ヤムウンセンとソムタムのレシピを紹介。タイのサラダを召し上がれ!



タイ旅行のとき、ふと「サラダが食べたい!」って感じることがあります。そんなときに思い出してほしいのが、タイのサラダ料理である「ヤムウンセンとソムタム」になります。

タイ料理には、日本のサラダのようなものはありません。しかし、タイ風のサラダがあります。2品ともとっても美味しいので、ぜひお試しくださいね。

タイは肉料理は豊富なんですけど、野菜料理は日本ほど豊富じゃありませんからね。身体が野菜を欲するのも無理からぬ理由ですね!

タイのサラダ「ヤムウンセン」

%e3%83%95%e3%82%a1%e3%82%a4%e3%83%ab_000-4

日本国内で、じわりじわりと名前が広がってるタイ料理の1つに「ヤムウンセン」があります。ヤムウンセンは、日本で知られてるタイ料理の中ではそんなに有名ではありません。

しかし、タイ国内では本当によく食べられてる料理になります。このヤムウンセンは、低カロリーでタイでも有名です。タイ料理の中では、かなりヘルシーな部類に入るのが人気の理由ですね。

ですので、ダイエッターにとっても人気が高いですよね。それは日本人に限らずタイ人も同様です。ヤムウンセンは、若いタイ人女性が好んで食べてるというイメージなんですよね。

タイ旅行のとき「今日は軽いのが食べたいな!」と思ったらヤムウンセンに挑戦してみてくださいね。

ヤムウンセンとは?

ヤムウンセンとは、「タイ風春雨サラダ」のことですね。あっさりしてるけど、ちょっぴりピリ辛なのがたまらないんですよね。

茹でた春雨・エビ・イカ・豚のひき肉・玉ねぎ・セロリにさっぱりな味付けをします。そして、料理が完成したら、パクチーをパラパラっと上にのせます。

個人的には、ヤムウンセンの「玉ねぎ・セロリー・パクチー」がお気に入りです。日本にはない味わいになるんですよね。パクチーが本当にいいアクセントになるんです。

メインに春雨を使ってるので、カロリーも低いのがとっても嬉しいタイ料理ですね。機会があればぜひお試しくださいね!

ヤムウンセンのタイ語の意味

ヤムウンセンは、タイ語で「ยำวุ้นเส้น」と書きます。

ヤム  :和える
ウンセン:春雨

直訳すると「春雨を和えたサラダ」ですね。ですので「タイ風春雨サラダ」と呼ばれてます。

ヤムウンセンのカロリー

分量によっても変わってきますが、平均的なものですと200〜250カロリーと言われています。春雨でお腹も膨れやすくなりますので、ダイエット中のあなたにもオススメしますね。

タイの女性の間では、今でもヤムウンセンダイエットなるものがあります。晩ごはんをヤムウンセンにするんだそうです。日本でも簡単に作れるので、ぜひ試してみてくださいね!


ヤムウンセンのレシピと作り方

最近、ハマってるのが上記動画のヤムウンセンになります。まず、作るのが超簡単です(笑)。その上、とっても美味しい。

さらに、日本にある食材で作れるのが嬉しいですね。多めに作って冷蔵庫にいれておけば、数日は食べれます。上記ヤムウンセンのレシピを書いておきますね。

レシピ

春雨(食べやすい大きさに切る)
たまねぎ(薄切りにして、水に5分さらしたもの)
ハム
トマト
エビ(サラダ用)
キュウリ(細切り)

タレ

レモン汁
ナンプラー
砂糖
ニンニクみじん切り
輪切り唐辛子
桜えび

お好みでパクチーをのせてください。

私が、ヤムウンセンを好きな理由

私がヤムウンセンが好きな理由は、ごはんに合わないからです。「え?何を言ってるのか、意味が分からない」。それでは説明しましょう。

味付けの濃いものと「ごはん」って合いますよね?例えば、焼き肉のタレとごはんの相性は最高ですよね。しかし、ごはんがすすみますよね(笑)

だから、ついつい食べ過ぎてしまいます。しかし、ヤムウンセンをおかずに、ごはんは食べられません(笑)。味付けがあっさりしてるので、ごはんのお供には成り得ません。

だから、いいんですよね。ついつい食べ過ぎてしまうのを防げます。それが、私がヤムウンセンが好きな理由の1つですね。



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする