タイタビ

タイ旅行・バンコク観光・タイ語・タイ料理についての情報ブログです。1バーツ:3.0円(100バーツ:300円)

【タイ:一休さん】タイ人が今でも愛し続けてくれている理由

      2017/02/19

IMG_0422

一休さんを知らない日本人がいないように、タイ人でも一休さんを知らない人は見たことがありません。それには理由があります。実は、タイでも一休さんのアニメを放送してるんですよね。

ですので、タイ人の子供は一休さんを見て育ちます。一休さんは、タイ人にとっても人気があるので、親も子供に率先して見せてますね。タイが日本よりも仏教を重んじてるというのが1番の大きな理由になります。

タイで一休さんは有名だよ

一休宗純がモチーフ

一休さん(いっきゅうさん)は、室町時代の臨済宗の僧一休宗純の愛称。主に、その生涯に様々な説話を残した事から江戸時代に説話『一休咄』が作られ、頓知で有名となる。

昭和の中頃まで、絵本の童話の題材、紙芝居の題材として良く用いられた。特に、屏風の虎退治などの話は有名。

引用元:wiki

多くの人が知ってるように、一休さんには一休宗純というモデルが存在します。頓知(とんち)を交えて面白おかしく作られたのが、一休咄(いっきゅうばなし)。

そして、一休宗純の子供の時代の話が「アニメ一休さん」のお話になります。

アニメ一休さん

1975年10月15日から1982年6月28日まで、NETテレビ(日本教育テレビ、本放送中の1977年よりテレビ朝日)系列で全296話が放送された。中央児童福祉審議会推薦番組。

制作は東映動画(現・東映アニメーション)。東映および東映アニメーションが製作してきた、シリーズでない単体のアニメ作品としては、2007年に『ONE PIECE』に破られるまで最長の話数だった。

引用元:wiki

「好き好き好き~♪」で始まる一休さんの歌を今でも覚えています。ちなみに、タイ人も歌える人がけっこういます(笑)

中央児童福祉審議会

中央児童福祉審議会(ちゅうおうじどうふくししんぎかい)とは、旧厚生省(現:厚生労働省)の児童家庭局が管轄していた、児童、妊産婦及び知的障害者に福祉・文化財を提供する目的に設立され、その後省庁合理化の流れ「審議会の整理合理化」で1999年に廃止された、かつて存在した審議会の名称である。

映像・音響、舞台・芸術、出版など各分野の推薦に関しては、各事業者からの自薦を受け審議の上で、推薦を決定していた。主な推薦アニメとして、古くは1975年から放映のNETテレビの一休さん、1975年TBS系のまんが日本昔ばなし、日本テレビのミッキーマウスとドナルドダック、近年では1990年のフジテレビ第一期ちびまる子ちゃん

引用元:wiki

子供のころはあまり気にしてなかったんですが、中央児童福祉審議会ってそういう組織だったんですね。「日本昔ばなし」も子供のころよく見ましたね。

ああいう素晴らしい番組を民法放送で再度放映してくれたらイイですね。

そもさん せっぱ

子供の頃、アニメ一休さんを見ていて「そもさん。せっぱ」この言葉の意味がよく分かりませんでした。今回の記事を書くために一休さんを調べてたら、意味がようやく理解できました(笑)

アニメ一休さんに将軍様(足利義満。有名な金閣寺を建立)が登場しますよね?将軍様は、おりこうさんな一休さんが大好き。ですので、さまざまな難問をだしてきます。

そんな時の最初の言葉が、「一休殿!そもさん」になります。そこで一休さんは、「せっぱ」と答えます。では、これを現代語に変えてみます。

「一休殿!さあどうだ」「はい、答えましょう!」こんな感じになりますかね。ちなみに、そもさんは「什麼生」で、せっぱは「説破」と書きます。

タイ人が一休さんを愛する理由

タイの国教は仏教

タイ人のおよそ95%が仏教を信仰しています。ですので、タイ人は幼少の頃から、仏教の教えを刷り込まれます。そこで都合がいいのが、一休さんのアニメです。

楽しくお寺や仏教を学べるので、タイ人からすると一石二鳥となります。さらに、日本ではお寺での修行は、あまり身近に感じるものではありません。

しかし、タイ人男性はお寺で修行するのは一般的なことになります。それがさらに一休さんに親近感が湧く要因になってるようですね。

タイの仏教は戒律が厳しい

タイでは仏教が生活に根付いています。日本も仏教の国ですが、タイの仏教と日本の仏教は少し異なります。簡単に言うと、タイの仏教の方が日本に比べて戒律が厳しいです。

お酒を飲んだらダメですし、女性とは触れることさえ許されません。ですので、タイではお坊さんは尊敬の対象となります。

尊敬されるお坊さん

タイでは、お坊さんというだけで尊敬を受ける存在になります。タイの乗り物にはお坊さん優先シートがあるぐらいですからね。ですので、一休さんが愛される訳ですね。

タイ旅行に行ったさいお坊さんを見かけたら、子供時代に親しんだ一休さんを思い出してみてくださいね!

【タイの宗教】日本と同じ仏教だが、そこには大きな違いがある

まとめ

今回は、タイでは今も一休さんが大人気という紹介をしました。それでは、素敵なタイ旅行を楽しんでくださいね!

あわせて読みたい人気記事

1
【タイ旅行:おすすめ】タイブロガーがぞっこん惚れこむ観光地15選

私はタイ歴が22年になるタイブロガーです。タイが大好きなので「タイの魅力を1人で ...

2
【バンコク:観光】タイ歴22年タイブロガーが心底惚れた観光地7選!

バンコク観光のおすすめを7厳選したので紹介します。観光の際にお世話になる乗り物と ...

3
【プーケット:観光】タイブロガーおすすめ5厳選を紹介するよ!

プーケット観光のおすすめを5厳選しました。私はタイ歴22年のタイブロガーですが、 ...

4
【チェンマイ:観光】タイブロガーがオススメを23厳選したよ!

今回は、チェンマイ観光のおすすめ23観光地を紹介します。私がチェンマイ観光に初め ...

5
【タイバーツ:両替】お得な方法をタイブロガーが徹底解説するよ!

「タイバーツの両替は、どこがお得なんだろう?」と、誰しもが一度は考えたことがある ...

6
【タイ:物価】徹底的に調査してきたので紹介するよ!

タイの物価を紹介します。タイを目指す理由は、人それぞれ違うと思います。しかし、タ ...

7
【タイ人:女性】僕らの心を離さない小悪魔な特徴を紹介するよ

タイ人女性って本当に魅力的で可愛いですよね!今回は、そんなタイ人女性の特徴や気質 ...

8
【タイ航空券:安い時期】タイミングによって数万円の差になるよ

タイ行きの航空券の安い時期を紹介します。新幹線のようにほぼ値段が決まってるものな ...

9
【アユタヤ:観光】タイブロガーがおすすめ7遺跡を厳選したよ!

アユタヤ観光でおすすめ7遺跡と移動方法について今回はじっくりと紹介しますね。時間 ...

10
【プーケットからピピ島:行き方】実は簡単で安いんだよね

今回は、プーケットからピピ島の行き方を紹介します。プーケット観光のメインビーチで ...

11
【スコータイ:遺跡】絶対に行くべき3ヶ所と移動方法も紹介するよ!

今回は、スコータイ遺跡の紹介をします。スコータイ王朝の都の跡地である「スコータイ ...

 - タイ基本情報