タイタビ

タイへの旅行を10倍楽しくするための情報ブログ。タイ人を知るための恋愛小説・国際結婚・恋愛相談等も紹介してます。1バーツ:3.0円(100バーツ:300円)

タイ国王が絶大な敬愛と信頼をタイ国民から集める理由

      2017/05/28

IMG_0424

タイ旅行にいけば、自ずと目に飛び込んでくるものがあります。それが、「タイの国旗」と「タイの現国王であらせられるプミポン国王」です。

タイ人はプミポン国王を本当に尊敬してるので、至るところに国王の写真などが貼ってあります。では、なぜプミポン国王がそんなに人気があるのでしょうか?今回の記事はその理由に迫りたいと思います。

タイのプミポン国王とは?

生い立ち

父はソンクラーナカリン王子、母はシーナカリン王太后。生まれた場所は、アメリカのマサチューセッツ州ケンブリッジ。青年時代はスイスのローザンヌ大学で学ぶます。

配偶者は、シリキット王妃。ちなみに、王妃の誕生日である8月12日はタイの祝日で母の日と呼ばれてます。

プミポン国王の誕生日

国王の誕生日は、1927年12月5日になります。1927年と言っても、なかなかピンとこないですよね。和暦でいうと昭和2年です。2016年10月13日崩御されました。

突然国王になる

ラーマ8世の突然の崩御に伴い、プミポン国王がラーマ9世として即位します。(ラーマ8世の崩御に関しては諸説ある)。国王は精力的な活動によりタイ国民から絶大な信頼と尊敬を集めます。

それでは次は、プミポン国王がタイ国民から絶大な信頼と尊敬を集める理由について解説します。その後に、次期国王候補のお二人を紹介します

プミポン国王が敬愛される理由

地方視察

シリキット王妃と共に、積極的にタイの田舎の現状視察にいきました。雨やぬかるみも気にせず汗だくになって視察をし、タイの国民に積極的に話しかけました。そんな国王らしくない姿勢にタイ国民の心は打たれます。

王室プロジェクト

王室プロジェクトは、ロイヤルプログラムとも言います。タイの地方経済の改善のために農業の指導などを自ら指導しました。さらには、王室の土地を提供することもいといませんでした。

王様は本も出していた!

王様が自ら書いた著書に「奇跡の名犬物語」という65万部のベストセラー本があります。王様のとっても温かい人間性がじんわりと伝わってくる良作となってます。

タイ国王の後継者

プミポン国王には4人ご子息がいますが、次期後継者として名前が挙がってるのは「ワチラーロンコーン王子」「シリントーン王女」のお二人になっています。

ワチラーロンコーン王子

ワチラーロンコーン王子は、タイ王国の君主ラーマ9世(プーミポン国王)とシリキット王妃の間に生まれた長男(第2子)で、唯一の男子、王位継承者の一人。王宮で生まれた。幼少期はバンコクで学んだが、1966年からイギリスへ渡りキングスミード校およびミルフォード校(サマーセット)で学んだ。

1970年にはオーストラリアに渡り、キングス校(シドニー)で陸軍予科課程を修めた。1972年には皇太子としての名称、ソムデットプラボーロマオーラサーティラートチャオファー・マハーワチラーロンコーン・サヤームマクットラーチャクマーンを父王より付与され、王位継承権を得た。(引用元:wiki)

シリントーン王女

シリントーン王女は、タイ王国の君主ラーマ9世(プーミポン国王)とシリキット王妃の間に生まれた次女(第3子)で、王位継承者の一人。学習院大学名誉博士、東海大学名誉博士(工学)。タイ赤十字社の副社長、タイ王立アカデミーの歴史学部長、難民教育基金の理事を務める。またユネスコ親善大使を務め、少数民族児童文化保護及び無形文化遺産保護に努める。

1990年代以降、高齢のラーマ9世やシリキット王妃に代わって、地方視察の公務を行っている。地方視察では他の王族と違い、笑顔が多く気さくに振る舞うことから、国民からの人気が高い。同じ王位継承者である兄・ワチラーロンコーン王子を上回る支持を得ていることから、次期国王(女王)にはシリントーン王女を望む声が強い。(引用元:wiki)

タイ国民にとっても人気があるシリントーン王女。タイ国内の至る所で王女の肖像画を見かけます。皆さんもおそらく何回も目にしてると思いますよ。

王様の人気を動画で見てみよう!

タイ国民から尊敬される理由もお分かりいただけるかと思います。

まとめ

実は、タイ国王の後継者に関しては色々書きたいこともあるんですが控えさせていただきます。私はタイ人ではなく日本人ですからね。よその国の王位継承に関して言及するのはあまり礼儀正しい行為とも思えませんしね。

タイ人が尊敬してやまないプミポン国王のことを少し身近に感じていただけましたか?タイでは、王室に敬意を払って行動しましょうね。

 - タイ情報