カウパットとはタイチャーハンの事!本当に美味しいから旅で食べてよ

スポンサーリンク

IMG_20141231_123359

今回は、タイチャーハン(カオパット)の魅力について、タイ歴22年の私が解説します。

「タイ米に最適な料理は?」と聞かれたら、私は迷うことなく「タイチャーハン!」と即答します。しかし、そんなタイチャーハンの日本での認知度はそんなに高くありません。

タイ料理の中で、「トムヤムクン・ガパオライス・グリーンカレー」の御三家は別格として、カオマンガイよりも認知度が低いのに驚きを隠せません。

しかし、その理由は理解できます。タイチャーハンって「日本のチャーハン」に似てないこともないんですよね。

ですので、タイ旅行で「タイチャーハン」を食べてみて下さい。私もタイではよく食べてますからね!

スポンサーリンク

タイチャーハン(カオパット)を紹介するよ

タイチャーハンの魅力は、何と言っても「お米がパラパラ」なことにあります。ただし、当然ですがタイ米で作ればですけどね。日本米とタイ米は種類が異なるんですよね。

  • 日本米:ジャポニカ米
  • タイ米:インディカ米

大きな特徴の違いは「粘り気」にあります。日本米の方が粘り気があるんですよね。ですので、タイ米は「チャーハン」に最適なんです。

カオパットの意味

タイチャーハンは、タイでは「カオパット」と呼ばれています。ちなみに、タイ語では「ข้าวผัด」と書きます。

  • カオ :ご飯
  • パット:炒める

ですので、直訳すると「ごはん炒め」になりますね。しかし、タイでタイチャーハンを注文するときは「カオパットちょうだい!」と言っても通じません。

タイチャーハンのカロリー

ご飯の量によっても変わってきますが、600〜700カロリーになります。日本の焼き飯とカロリーはそんなに変わらないですね。

スポンサーリンク

一緒に炒める具を選ぼうね

カオパットは、何を一緒に炒めるかで少し言葉が変わってくるんですよね。流石に「ごはん炒め」だけで食べる人はいませんからね。

タイチャーハンの種類で有名なのは以下になります。

  • カオパットグン :エビ入りタイチャーハン
  • カオパットムー :豚肉入りタイチャーハン
  • カオパットガイ :鶏肉入りタイチャーハン
  • カオパットタレー:シーフード入りタイチャーハン

「何を入れるの?」と聞かれるよ

上記の理由があるので、タイ旅行のときに「カオパット」とだけ注文したら「何いれるの?」と聞かれますね。

例えてみると、醤油・味噌・とんこつラーメンがある店で、「ラーメンください!」って言ったら、「何ラーメン?」って聞かれますよね。それと一緒ですね(笑)

スポンサーリンク

エビ入りタイチャーハンがおすすめ!

IMG_20150129_182956

おすすめは、エビ入りタイチャーハンです。2番目がシーフードかな。どっちも甲乙つけがたいんですが、シーフードは少々お高い(笑)

ですので、私はエビ入りをいつも食べてますね。チャーハンの上にあるパクチーの香りが食欲を増加させるんですよね。

きゅうりとマナウがあうんだよね

タイでチャーハンを注文すると、多くのお店で「きゅうり・マナウ」が添えてます。これがねえ、箸休めに調度いいんですよね。

最初からマナウ(ライム)をかけるのもいいですが、半分ぐらい食べたあとが個人的はおすすめです。味が少し変化するんですよね。

さっぱり爽やかな味になるんです。最初からかけてしまうと、味の変化を楽しめないから少々モッタイナイ気がしませんか?

スポンサーリンク

まとめ

今回は、タイチャーハン(カオパット)の魅力について、タイ歴22年の私が解説しました。

タイ旅行のさいは、フードコートでも十分に美味しいので試して下さいね!

タイ旅行を全力で楽しむためのおすすめ情報をギュッと詰め込んだよ!
今回は、「タイ旅行のおすすめ観光地」と「タイに行く前に知りたい旅情報」について、タイ歴22年でタイ旅行が大好きな私が解説します。 「タイ旅行にいこう!」と思ったとき、まず決めないといけないことがあります。それが、タイの「どこの観光地に...
スポンサーリンク
スポンサーリンク
タイ料理
スポンサーリンク
まさじろをフォローする
たいたび