カオニャオ・マムアンは無類のマンゴー好きだからこそわかる味




img_20140127_200003

「マンゴー好きですか?」私は大好きです。でも、日本だと高いので、おいそれと食べられませんよね。しかし、タイは熱帯の国です。

マンゴーがメチャクチャ安いんです。そんなマンゴー好きに食べてもらいたいタイのデザートが「カオニャオ・マムアン」になります。

カオニャオ・マムアンとは?

カオニャオ・マムアンは、タイを代表するデザートの1つです。タイ語を直訳すれば「もち米とマンゴー」になりますね。

カオニャオ:もち米
マムアン :マンゴー

もち米の上に、甘いココナッツミルクをかけてくれます。このデザートが「やみつきになる人多し」なんですよね。日本人にとって「マンゴーは高級品」というイメージは強いですからね。

宮崎産マンゴーだと「1個何千円もする」と聞いたことがあります(食べたことないから、あんまり詳しくないよ)。私も、かき氷のシロップは「メロンかマンゴー」を必ず選びますもんね(笑)

タイはマンゴーが激安!まさに地上の楽園!

ちなみに上記写真の「カオニャオ・マムアン」は、タイのフードコートですと150円~200円ぐらいで食べれるんですよ!マンゴー好きな私としては、タイは地上の楽園です!!

チェンマイでカオニャオ・マムアンが食べたいなら!

チェンマイでカオニャオ・マムアンが食べたくなったら「マンゴーマニア」がおすすめです。マンゴーの質が他のお店とは段違いなんですよね。

バンコクでカオニャオ・マムアンが食べたいなら!

ターミナル21の上階にフードコートがあります。そこがオススメです。ちなみに上記写真は、そこで食べたものです。

マンゴーの量を倍にするとちょっとだけ値段があがりますが、それでも安いもんですよ。絶対に倍にして食べることをオススメします。


カオニャオ・マムアン祭り開催

タイの地方である「ピサヌローク県」のショッピングモールで食べたカオニャオ・マムアンがこれになります。

「マンゴーをダブルで入れてちょうだい!」とお願いしたら、マンゴー祭りが開催されました。「これを日本で食べたらいくらになるんだろう?」そればかりが私の頭を専有してましたね(笑)

ちなみに、その時にはじき出したお値段「5,000円!」ですね。しかし、現実のこれは「なんと240円!」。「え?いいの?」と何回も確認したぐらいです。

まとめ

今回は、カオニャオ・マムアンについて紹介しました。マンゴーをたらふく食べたいなら、タイにおいでませ!3食マンゴーを食べても安いもんです。

3時のおやつには「マンゴーシェイク・マンゴージュース」などもいいですね。それでは、最高のマンゴー生活をタイで味わってくださいね!

美味しいタイ料理のレシピを有名なのから順番に紹介していくよ!



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする