タイタビ

タイ旅行・バンコク観光・タイ語・タイ料理についての情報ブログです。1バーツ:3.0円(100バーツ:300円)

【パタヤ:ビーチ】都会の喧騒を離れてお手軽リゾートでのんびり

      2016/12/07

%e3%83%95%e3%82%a1%e3%82%a4%e3%83%ab_000-2

バンコクから1番近いリゾート地としてタイ国内でも有名なパタヤ。そんなパタヤのメインビーチが今回紹介する「パタヤビーチ」になります。

タイ人に「海が見たい!」と言われたらパタヤビーチに連れてきてあげたらいいですね。バンコクからバスで2時間なので、気軽にこれるお手軽さが嬉しいですよね。

パタヤビーチの地図と行き方

地図

1:パタヤ・セントラルフェスティバル
2:パタヤ・センターセントラル

パタヤビーチは、「1:パタヤ・セントラルフェスティバル」の目の前になります。ですので、ビーチのすぐ隣にショッピングモールがあるという最高の立地になっていますね。

※タクシー等でパタヤビーチに向かうときに注意して欲しいことがあります。パタヤには2つのセントラルがあります。ですので、間違えないようにしてください

パタヤの行き方

バンコクからパタヤの行き方を紹介します。色んな行き方はありますが、バスで行くのがいちばん便利だと言う理由についても説明しますね。

バンコクから1番近いリゾート地のパタヤ。昔は夜の街のというイメージが強かったのですが、最近ではお手軽リゾート地として日本人や世界中の人に人気がありますよ。

【バンコクからパタヤ】バスでの行き方を徹底的に紹介するよ!

パタヤビーチでの楽しみ方

大事なことなので先に言っておきますね。パタヤビーチの水質について言及すると「あんまり綺麗ではない」ですね。観光ガイドブックは、大人の事情で書けないんでしょうね(笑)

ですので、綺麗な海を見慣れている日本人に「海水浴は向きません」、でも、ビーチでは泳がなくたって楽しいことがいっぱいありますよ。

・ビーチパラソル
・アクティビティ
・パタヤ・セントラルフェスティバル

ビーチパラソル

%e3%83%95%e3%82%a1%e3%82%a4%e3%83%ab_000

色とりどりなビーチパラソルの下でのんびりとするのが最高の贅沢です。海風は最高に気持ちいいですしね。ビーチパラソルの値段は場所によって異なりますが、1人50バーツ〜100バーツになります。

ビーチチェアを貸してくれるスタッフが、ついでに「冷えたビールや飲み物」も販売してくれます。あなたがビーチチェアに寝っ転がってると、冷えた飲み物が運ばれてくるという最高の環境です(笑)

さらには、シーフード料理の売り子さんが次々に声をかけてきます。エビ焼きを売る人が多いですね。おおぶりのエビなんで美味しいんですよね。ビーチで食べるとなんでも美味しいんですけどね(笑)

アクティビティ

%e3%83%95%e3%82%a1%e3%82%a4%e3%83%ab_000-1

パタヤビーチは、アクティビティーも充実しています。ビーチでのんびりするのに飽きたら、ぜひ試して見て下さいね!

・パラセーリング(10分くらい):500バーツ~
・ジェットスキー(30分)   :1,000バーツ~(2人まで乗れる)
・バナナボート(30分)    :1,000バーツ〜(4人〜5人なら乗れるそう)

「ガッチリいくらです!」と紹介したいのですが、日本のように定価がない国なので、そこらへんはよしなにお願いします(笑)

パタヤ・セントラルフェスティバル

%e3%83%95%e3%82%a1%e3%82%a4%e3%83%ab_001-1

ビーチのすぐお隣に、大型モールのセントラルフェスティバルがあります。エアコンもキンキンに効いているので暑くなったらここに避難してもいいですね。日本食もタイ飯もファストフードも何でもありますよ。

さらに、地下のフードコートは安いのに美味しいのでオススメです。スタバもあるので、カフェを買ってビーチで飲むのもいいですよ。ビーチでカフェですよ。こんな贅沢はありませんね(笑)

ヒルトン・パタヤも併設していますので、そこに泊まるのもいいですね。予算がという方は、周囲のホテルに泊まることをオススメします。とっても便利なエリアでもあるんですよね。

【パタヤ:セントラルフェスティバル】上空からビーチを堪能しよう

動画で見てみよう!

まとめ

今回は、バンコクから1番近い「パタヤビーチ」の紹介をしました。バンコクから本当に簡単に来れるので、日帰りでも十分に楽しめますよ。

それでは、素敵なパタヤ観光を楽しんでください!

 - パタヤ