タイ料理の特徴は辛いイメージだけど実はそれだけじゃないよ!




%e3%83%95%e3%82%a1%e3%82%a4%e3%83%ab_001-1

タイ料理の特徴について聞くと、多くの日本人のイメージは「辛い!」になります。トムヤムクンの「酸っぱ辛い」のや、グリーンカレーの「ピリッとした辛さ」が印象に強く残ってるんでしょうね(笑)

でも、実はタイ料理って「辛い」のだけが特徴ではないんですよ。今回の記事では「辛い以外のタイ料理の特徴」を紹介していきますね。さらには、もっと激辛の料理も紹介しますね!

おすすめタイ料理:美味しいタイ料理で有名なのをタイブロガーが厳選して紹介するよ!

タイ料理の特徴を紹介するよ

ファイル_000 (43)

タイ料理の特徴は、「辛い」「酸っぱい」「甘い」「塩辛い」の4つになります。

タイ旅行のときに上記写真の調味料を見たことありませんか?これがタイ料理の特徴をよく表してるんですよね。

辛い  :唐辛子
酸っぱい:酢
甘い  :砂糖
塩辛い :ナンプラー

ナンプラーは写真には写ってませんが、ほとんどのタイ料理店にあるものですね。ちなみに上記の4種セットは「クルワンポン」と呼ばれてます。

タイ料理の真髄は、4種の味のバランスにある

トムヤムクンに代表されますが、タイ料理の真髄は「辛い」「酸っぱい」「甘い」「塩辛い」のバランスにあります。さらには、これにハーブが加わって味に深みとコクをだしてます。

タイはハーブも本当に豊富なんですよね。タイ料理には、パクチーは欠かせませんし。ガパオライスに使うホーリーバジルも有名ですよね。レモングラス・ペパーミントもよく使いますしね。

タイで国際結婚を夢見た男性の物語:国際結婚がしたい!とタイにハマり没落していく悲しき男の物語

タイ料理で「辛い」ってレベルを超えた「超辛料理」を紹介します

トムヤムクンの「酸っぱ辛い」のや、グリーンカレーの「ピリッとした辛さ」も確かに辛いです。しかし、本当に辛いタイ料理は、まだ日本人にはそんなに知られてません。

知ってる人は知ってるのですが、まだまだ日本人が知るタイ料理の中では無名ですね。その料理の名前は「ソムタム」と言います。激辛にしなかったら本当に美味しい料理なんですよ(泣)

ソムタムは辛い!

本場のソムタムは、えげつないほどの辛さです。本当にえげつないです。普通の日本人は無理ですし、タイ人でも無理な人が多いです。ちなみに、バンコクや他の観光地で食べるソムタムはマイルドです。

ですので本場の味を知る人には、辛さが全然足らないんだそうです。実は、ソムタムはタイ料理の中でもイサーン料理に区分されます。イサーンとはタイの東北部地域のことですね。

ですので、厳密に言うとここでのソムタムとは「イサーン地域で食べるソムタム」になります。私は日本人の中でも、辛さに関してはトップクラスだと自負してます。

大抵のタイ料理を食べても全く辛くありません。ちなみにタイ人の中に入ったとしても、私の辛さに関するレベルは中の上になります。

本場イサーンのソムタムに気をつけろ!

そんな私ですが、イサーンのソムタムは「ヤバイです。ヤバすぎます」。今、この記事を書いてるこの瞬間も、イサーンのソムタムを思いだして「口の周辺がヒリヒリしてきました」

梅干しを想像すると唾液の分泌が促進する、って言いますよね。あれと同様です。イサーンのソムタムは使ってる唐辛子が違うんです。イサーン地域にお出かけのさいはソムタムにご注意ください。

私はバンコクでは、ソムタムを「かなり辛くして!」と注文します。しかし、まったく辛くないです。一方、イサーン地域では「辛くしないで!」と注文します。それでも激辛です。

イサーンの人は、ソムタムは激辛じゃないと「美味しくない!」と思ってるようですね。ということで、タイ人の中で辛さに関するトップクラスはイサーンの人の独占だと私は真剣に思ってます。

レベルが違います。間違っても「勝負したろ!」とか思わないようにね!

ソムタムに興味が出てきた人はこちら:ヤムウンセンとソムタムのレシピを紹介。タイのサラダを召し上がれ!



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする