タイに美人や美女が多い5つの理由を包み隠さず話してみよう!



ひと昔前に比べて「タイに美人や美女が増えた」と思いませんか?実は20年前と10年前のタイ女性の写真を比べても、そんなに違和感はないんですよね。しかし、昨今の写真と昔を比べるとビックリするぐらいに違いを感じます。

大きく違いを感じるのは、タイ女性の「肌の色」「服装」「メイク」などになりますね。しかし、本当の理由はまだ他にもあるんですよね。タイ美人の宝庫である「チェンマイ・チェンライ」についても解説しますね。

タイに美人と美女が多い理由

タイ女性が美人になってきた理由が下記の5つの理由になります。

美人・美女が多い理由
・肌の色が白くなってきた
・服装のレベル
・メイクが上手
・整形に違和感があまりない
・ハーフ美人が増えてきた

肌の色が白くなってきた

最近のタイ女性は、驚くほど美白意識が高いです。ですので、日焼けすることを嫌がります。タイで人気があるのは「肌の白い女性」なんですよね。

だから、チェンマイやチェンライ等に代表される「北方のタイ女性の人気が高い」です。と言うのも、タイの北部の方が色白女性が多い傾向にあるんですよ。

そんな理由からか、タイ女性は日焼けに関しては敏感ですよね。美白に関しては、日本女性やアジア女性独特の共通の意識になりつつありますよね。

10年前や20年前のタイ女性は小麦色の肌が多かったです。昔は、肌の白い女性が少なかったんですよね。しかし、最近ではかなり増えつつあります。

子供の頃から日焼けに気を使ってますからね。肌の色の変化もタイ人に美人や美女が増えたと感じる理由の一つですね!

服装のレベル

常夏の国って、どうしても服装が単調になりがちなんですよね。と言うのも、ほぼ暑い訳ですよね。となると、必然的に「涼」を重視する服装になるんです。

ですので、昔は薄い布切れのような服装が主流でした。しかし、最近ではしっかりした服装に変わりつつあります。大都会バンコクの中心地を歩くと、お洒落な女性で溢れかえってますよね。

流石に日本人クラスの服装にはまだ到達してませんけどね。日本人の女性の服装のレベルが高すぎるんだと私は思ってます(笑)

※ユニクロ等の、日本と同じ服装を販売するメーカーがタイにも進出しています。ですのでこれからは、ますます両者の違いはなくなりそうです

メイクが上手

メイクが上手なタイ女性が増えています。バンコクの電車の中でメイクをなおす女性も増えつつあります。昔は、口紅を軽くつけるという印象だったんですけどね。

最近では、「こってりメイク」の女性も多いですね。これはあくまで私見になりますが、「エアコンの普及と関連性があるのでは?」と思ってます。

エアコンなしのバスで通勤してたタイ女性が、最近ではエアコンのキンキンに効いた電車や地下鉄で通勤してます。ですので、汗でメイクが落ちる心配がなくなったんではないでしょうか?

バンコクなどの大都会では、ばっちりメイク・こってりメイクの女性が多いですが、タイの地方都市に行くとバンコクほどメイク率は高くないように見受けられます。

理由は、暑いから汗で流れ落ちるからだと思います。タイの田舎でもデパートに遊びに行くときは、多くの女性がバッチリとメイクをしていますよ!

次のページは、「整形に違和感があまりない」