タイタビ

タイ旅行・バンコク観光・タイ語・タイ料理についての情報ブログです。1バーツ:3.0円(100バーツ:300円)

【プーケット:地図】初心者はここを読めば全体的に理解できるよ!

      2016/12/24

プーケットの地図を紹介します。プーケット観光初心者が、今回の記事でプーケットの全体像をざっくりと理解できるように紹介していきますね。

プーケットで最初に覚えて欲しいのが「パトンビーチ」になります。プーケットの中心エリアになりますね。そこに「ジャンクセイロン」と言うショッピングモールがあります。

プーケットの地図を紹介するよ!

プーケットの全体地図

ショッピングモール

1:ジャンクセイロン
2:プーケットセントラル

交通機関

3:プーケット国際空港
4:プーケットバスターミナル1
5:プーケットバスターミナル2
6:ラサダ港

有名ビーチ

7:パトンビーチ
8:カロンビーチ
9:ナイハーンビーチ
10:ヤヌイビーチ
11:ナイトーンビーチ
12:スリンビーチ

有名観光地

13:ビッグブッダ
14:プロンテープ岬

プーケットの地図をエリアごとにチェックしよう!

1:ジャンクセイロン

ジャンクセイロンは、プーケットのランドマークになります。大型ショッピングモールですので、ここにくれば世界中の料理が食べられます。

当ブログでも、ここを起点にプーケットを説明していくことが多いです。パトンビーチまでは歩いて5分ぐらいですので、ビーチで遊び疲れたらショッピングモールでのんびりすればいいですね。

ただし、ジャンクセイロンはタイにしては「少々物価が高い」です。と言っても、日本の物価と変わらないぐらいですので安心してください。「タイの物価にしては高い」と言うだけです。

2:プーケットセントラル

プーケットの地元の人の御用達ショッピングモールです。ジャンクセイロンは観光客が多いですが、プーケットセントラルは大多数が地元の人ですね。

ですので、こちらはタイの物価です。ですので、とっても安いですよ(笑)パトンビーチからバスで簡単に来れるので、節約派の方はプーケットセントラルがいいですね。

3:プーケット国際空港

プーケット唯一の空港になります。おそらくほとんどの人がここからプーケットに来ると思います。プーケット国際空港の紹介と、パトンビーチ等の行き方をじっくりと解説したいと思います。

プーケットは、タイ最大のリゾート観光地ですのでタイ国内にしては物価が高いです。ですので、締められるところはしっかりと締めて行動したほうがお財布にやさしいですよ(笑)。

【プーケット国際空港】パトンビーチの行き方も詳しく紹介するよ!

4:プーケットバスターミナル1

昔は、バスターミナル1しかありませんでした。しかし、乗車人口の増大と共にバスターミナル2が数年前にできました。2つバスターミナルがあると、頭の片隅に置いといてください。

バスターミナル1は、近距離バスの発着になっています。「プーケット国際空港」「バスターミナル2」行きのバスもでていますね。

5:プーケットバスターミナル2

バスターミナル2は、長距離バスが発着します。ですので、バンコクからプーケットにバスで来たら「バスターミナル2」に到着します。

旅行者の方が使うのはこちらのターミナルですね。ちなみに、ピンク色のバスが「ターミナル1」と繋がっています。

【プーケット:バスターミナル】パトンビーチの行き方も紹介!

6:ラサダ港

レオナルド・ディカプリオの映画で有名な「ピピ島行き」の船が出ています。プーケットからピピ島は、安くて簡単に自分で行けるんですよね。

ちなみに下記記事には「2:プーケットセントラル」の行き方も紹介しています。

【プーケットからピピ島:行き方】実は簡単で安いんだよね

7:パトンビーチ

プーケットで1番賑やかなビーチである「パトンビーチ」を紹介します。プーケット島の西側には数多くのビーチがありますが、名実ともにメインビーチと言えるのがパトンビーチとなります。

昼も夜も多くの観光客で賑わっています。お昼はジャンクセイロン(ショッピングモール)が観光のメインで、夜はバングラ通りが観光のメインになりますね。

【パトンビーチ】プーケットエリアの中心だから便利だよ!

8:カロンビーチ

今回は、パトンビーチのお隣にある「カロンビーチ」を紹介します。パトンビーチほど賑やかではないですが、おみやげ屋さんもありますし、レストランもあります。

さらに、カロンビーチにはもう一つの大きな魅力があります。ビーチを歩けば砂が「キュッキュッ」と静かに鳴り響くんですよね。いわゆる「鳴き砂」なんですよね。

【カロンビーチ】散歩するだけでも楽しい鳴き砂ビーチを紹介!

9:ナイハーンビーチ

「アジアのベストビーチ」という特集が組まれると、高確率で10位以内にランクインされる「ナイハーンビーチ」を紹介します。私がプーケットで1番好きなビーチも、このナイハーンビーチになります。

これぞ南国のビーチという感じが好きですね。静かですし、物売りもいませんし、そもそも近くには何もありません(笑)。それがいいんですよね。ビーチでとにかくゆっくりとしたい人はココで決まり!

【ナイハーンビーチ】アジアのベストビーチの魅力を紹介するよ!

10:ヤヌイビーチ

プーケットの秘境ビーチである「ヤヌイビーチ」の紹介をします。こじんまりとした、プライベートビーチのような感覚がたまらないんですよね。

プーケットの最南端にあるビーチなので、夕陽もとっても綺麗に見れますよ。ただし、周りには小さなレストランが1件あるのみ、飲み物と食べ物ぐらいしか買えませんのでお気をつけ下さい。

【ヤヌイビーチ】プーケットの奥別荘にある秘境ビーチ

11:ナイトーンビーチ

良ビーチなのに意外に知られていない「ナイトーンビーチ」の紹介をします。多くの日本人は、パトンビーチよりも南側に「プーケットのビーチ」があるというイメージです。

しかし、パトンビーチよりも北側にも素晴らしいビーチってあるんですよ。さらには、あまり有名ではないので、ビーチが広い割には観光客は少ないです。オススメビーチですよ!

【ナイトーンビーチ】観光客に知られていないからノンビリできるよ

12:スリンビーチ

プーケットにある地元のタイ人にも愛されてる「スリンビーチ」を紹介します。パトンビーチよりも南側にあるビーチは、観光客が多いです。

しかし、パトンビーチよりも北側にあるビーチは、観光客に混じってタイ人もよく見かけますね。タイ人が多いということは、近隣の物価もそんなに高くないし、居心地がいいんでしょうね(笑)

【スリンビーチ】地元タイ人にも人気があるよ!

13:ビッグブッダ

今回は、プーケットのサグラダファミリアとして有名なパワースポットである「ビッグブッダ」を紹介します。建立されてから10年近くが経過してますが、未だに未完成なんです。

ですので、現在も工事中で日本のショベルカー等が大活躍してましたね。「いつになったら完成するのやら?」とお坊さんも言ってました。そんなゆる~いタイが大好きですね(笑)

【プーケット:ビッグブッダ】荘厳に響くお経の中、自分と対話する

14:プロンテープ岬

タイ国内で1番綺麗な夕日が見られると言われているのが、今回紹介する「プロンテープ岬」になります。目の前に広がる大パノラマが夕焼けの朱色で染まるのは、人智を超えた地球の浪漫を感じさせられます。

しかし、問題があります。プロンテープ岬は、晴れよりも曇りの日の方が圧倒的に多いと言われています。ですので、コンディション次第では、ただの「海が見える丘」になってしまうんですよね(笑)

【プロンテープ岬】極上のサンセットで感動する喜びを知る

まとめ

今回は、プーケットの地図を紹介しました。初心者の方は、まずはパトンビーチで楽しんで下さい。慣れてきたら、少し離れたビーチや観光地を巡って見て下さいね!

それでは、素敵なプーケット観光を楽しんで下さい!

 - プーケット