タイ語の発音と声調が難しいからと諦める前にして欲しいたった1つの事




タイ語の発音や声調って難しいですよね。かなり意識して勉強してもなかなか上達しません。タイ語の発音で大事なことはタイ人の発音を繰り返し聞くことです。

それと共にタイ語が上手な日本人(ハーフではなく自分でタイ語を身に着けた人)に発音のコツを聞くことですね。タイ語の発音を日本人から教わってはいけませんよ。「発音のコツ」を教えてもらうだけですからね。

記事の後半では、タイ語は発音や声調が難しいから「もう勉強するのをやーめた」って人向けに最終方法を紹介しますね。

タイ語の基本学習法:タイ語と文字の学習方法の王道は基本からじっくりと歩むことだよ!

タイ語の発音にはコツがある!

日本人のタイ語発音を聞くと、我々は同国人ですから耳に入りやすいですし残りやすいんです。日本人の話す英語ってすごく分かりやすいですよね。あれと一緒ですね(笑)

しかし、自分で努力してタイ語を身に着けた人は「タイ語発音の方法を意識しながら身に着けた人」なんです。ですので、発音のさいの「口の形、舌の位置、喉の開閉度合」そういうことを教えてくれます。

そこでタイ語を話すコツを身に着けて、後はタイ人の発音を真似しまくりましょう!

タイ人の真似を徹底的にしよう!

私の友人にA君とB君がいます。2人とも30歳前後でタイ語を学びだしました。スタートは、ほぼ同じです。しかし、1年が経過した今ではタイ語能力に大きな違いがでてます。

A君:タイ人のように発音をすると恥ずかしいからと、日本語を話すときのような感じでタイ語を話してます

B君:まだまだタイ語発音は下手だけど。タイ人の発音を意識して、タイ人のようにタイ語を話してます

上達するのは意識する人

B君は、今では私よりもタイ語発音が上手ですね。若いっていいねえ!!A君は、未だになんちゃってタイ語です。発音のコツは、ここにもありますよね。タイ人になりきって発音したらいいんですよ!

恥ずかしいなんて、自分の勝手な思い込みだからね。外国人がタイ語を話すだけで、多くのタイ人は喜んでくれてます。恥ずかしいどころか、堂々としたらいいんですよ!

タイ語の発音を学ぶときに気を付けてほしいこと

当ブログでも、タイ語の読み方を日本語で書いてますよね。例えば「ありがとう:コップン」とかね。発音が上手になりたいなら、こんなのを当てにしたらダメですよ。

これはあくまで初心者向けに便宜的に書いてるだけですからね。「コップン」でも通じないことはないけど、あなたにはそんなレベルでは終わってほしくない(笑)

タイ人の発音を何回も聞いて真似しましょう!!私のタイ語発音もお世辞にも上手とは言えません(これ本当ね。まったく謙遜してないよ)。

そんなレベルな私ですが、タイ人に褒められまくりです。「タイ語の発音がしっかりしてるわぁ」とね。特にバンコク市内でよく言われます。

おそらくですが、ほとんどの外国人は「タイ語すら」理解してませんからね。さらには少し話せる人でも発音が上手じゃないですもんね。

ですので、少しタイ語発音の勉強するだけでやたらに褒められますね(笑)何歳になっても褒められるって嬉しいよね!!「もうちょい勉強しよかな」って気になりますよね。

人気記事:【恋愛小説】思わず感情がこみ上げる切ない男心をまとめたよ



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする