タイタビ

タイ旅行・バンコク観光・タイ語・タイ料理についての情報ブログです。1バーツ:3.0円(100バーツ:300円)

【タイ料理:調味料】日本国内で入手できるものを紹介するよ!

      2017/01/02

IMG_0806

今回は、自宅でタイ料理をつくるときに必要となる調味料を紹介しますね。日本人にとって、タイ料理はとっても身近な存在になりつつありますよね。

それとともに、「外食のときに食べたタイ料理が美味しかったから、自分でつくってみよう!」という人も増えてますね。タイ料理って自分で作っても美味しいんですよ!

タイ料理の調味料で必須な2種

それでは、日本国内で簡単に入手できるタイ料理の調味料を紹介していきますね。まずは、タイ料理の調味料で必須2種を紹介します。

ナンプラー
オイスターソース

ナンプラー

タイの魚醤で、タイ料理と言えばナンプラーと言われるほど有名な調味料ですね。タイの食堂でよく見かけるメーカーですね。安いですが、いい味ですよ。

ユウキ食品はタイ調味料で有名ですから安心ですよね。私は、最近ではこちらを使うことのほうが多いですね。といっても好みの問題ですので(笑)

オイスターソース

カキを原材料としたソースですね。説明がいらないくらい有名ですから省きます(笑)個人的には、タイ料理で1番重要な調味料だと感じています。

ですので、私はオイスターソースにはこだわりますね。それに使用頻度が高いので大きめの物を購入してます。タイ料理だけじゃなく、他の料理にも使えますしね。

こだわると言いつつ、結局はユウキ食品で落ち着きました(笑)少し前までは別メーカーの物を使ってたんですが、生産国の変更があったのでユウキ食品に舞い戻りましたね(笑)

タイ料理の調味料であればいいなあ3種

シーズニングソース
シーユーカオ
シーユーダム

シーズニングソース

大豆を原料としたソースですね。実は、タイ料理に欠かせない調味料の1つです。しかし、通販では入手が難しいですね。それに何故か高い!

ですので、地元の量販店なので見つけて購入したほうがいいですよ!あればタイ料理がさらに美味しくなるんですけどね(笑)

シーユーカオ

タイの薄口醤油です。日本のお醤油に近い味なので、十分に代用可能です。本当にこだわる人以外は必要ありません。

シーユーダム

タイの濃口醤油です。日本のお醤油に近い味なので、十分に代用可能です。シーユーカオと同様に、本当にこだわる人以外は必要ありません。

まとめ

今回は、自宅でタイ料理を作るときに必要となる調味料を紹介しました。外で食べるタイ料理も美味しいですが、自分で作るタイ料理も美味しいですよ!

それでは素敵なタイ料理を楽しんでくださいね!!

 - タイ料理の基本