カオマンガイの作り方レシピとおすすめのタレや食べ方を紹介するよ!



%e3%83%95%e3%82%a1%e3%82%a4%e3%83%ab_000-14

今、日本で人気沸騰中なタイ料理の1つである「カオマンガイ」の作り方レシピを紹介します。カオマンガイは、ジューシーな鶏肉と味わい深い個性的なタレが魅力の一品ですね。

専門店でしか食べられないと思ってる人が多いですが、実はカオマンガイは「自宅で簡単に作れる」んですよ。記事の後半では、カオマンガイを簡単に作るための「タレ・ソース」も紹介しますね。

カオマンガイとは?

「カオマンガイ」と言う言葉が、日本国内でも当たり前のように通じるようになってきました。タイ歴22年のタイブロガーの私も、ついに「カオマンガイきたか!」と嬉しい限りですね。

ただし、まだ一般的な日本人は、カオマンガイをそこまでよく知らないと思います。まずは「カオマンガイとは?」について紹介していきますね。

カオマンガイとは、茹でた鶏肉乗せごはん

カオマンガイとは「茹でた鶏肉乗せごはん」ですね。単純な料理なんですが、これが「メチャクチャ美味しい」んですよ。と言うのも、作り方に秘密があるんです。

鶏肉を茹でたスープでごはんを炊くんですよね。ですので、鶏肉も美味しいんですが、ごはんも美味しいんです。さらには、カオマンガイのタレがこれまたいい味なんですよね。

タイで食べたらスープもついてくるよ!

ほぼ全てのカオマンガイ屋さんでは、カオマンガイを注文すると「スープも一緒に提供してくれます」。日本でチャーハンを食べたら、中華スープが付いてくるような感じですね。

このスープがこれまた美味しいんですよ!タイ人はカオマンガイスープを、ごはんにかけて食べたりもしてますね。まずは、普通にタレで食べて、中休みできゅうりをひとかじり。

その後、スープをごはんにかけて食べてタレの味を消し去ります。その後、またタレで食べます。1回の食事で何度も楽しめるのが、カオマンガイの魅力の1つなんですよね!

タイ旅行のさいには「絶対に食べてくださいね!」。日本にもカオマンガイ専門店があるので、そこで食べても美味しいですね。ちなみに日本でも簡単につくれますから、ぜひ試してみてくださいね!


カオマンガイの意味

タイ語でカオマンガイは、「ข้าวมันไก่」と書きます。

カオ:ごはん
マン:油
ガイ:鶏肉

直訳すると、「鶏肉の油とごはん」になります。鶏肉から良いダシがでるんですよね。タイでカオマンガイのお店に行くと、店頭に「海南鶏飯」と書いてるお店が多いです。

と言うのも、カオマンガイのルーツは中国にあるそうなんです(諸説あるの中の1つ)。ですので、マレーシア・シンガポールでもカオマンガイのお店はありますね。華僑が広めた代表的な料理の1つですね。

カオマンガイのカロリー

茹でたチキンだから、カオマンガイってヘルシーだと思ってますよね?実は、カオマンガイは意外にカロリーがあります。といっても高カロリーとまではいきませんね。

ご飯の分量によっても変わってきますが、おおむね700〜800カロリーぐらいが平均だと言われています。チキンよりも、茹で汁で炊いたご飯が高カロリーのようですね。

女性も男性も食べ過ぎに注意です。特に、カオマンガイはヘルシーだと思ってる人はお気をつけ下さい。私も本当は毎日食べたいんですが、1週間に1回におさえています(笑)



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする