プーケット旅行のおすすめ観光地とビーチリゾートを12選したよ!



初めてのプーケット旅行におすすめする観光地・ビーチリゾートを12選しました。私はタイ歴22年になりますが、何十回来てもプーケットが大好きです。

タイ国内はもとより、アジア屈指の人気観光ビーチリゾートであるプーケット。世界中から素晴らしいビーチを目指して観光客がやってきます。

そんなプーケットのおすすめが以下のエリアになります。「青い空」と「青い海」の境目を探しに行きましょう!

「おすすめビーチリゾート」

  • パトンビーチ
  • カロンビーチ
  • ナイハーンビーチ
  • カタビーチ
  • カタノイビーチ
  • ヤヌイビーチ

プーケット観光で行きたいビーチリゾート

パトンビーチ

プーケットの中心でありメイン繁華街がパトンビーチになります。プーケット旅行の初心者は、まずはパトンビーチのある「パトンエリア」に泊まることをおすすめします。

ビーチも楽しめますし、ショッピングも楽しめます。さらには、ナイトライフが充実してるのも嬉しいエリアですね。

パトンビーチでレストランや夜遊びを楽しめる7エリアを選んだよ!

2016.08.15

カロンビーチ

パトンビーチのお隣りになりますが、そこまで人が多くないので「のんびりとしたビーチライフ」を過ごせるビーチになります。

カロンビーチの魅力の1つに「鳴き砂ビーチ」があげられますね。砂を踏むたびに、キュッキュッと可愛い音がするんです。パトンビーチからも簡単に行けるので、パトンエリアの喧騒に疲れた方におすすめしますよ!

プーケット「カロンビーチ」は鳴き砂だから歩くだけでも爽快だよ!

2017.08.01

ナイハーンビーチ

アジアのベストビーチの超常連さんになります。「これぞまさしく南国ビーチ」ですね。そこまで観光客も多くないですし、皆さん「のんびり」とビーチを楽しんでおられます。

ナイハーンビーチの近くには、簡易的なお土産屋さんや飲食店しかありません。ですので、本当に静かです。

私はこのビーチで、まったりと読書するのが最高の幸せです。超おすすめビーチですよ!

プーケット「ナイハーンビーチ」アジアのベストビーチの常連だよ!

2017.08.01

カタビーチ

カタビーチも私の好きなビーチになります。ビーチも素晴らしいんですが、周囲の雰囲気も南国リゾートそのもので「最高に素晴らしい」。

パトンビーチの次に賑やかなビーチになりますが、プーケットをのんびりと楽しむならカタビーチがおすすめです。

以前は、パトンエリアに泊まることが多かったですが、最近はカタエリアでのんびりと過ごす時間が増えてきました。

プーケット「カタビーチ」のんびりと滞在するなら超おすすめ!

2017.08.01

カタノイビーチ

カタノイビーチも、「ナイハーンビーチ」と同様でアジアベストビーチの常連です。カタノイビーチを楽しむなら、近くにある「カタタニ・プーケットビーチリゾートホテル」に泊まることおすすめします。

プーケット「カタノイビーチ」満喫するなら近くのホテルに泊まろう!

2017.08.01

ヤヌイビーチ

何もないけど、「極上の砂浜」があるのがヤヌイビーチです。本当に何もありません。ただただ、ビーチだけを楽しむなら、ヤヌイビーチがおすすめですね。

プーケット「ヤヌイビーチ」ただそこに極上の砂浜があるだけ!

2017.08.01

プーケット旅行で行きたいおすすめ観光地

プーケット観光は、実はビーチリゾートと以外にもあるんですよ。ドライブがてらに、色々と巡ってみてはいかがでしょうか?ナイトライフやショッピングも充実してるのが嬉しいですよね!

「プーケットおすすめ観光地」

  • プロンテープ岬
  • ビッグブッダ
  • ジャンクセイロン
  • セントラルフェスティバル
  • バンザーン市場
  • マリンプラザ
  • サイモンキャバレー

プロンテープ岬

タイ国内で最高の夕日が見られると言われてる観光地です。ただし、1つ問題があります。夕日が綺麗に見れる日に巡り会える確率が低いことです。

この付近は、なぜか曇ってる日が多いんですよね。プロンテープ岬で素敵な夕日に出会えたあなたは、それだけで幸せ者ですよね。景色は素晴らしいので、それだけでも来る価値はありますよ!

プーケット「プロンテープ岬」タイ国内で最高の夕日が見れる場所!

2017.08.01

ビッグブッダ

プーケットのパワースポットであるビッグブッダ。とにかく大きいんです。奈良の大仏様のほぼ3倍の高さがあるんです。

さらには、中にも入れるんですよね。空洞内での出来事が荘厳でしたね。プーケットを見下ろせる高台にあるので、コチラから見るプーケットも最高に綺麗ですよ。

プーケット「ビッグブッダ」巨大な仏様の中に入ってみよう!

2017.08.01

ジャンクセイロン

パトンビーチのランドマークでもある大型ショッピングモールのジャンクセイロン。レストランやカフェも充実しています。

個人的に気に入ってるのが、エアコンがキンキンに効いてるのが嬉しいですね。南国ビーチリゾートは暑いですからね(笑)

ちなみに、ジャンクセイロンはお土産を買うのにも適してますし、安く食事ができるフードコートもあります。私は、ここのフードコートに頻繁にお邪魔してますよ!

プーケット「ジャンクセイロン」大型ショッピングモールを紹介するよ

2017.08.01

セントラルフェスティバル・プーケット

プーケットはタイ国内にしては物価が高いんです。ビーチリゾートですから、それも当然ですよね。そんなプーケットで安く買い物や食事がしたい時に重宝するのが「セントラルフェスティバル・プーケット」になります。

ここは一般的なプーケットの人が来るモールなんです。ですので、タイ国内の物価とほぼ変わらないのが嬉しいんですよね。ただし、行くのに少々時間がかかります。「時間はあるけど、お金はあんまりない!」そんな方におすすめします。

セントラルフェスティバル・プーケットのフロアーガイドと行き方!

2017.08.01

バンザーン市場

バンザーン市場は、ジャンクセイロンのすぐ近くにあります。昼はおみやげ探しに重宝するんですが、バンザーン市場の本当の魅力は夜になります。

夜は、ナイトマーケットになるんですね。これがねえ、いい雰囲気なんですよね。ですので、プーケットのナイトライフにもピッタリの場所になります。

プーケット「バンザーン市場」お昼も夜も楽しめるからオススメだよ!

2017.08.01

マリンプラザ

タイ国内にしては、物価の高いプーケットで安く楽しめるのがマリンプラザになります。ただし、近くにビーチはないのが少々残念です。

ですので、何かの記念日なんかには向きません。安くあげたい人のためのスポットになりますね(笑)。

プーケット「マリンプラザ」価格が安めなのでとっても助かるよ!

2017.08.01

サイモンキャバレー

綺麗な男性がプーケットの夜空を舞い踊るショーになります。そうですね、俗に言う「ニューハーフショー」ですね。

「プーケットではニューハーフショーを見に行こうよ!」と友人に言うと、ほぼこんな答えが返ってきます。「ニューハーフなんて興味がない!」

「まあ、そう言わず」にとサイモンキャバレーに連れていきます。ショーが終わった後に、みんな「いやあ、楽しかったよ!」と言います。

ニューハーフちゃんて、すごくサービス精神旺盛なんですよ。だから、観客をいろいろと楽しませてくれるんです。豪華ショーあり、お笑いあり、と盛りだくさんです!

プーケット「サイモンキャバレー」で魅惑のショーを楽しもう!

2017.08.01

プーケットのおすすめ格安ホテル

パトンエリアでの格安ホテルを紹介しています。「ホテルは寝るだけでいい人、ホテルよりも観光を楽しみたい人」こういう方にピッタリなホテルですよ。

このホテルは安いんですけど、意外にプールがいい感じなんです(上記写真)。そこが気に入ってますね。さらに、ホテル周辺はプーケットのわりには物価がそこまで高くないんですよね。

プーケットにある格安ホテルのおすすめを2選するよ!

2017.04.24

バンコクからプーケットの行き方

バンコクからプーケットの行き方は、「電車・長距離バス・飛行機」とあります。おすすめは飛行機ですが、電車以外の「長距離バス・飛行機」にはそれぞれ一長一短の良さがあります。

飛行機でバンコクからプーケットへの行き方での注意点としては、バンコクには2つの空港があると言うことですね。

ですので、日本からの到着空港とプーケットへの出発空港を合わせておかないと少々面倒なことになりますよ!

バンコクからプーケットは飛行機が快適。その他行き方も解説するね!

2017.08.01

その他の情報

ナイトライフ

プーケットでの夜遊びナイトライフは「クラブ」が超おすすめです。お客さん全員のテンションが高ぶってるのがいいんですよね。

みんな、南国ビーチリゾートに来て少々浮かれてるんだと思います。健全にハシャギまくって下さいね!

プーケット「夜遊び」ナイトライフで朝まで楽しめる超人気クラブ5選

2017.07.24

物価

プーケットの物価について解説しています。

タイの物価をバンコク・プーケット等のエリアに分けて解説するよ!

2017.05.28

治安

プーケットの治安について解説しています。基本的には安全ですが、注意すべきこともあります。具体的には、「交通事故」「レンタルジェットスキー詐欺」「女性限定の注意事項」になります。

後、昔のプーケットは本当にボッタクリが酷かったんです。しかし、数年前に軍と警察がタッグを組んで「クリーンアップ作戦」というのを実行したんですよね。

プーケットの治安の概要と日本人女性が絶対に注意して欲しいこと!

2017.06.14

雨季のプーケット

とかく敬遠されがちなタイの雨季。「雨が1日中降る・冠水・海が綺麗に見えない」等のデメリットもあります。

しかし、雨季のプーケットならではの大きなメリットもあるんですよ!それが「ホテル代が安い
・観光客が少ない・スコール」になりますね。

タイの雨季はプーケットで日常を忘れる極楽旅を楽しもう!

2017.06.14

プーケット地図

  1. パトンビーチ
  2. カロンビーチ
  3. ナイハーンビーチ
  4. カタビーチ
  5. カタノイビーチ
  6. ヤヌイビーチ
  7. プロンテープ岬
  8. ビッグブッダ
  9. ジャンクセイロン
  10. セントラルフェスティバル
  11. バンザーン市場
  12. マリンプラザ
  13. サイモンキャバレー
  14. プーケット国際空港
  15. プーケットバスターミナル1
  16. プーケットバスターミナル2
  17. ラサダ港

プーケットの概要

プーケット   :パトンビーチ側(地図の西側)
プーケットタウン:バスターミナルやラサダ港のある側(地図の東側)

プーケット島を大きく分けると「プーケットエリア」と「プーケットタウンエリア」の2つのエリアに分かれます。一般的な観光客が訪れるのは西側にあるプーケットエリアになります。

プーケットは、西側に有名なビーチや観光地が集まっています。ですので、ほとんどの観光客が向かうのは西側になります。一方、プーケットタウンには地元プーケットの方が多く住んでいますね。

まずは、上記の2エリアがあることを簡単に頭に入れておいてくださいね。

プーケット空港

プーケットの玄関空港である「プーケット空港」。パトンビーチには、タクシーやバスで簡単に来ることができます。プーケット空港は2016年の9月に新ターミナルができました。

プーケット空港のフロアー地図とタクシー・バスでのパトンへアクセス

2017.07.28

バスターミナル1・2

バンコクからバスでプーケットに来たときに、バスターミナル1・2を利用することになります。バンコクからプーケットは遠いですから、飛行機をおすすめしますよ!

ラサダ港

ラサダ港はピピ島への玄関口になります。この港からピピ島行きの船が出てるんですよね。上記のパトンビーチからピピ島の港までは「バス→トゥクトゥク→船」で簡単に行けちゃうんですよ!

プーケットからピピ島への行き方を分かりやすく紹介するよ!

2017.05.30

ピピ島に到着してからの楽しみはコチラをどうぞ!

ピピ島の観光の絶景ポイントと楽しすぎるシュノーケリングを紹介!

2017.07.24

まとめ

今回は、プーケット観光のおすすめ12選と、初心者のための基本情報を紹介しました。白い砂のビーチ。どこまでも続くコバルトブルーの海。そして、青い空と白い雲。

これぞまさに「南国ビーチリゾート」です。プーケットに来るだけでも心が踊ります。それでは、素敵なプーケット観光を楽しんでくださいね!

【完全版】タイ旅行のおすすめ情報を初心者向けにグッと詰め込んだよ

2017.06.11