タイタビ

タイへの旅行を10倍楽しくするための情報ブログ。タイ人を知るための恋愛小説・国際結婚・恋愛相談等も紹介してます。1バーツ:3.0円(100バーツ:300円)

初めてのプーケット旅行に役立つおすすめ観光地と基本情報を26厳選

      2017/05/04

初めてのプーケット旅行のときにとっても役に立つ「プーケットのおすすめ観光地」と「プーケットの基本情報」を26厳選したので紹介しますね。

私はタイ歴22年のタイブロガーですが、未だにプーケットに魅了されっぱなしです(笑)世界でも有数のビーチリゾートですので、世界中からきた大勢の観光客で賑わっています。

今回の記事で、あなたがプーケットを好きになってくれたら「私はとっても嬉しい」です!!これから紹介する全ての観光地に私は実際に何回も訪れています。

ですので、自信を持っておすすめできます。巷にある「ネットで情報だけ集めたサイト」とは異なるのでご安心下さい!今回の記事は以下の流れで紹介していきますね。

・プーケット観光のおすすめ17厳選
・プーケット観光で初めての旅行に役立つ基本情報

※今回は長めの記事になってるので「お気に入り」にこのページを入れて、ゆっくりと見ていくことをおすすめします!

プーケット旅行で絶対に行きたい観光地

プーケット観光地図

プーケット旅行の時に役立つ「プーケット観光地図」になります。時間が余ったので「もう1か所観光したい」となったときなどにお使いくださいね!

上記地図の番号は、これから紹介する観光地の「数字」と対応させています。例えば「1.パトンビーチ」に行きたい人は、上記地図の「1」を探すといいですね。

1.パトンビーチ
2.カロンビーチ
3.ナイハーンビーチ
4.ヤヌイビーチ
5.ナイトーンビーチ
6.スリンビーチ
7.ジャンクセイロン
8.セントラルフェスティバル・プーケット
9.ビッグブッダ
10.プロンテープ岬
11.バンザーン市場
12.マリンプラザ
13.サイモンキャバレー
14.カタビーチ
15.カタノイビーチ
・プーケットで夜遊びナイトライフ
・プーケットのおすすめクラブ

プーケットのおすすめ観光地17厳選

パトンビーチ

プーケットおすすめビーチの1番は、パトンビーチになります。プーケット随一の繁華街であり、中心地になりますね。プーケット旅行が初めての人は、まずはパトンビーチに来るといいですね。

昼はビーチチェアでのんびりしたり、アクティビティ等のマリンスポーツを楽しんだらいいですね。夜は、ナイトライフが充実してるので、夜遊びを楽しんでくださいね!

プーケットにあるパトンビーチの魅力をエリアに分けて紹介するよ!

カロンビーチ

パトンビーチのお隣にある「カロンビーチ」を紹介します。パトンビーチほど賑やかではないですが、おみやげ屋さんもありますし、レストランもあります。

さらに、カロンビーチにはもう一つの大きな魅力があります。ビーチを歩けば砂が「キュッキュッ」と静かに鳴り響くんですよね。いわゆる「鳴き砂」なんですよね。

カロンビーチは散歩するだけでも楽しい鳴き砂ビーチだよ!

ナイハーンビーチ

「アジアのベストビーチ」という特集が組まれると、高確率で10位以内にランクインされる「ナイハーンビーチ」を紹介します。私がプーケットで1番好きなビーチも、このナイハーンビーチになります。

これぞ南国のビーチという感じが好きですね。静かですし、物売りもいませんし、そもそも近くには何もありません(笑)。それがいいんですよね。ビーチでとにかくゆっくりとしたい人はココで決まり!

ナイハーンビーチが大好きなタイブロガーが見所と行き方を紹介

ヤヌイビーチ

プーケットの秘境ビーチである「ヤヌイビーチ」の紹介をします。こじんまりとした、プライベートビーチのような感覚がたまらないんですよね。

プーケットの最南端にあるビーチなので、夕陽もとっても綺麗に見れますよ。ただし、周りには小さなレストランが1件あるのみ、飲み物と食べ物ぐらいしか買えませんのでお気をつけ下さい。

プーケットの秘境ビーチであるヤヌイビーチはプライベート感満載だよ

ナイトーンビーチ

%e3%83%95%e3%82%a1%e3%82%a4%e3%83%ab_000-26

今回は、良ビーチなのに意外に知られていない「ナイトーンビーチ」の紹介をします。多くの日本人は、パトンビーチよりも南側に「プーケットのビーチ」があるというイメージです。

しかし、パトンビーチよりも北側にも素晴らしいビーチってあるんですよ。さらには、あまり有名ではないので、ビーチが広い割には観光客は少ないです。オススメビーチですよ!

【ナイトーンビーチ】観光客に知られていないからノンビリできるよ

スリンビーチ

%e3%83%95%e3%82%a1%e3%82%a4%e3%83%ab_000-27

プーケットにある地元のタイ人にも愛されてる「スリンビーチ」を紹介します。パトンビーチよりも南側にあるビーチは、観光客が多いです。

しかし、パトンビーチよりも北側にあるビーチは、観光客に混じってタイ人もよく見かけますね。タイ人が多いということは、近隣の物価もそんなに高くないし、居心地がいいんでしょうね(笑)

【スリンビーチ】地元タイ人にも人気があるよ!

ジャンクセイロン

ジャンクセイロンは、プーケットのランドマークになります。大型ショッピングモールですので、ここにくれば世界中の料理が食べられます。

当ブログでも、ここを起点にプーケットを説明していくことが多いです。パトンビーチまでは歩いて5分ぐらいですので、ビーチで遊び疲れたらショッピングモールでのんびりすればいいですね。

ただし、ジャンクセイロンはタイにしては「少々物価が高い」です。と言っても、日本の物価と変わらないぐらいですので安心してください。「タイの物価にしては高い」と言うだけです。

【プーケット:ジャンクセイロン】フロアー情報をじっくりと紹介!

セントラルフェスティバル・プーケット

プーケットの地元の人の御用達ショッピングモールです。ジャンクセイロンは観光客が多いですが、プーケットセントラルは大多数が地元の人ですね。

ですので、こちらはタイの物価です。ですので、とっても安いですよ(笑)パトンビーチからバスで簡単に来れるので、節約派の方はプーケットセントラルがいいですね。

【セントラルフェスティバル:プーケット】フロアー情報と行き方

ビッグブッダ

%e3%83%95%e3%82%a1%e3%82%a4%e3%83%ab_000-6

今回は、プーケットのサグラダファミリアとして有名なパワースポットである「ビッグブッダ」を紹介します。建立されてから10年近くが経過してますが、未だに未完成なんです。

ですので、現在も工事中で日本のショベルカー等が大活躍してましたね。「いつになったら完成するのやら?」とお坊さんも言ってました。そんなゆる~いタイが大好きですね(笑)

【プーケット:ビッグブッダ】荘厳で静かに響くお経の中、自分と対話しよう

プロンテープ岬

%e3%83%95%e3%82%a1%e3%82%a4%e3%83%ab_002-2

タイ国内で1番綺麗な夕日が見られると言われているのが、今回紹介する「プロンテープ岬」になります。目の前に広がる大パノラマが夕焼けの朱色で染まるのは、人智を超えた地球の浪漫を感じさせられます。

しかし、問題があります。プロンテープ岬は、晴れよりも曇りの日の方が圧倒的に多いと言われています。ですので、コンディション次第では、ただの「海が見える丘」になってしまうんですよね(笑)

【プロンテープ岬】極上のサンセットで感動する喜びを知る

バンザーン市場

お昼はお土産を買うのに重宝します。バンザーン市場は夜になるとナイトマーケットになるので、夜に来て欲しい観光地になりますね。

【プーケット:バンザーン市場】昼も夜も楽しめるマーケットだよ!

マリンプラザ

マリンプラザも、お昼よりは夜のほうが楽しめますね。プーケットの割には物価が高くないのが嬉しいですね。

【プーケット:マリンプラザ】食事もショッピングも楽しめるよ!

サイモンキャバレー

パトンビーチにある有名な観光地がサイモンキャバレーになります。簡単に言うと「ニューハーフのショー」になりますね。色んな思考をこらして楽しませてくれるのでオススメですよ!

プーケットでも人気のある観光地の1つですので、開演前になるとけっこうな人だかりができます。欧米人も多いですが、中国人も最近では多いですね。私が行った時は、日本人も数グループ見かけましたね。

【プーケット:サイモンキャバレー】女性よりも綺麗な男性と会う夜!

カタビーチ

カタビーチの紹介をします。カタビーチはビーチも素晴らしいのですが、周囲の雰囲気も南国リゾートそのもので最高に素晴らしいです。

1回目のプーケット観光なら、プーケットのメインであるパトンエリアがおすすめです。しかし、2回目以降のプーケットなら「カタエリア」を超絶におすすめしますね。

カタビーチエリアは、他のビーチのように少しだけ売店があると言うような寂しいエリアではありません。パトンビーチには及びませんが、プーケットにしてはそこそこ栄えてるエリアになります。

2回目のプーケットならカタビーチを超絶におすすめするよ

カタノイビーチ

カタノイビーチは、プーケットにあるビーチの中でも特に評価が高くて「アジアのベストビーチ特集」が組まれると、高確率でトップ10にランクされてるほどのビーチだから超おすすめですよ!

ただし、カタノイビーチを完全満喫したいなら近隣のホテルに滞在するのがベストです。特におすすめなのが、ビーチのすぐ隣りにある「カタタニ・プーケットビーチリゾートホテル」になります。

カタノイビーチは、カタビーチの南側にある全長約650メートルのこぢんまりとしたビーチになります。お隣のカタビーチやパトンビーチと比べると本当にのんびりしたビーチなのが高評価ですね。

カタノイビーチで楽しむなら近くのホテル滞在が超おすすめ

プーケットで夜遊びナイトライフ

プーケットは夜遊びも充実しています。お昼だけじゃなくナイトライフもとっても楽しめますよ!

【プーケット:夜遊び】女性も楽しめるナイトライフを紹介するよ!

プーケットのおすすめクラブ

タイのプーケットにある「大人気店、落ち着いて楽しめるお店、ハイソな感じ」等の5つのクラブを紹介します。お気に入りのクラブを探してみてくださいね!

日本では「クラブ?そんなの若者の行く場所でしょ!」って言ってるあなた!タイでは「おっちゃん」でも、全く問題なくクラブで遊べます。せっかくの海外ですから、楽しまないとモッタイナイですよね。

【プーケット:クラブ】南国の夜をとことん楽しめる5厳選!

プーケット旅行で役に立つ観光ための基本情報

プーケットを観光する時にあったほうがいい基本知識を以下の順番で紹介しますね。

・格安ホテル
・物価
・治安
・英語
・プーケット国際空港
・バスターミナル
・バンコクからの行き方
・ピピ島の行き方
・航空券

格安ホテル

プーケットのパトンビーチにあるおすすめの2つの格安ホテルを紹介します。「ホテルは寝るだけでいい人、ホテルよりも観光を楽しみたい人」こういう方に最適ですよね。

ホテルの敷地内には緑が多くて、バンガロータイプの部屋が多いのがとっても好きです。欧米人のお客さんが多いので、みなさん部屋の前のチェアーでのんびりと過ごしてますね。

欧米人の人ってこういう時間の使い方が上手ですよね。私たちも見習いたいもんですよね。南国を完全満喫してますもんね。

プーケットにある格安ホテルをタイブロガーが2選したよ

物価

プーケットは、物価が高い高いと散々述べてきました。「なら、どんくらい高いんだ?」と不安になりますよね。そんな方のために、プーケットの物価とタイの首都のバンコクの物価を比較しますね。

プーケットの物価は高いと言われてるけど実際は?

治安

プーケット観光にいく前に気になるのは「プーケットの治安は大丈夫なんだろうか?」ですよね。数年前に軍と警察がタッグを組んで「クリーンアップ作戦」というのを実行したんですよね。

プーケットの治安は交通・詐欺・女性限定の3つに気をつけてね

英語

プーケットはタイにあるビーチリゾートです。しかし、ここではタイの言葉よりも英語が使われることが多いです。世界中から観光客が訪れますからね。

欧米人も多いですし、アジア人も多いです。となると、自然に英語が主流になりますよね。簡単な英語でもいいから話せたら、プーケットはもっともっと楽しくなりますよ。

プーケットで英語等の言葉を使う喜びを体感したので分かったこと!

プーケット国際空港

%e3%83%95%e3%82%a1%e3%82%a4%e3%83%ab_000-20

プーケット国際空港の紹介と、パトンビーチの行き方をじっくりと解説したいと思います。最初に注意してほしことがあります。プーケット国際空港は2016年の9月に新ターミナルができました。

プーケット国際空港の紹介とパトンビーチの行き方を紹介するよ!

バスターミナル

%e3%83%95%e3%82%a1%e3%82%a4%e3%83%ab_001-5

プーケットのバスターミナルを紹介します。格安航空券が隆盛してる時代でも、バス旅行ならではの醍醐味もありますからね。

昔は、バスターミナル1しかありませんでした。しかし、乗車人口の増大と共にバスターミナル2が数年前にできました。2つバスターミナルがあると、頭の片隅に置いといてください。

プーケットのバスターミナルとメインビーチの行き方も紹介!

バンコクからの行き方

%e3%83%95%e3%82%a1%e3%82%a4%e3%83%ab_003-2

バンコクからプーケットへの行き方を紹介します。タイが誇る国内最大のリゾート地であるプーケット。リゾートの割には物価もそこまで高くないので、アジア人にも欧米人にも大人気です。

バンコクからプーケットの行き方でおすすめは飛行機とバスだよ!

ピピ島の行き方

%e3%83%95%e3%82%a1%e3%82%a4%e3%83%ab_007

プーケットからピピ島の行き方を紹介します。プーケット観光のメインビーチである「パトンビーチ」から「ピピ島の港」までは、バス→トゥクトゥク→船で簡単に行けちゃうんですよ!

プーケットからピピ島の行き方。実は簡単に安く行けるんだよ!

航空券

バンコクや日本からプーケットまでの航空券のお得な購入方法と、その際の注意点を紹介します。初めてプーケット観光に行ったときに、ビーチ越しに見えた夕日を今でも思い出せます(笑)

日本からも簡単に行けますので、アジアの有数のビーチリゾートを堪能してくださいね!

バンコクからプーケットの航空券でおすすめの会社や注意点を紹介

まとめ

今回は、プーケット観光のおすすめを15厳選とプーケット初心者のための基本情報を紹介しました。白い砂のビーチ。どこまでも続くコバルトブルーの海。そして、青い空と白い雲。

これぞまさに「南国ビーチリゾート」です。プーケットに来るだけでも心が踊ります。それでは、素敵なプーケット観光を楽しんでくださいね!

 - プーケット