カオマンガイの美味しい作り方レシピとタレ!炊飯器を使えば簡単だよ

スポンサーリンク

今回は、カオマンガイの美味しい作り方レシピについて、タイ歴22年で鶏肉が大好物な私が解説します。

カオマンガイは、ジューシーな鶏肉と味わい深い個性的なタレが魅力のタイ料理になります。日本での知名度も徐々にあがってきてますよね。

そんなカオマンガイは、専門店でしか食べられないと思われがちです。しかし、実は炊飯器を使うと自宅でも簡単に作れるんです。ぜひ、お試しくださいね!

スポンサーリンク

カオマンガイとは?

「カオマンガイ」と言う言葉が、日本国内でも当たり前のように通じるようになってきました。ついに「カオマンガイきたか!」と私も嬉しい限りですね。

ただし、まだ一般的な日本人はカオマンガイをよく知らないと思います。まずは「カオマンガイとは?」から解説していきますね!

カオマンガイはタイの料理だよ

カオマンガイとは、タイ料理の中でも有名な「茹でた鶏肉乗せごはん」になりますね。単純な料理なんですが、これが「メチャクチャ美味しい」んです。

と言うのも、作り方に秘密があるんです。鶏肉を茹でたスープでごはんを炊くんですよね。ですので、鶏肉も美味しいんですが、ごはんも美味しいんです。

さらには、カオマンガイのタレがこれまたいい味なんですよ!

スポンサーリンク

タイ語の意味をみてみよう!

タイ国内のほぼ全てのカオマンガイ屋さんでは、カオマンガイを注文すると「スープも一緒に提供してくれます」。

日本でチャーハンを食べたら、中華スープが付いてくるような感じですね。このスープがこれまた美味しいんですよ!

カオマンガイの日本語の意味

タイ語でカオマンガイは、「ข้าวมันไก่」と書きます。カオマンガイを日本語に訳すと以下になります。

  • カオ:ごはん
  • マン:油
  • ガイ:鶏肉

直訳すると、「鶏肉の油とごはん」になります。鶏肉から良いダシがでるんですよね。

タイでカオマンガイのお店に行くと、店頭に「海南鶏飯」と書いてるお店が多いです。カオマンガイのルーツは中国にあるそうなんです(諸説あるの中の1つ)。

ですので、マレーシア・シンガポールでもカオマンガイのお店はありますね。華僑が広めた代表的な料理の1つと言われています。

スポンサーリンク

カオマンガイの炊飯器での作り方レシピ

%e3%83%95%e3%82%a1%e3%82%a4%e3%83%ab_001-9

カオマンガイを簡単に作るなら、無印良品の「炊飯器で作るカオマンガイの素セット」がとっても便利です。

「炊飯器で作るカオマンガイの素セット」には★がセットに含まれています。

  • ごはんの素 ★
  • つけだれ  ★
  • 白米
  • 鶏もも肉(皮付き)

用意するものは「白米・鶏もも肉」となります。日本米でも味は美味しいんですが、ベチャっとなるので見栄えが少々良くないので、可能ならタイ米の方がいいですね。

※日本米を使う場合は、心持ち水を少なめで炊いてください。このとき、麦などは入れないほうがいいです。白米のみをおすすめします。

カオマンガイの作り方レシピ

%e3%83%95%e3%82%a1%e3%82%a4%e3%83%ab_000-18

  1. 白米2合を洗米します
  2. いつもの分量だけお水をいれます(日本米の場合は少なめで)
  3. ごはんの素をいれて、軽くかき混ぜます
  4. 鶏肉の皮目を上にして、炊飯器に一緒にいれます
  5. 炊き上がったら、鶏肉を切り分けます
  6. つけだれを別皿にいれます

作り方は以上となります。お米が炊き上がると同時に「鳥スープのいい香り」が鼻先を通っていきます。これが食欲をそそるんですよね!

お皿に盛り付けるとき、きゅうりを添えてあげるとさらに美味しくみえますよ!あれば、パクチーを散らしてもいいですね。

スポンサーリンク

カオマンガイの旨さはタレ・ソースで決まる!

カオマンガイは、鶏肉を茹でただけの単純な料理です。だからこそ「カオマンガイのタレやソースが生命線」となるんですよね。

ここがダメなら、結果として美味しくないカオマンガイになるんです。バンコク市内にある「美味しい」と評判のカオマンガイ屋さん。そのほとんどのお店に食べ行きました。

それぞれのお店独自のカオマンガイで、とっても美味しいんです。このお店は鶏肉がジューシーだ。このお店はカオマンガイ用のごはんが絶品だ。

有名店はタレが絶品

それぞれのカオマンガイ屋さんには売りがあります。しかし、ほぼ共通して言えることは「どのお店もカオマンガイのタレやソースが美味しいんです!」

お店によって違った味のタレなんですが、有名店ほどタレが美味しいんです。タレが美味しかったら、鶏肉・ご飯がパサパサであろうと「けっこう食べれちゃうんですよね」。

ですので、カオマンガイはフードコートで食べても屋台で食べても「そこそこ美味しい」ですね(笑)

スポンサーリンク

タレ・ソースを自作してみるものの

ネットを見ながら、カオマンガイのタレを自分で作ってみました。しかし、どれも本来の味からは程遠かったです。

その次は、タイ料理の本を参考にしてタレを作ろうとしました。しかし、日本では「入手困難な材料」をふんだんに使ってるので諦めました。

その結果、カオマンガイのタレやソースは市販のものを購入したほうが「美味しいし、安い」とようやく気づきましたね。

カオマンガイのタレ・ソースのおすすめは以下の3点になります。

ユウキ・カオマンガイのタレ

ユウキカオマンガイのたれの値段を確認する

「ユウキ・カオマンガイのタレ」が、1つ目のおすすめになりますね。生姜とニンニクが少し入ってるので、本場のカオマンガイのタレの味に近いですね。

さらに、スイートチリソースも入ってるようで、これがいい味を出してるんですよね。タレだけ欲しい方は、ユウキ食品のカオマンガイのタレで決まりですね!

S&B・カオマンガイの素

S&Bカオマンガイの素の値段を確認する

カオマンガイ用のごはんも一緒に作れるのが「S&B・カオマンガイの素」になります。オリジナリティあふれるソースも美味しいですね。炊飯器で簡単に作れるのも高ポイントです。

ヤマモリ・カオマンガイの素

ヤマモリカオマンガイの素の値段を確認する

「ヤマモリ・カオマンガイの素」も、おすすめですね。炊飯器で簡単に作れますし、タレも独特な感じで美味しかったです。ヤマモリはタイ料理では有名ですから安定の味ですね。

スポンサーリンク

意外にカロリーが高いよ

カオマンガイは、鶏肉を茹でた料理なのでヘルシーだと思われがちなんです。しかし、意外に高カロリーなんですよね。

ご飯の分量によっても変わってきますが、おおむね700〜800カロリーぐらいが平均だと言われています。

チキンよりも茹で汁で炊いたご飯が高カロリーのようですね。女性も男性も食べ過ぎに注意です。私も本当は毎日でも食べたいぐらいに好きなんですけどね。

スポンサーリンク

カオマンガイの美味しい食べ方

「カオマンガイの食べ方について」の質問がちょいちょい増えてきてます。最初に言っておきますが、基本的には「あなたの好きなように」食べたらいいです!

好きなように食べたらいいんですが、「こんな食べ方をタイ人はしてるよ」を今回は紹介していきますね。

色々な食べ方を楽しめるよ!

カオマンガイにはスープもついてくるのが常なので、色んな食べ方を楽しめるというのも人気の1つですよね。

日本人では考えられない食べ方にビックリすると思いますよ。食文化の違いというのは興味深いものですよね(笑)

具体的なカオマンガイの食べ方は下記の3通りになります。

  • 一般的な食べ方
  • タイ人のビックリ発想な食べ方
  • カオマンガイのタレ全かけ
スポンサーリンク

カオマンガイの一般的な食べ方

%e3%83%95%e3%82%a1%e3%82%a4%e3%83%ab_000-14

カオマンガイの一般的な食べ方はこちらになります。

カオマンガイを食べる流れ

  1. カオマンガイのタレをスプーンで少しとる
  2. タレを鶏肉につける
  3. 食べやすい大きさに鶏肉をカット
  4. タレ付き鶏肉をスプーンにのせて、ごはんも一緒にすくう
  5. 準備完了いただきます!!
  6. 上記の繰り返し

多くのタイ人がこの食べ方をしています。ですので、これがスタンダードな食べ方になりますね。

スポンサーリンク

タイ人のビックリ発想

一部のタイ人は、カオマンガイについてくるスープを上手に使うんですよね。カオマンガイを食べてると、途中でタレの味に少々飽きてきます。

そこで、タイ人のビックリ発想な食べ方は「スープをごはんにかけて」食べるんです。日本人からすると「少々お行儀が悪い!」となります。

しかし、この食べ方をするとメチャクチャ美味しいんですよね。次にタレを食べる時に、再度タレの味が引き立ちます。

注意点はスープの量

ご飯にスープをかけて食べると、ちょうどいい口直しになるですよね。ただし、お気をつけ下さい。「ドバドバとスープをかけたらダメですよ」。

カオマンガイがつゆだくになってしまいますからね。少しずつかけてみましょうね。タイ人のこの発想は「流石だな!」と思いましたね(笑)

スポンサーリンク

カオマンガイのタレ全かけ

食べる前に、カオマンガイのタレを「全てかける」食べ方もあります。この食べ方をするタイ人も多いですね。

先にタレを鶏肉に全部かけて、その後にごはんとあわせて食べていきます。ただし、個人的にはこの食べ方は好きではありません。

塩分が高いから

と言うのも、カオマンガイのタレは美味しいんですが少々濃いんです。熱帯の国タイですので、タレは塩分が少々高めな傾向があります。

ですので、タレを全部かけてしまうと、その後の修正がききません。私は少しずつタレをかけていくことを友人にも勧めています。健康第一ですから!

スポンサーリンク

まとめ

今回は、カオマンガイの美味しい作り方レシピについて、タイ歴22年で鶏肉が大好物な私が解説しました。

こんなに簡単にカオマンガイを作れる日がくるとは思ってませんでしたね。タイブロガーとしては嬉しい限りです(笑)

それでは、美味しいタイ料理を堪能してくださいね!

タイ旅行を全力で楽しむためのおすすめ情報をギュッと詰め込んだよ!
今回は、「タイ旅行のおすすめ観光地」と「タイに行く前に知りたい旅情報」について、タイ歴22年でタイ旅行が大好きな私が解説します。 「タイ旅行にいこう!」と思ったとき、まず決めないといけないことがあります。それが、タイの「どこの観光地に...
スポンサーリンク
スポンサーリンク
タイ料理
スポンサーリンク
まさじろをフォローする
たいたび