね。最近では木の棒を使わないお店もあるので、私は本当に残念に思ってます。この木の棒を使ったフットマッサージが好きなんですよね。

オイルマッサージ

マッサージオイルを使っての、撫でるようなやさしいマッサージとなってます。タイ古式マッサージが痛く感じる人は、こちらのオイルマッサージがおすすめですね。

次のページは、「タイ古式マッサージの効果は?」