タイタビ

タイ旅行・バンコク観光・タイ語・タイ料理についての情報ブログです。1バーツ:3.0円(100バーツ:300円)

【ジムトンプソン:アウトレット】定価の50〜70%で購入できるよ

      2016/12/07

ファイル_008 (3)

日本へのお土産で、とっても人気のある商品「ジムトンプソンのタイシルク」。有名ショッピングモールや有名観光地にはジムトンプソンのショップがあります。

絹の割には値段も手頃なんでとっても嬉しいんですが、お土産や自分用に買い込むと「けっこういい値段」になります(笑)。実は、ジムトンプソンには「激安アウトレット店」があるんですよね。

ジムトンプソン・アウトレットとは?

タイのナンバー1シルク

タイで最も有名なタイシルクのお店が、ジムトンプソンになります。バンコク市内はもちろんのこと、タイ国内中に支店があります。

その中でも、アウトレットに特化したのがこちらのお店になります。当然ですが、特筆すべき点は「価格」です。一般的に売られている価格の50〜70%で同じ商品が購入できるんですよね。

ですので、時間が許すならアウトレットまで足を運んだほうが、かなりお得になりますね。

随分昔からアウトレットはあったんですけど、如何せん交通手段がバスかタクシーしかなかったのでイマイチ行く気にはなりませんでした。

しかし、昨今ではBTSの駅が近くに出来たので、非常に楽にお店にいけるようになりましたね。

ジムトンプソン氏

まずは、ジムトンプソン氏を紹介します。タイシルクのジムトンプソンは、彼の名前が由来となっております。

1906年アメリカ生まれ。第2次世界大戦中に、CIAの前身であるOSSの一員としてバンコクへ赴任しました。その後、タイシルクに可能性を見出して、当時は衰退産業だったタイシルクの復興に尽力します。

残念ながら、1967年にマレーシア旅行に出かけたまま帰らぬ人となりました。

地図と電話番号

153 Soi Sukhumvit 93, Bangchak,Phakanong, Bangkok 10260

Tel: 02-332-6530-4, 02-742-4601-3 Ext 11-13
Fax: 02-333-0954

行き方

BTSバンチャック(Bang Chak)の⑤番出口

ファイル_001 (17)

最寄り駅は、BTSバンチャック駅。所要時間は、徒歩で10分になります。まずは、5番出口に向かってください。5番出口を目指して道なりに歩くと、上記の写真の場所にでます。ここを写真の右奥に進みます。

スクンビット95

しばらく歩くと、スクンビット95の通りにきます。目的のジムトンプソンはスクンビット93なので、もうちょっと直進してください。

ちなみに、上記写真は反対側から撮影してます。ですので、ジムトンプソンに行くときは、写真の奥から手前に向かって歩いてくることになります。

スクンビット93を右折

スクンビット93を入っていきます。この通りの入口にセブンイレブンがあるので、それも目印にしてください。ここから120メートルほど歩くと、左手にジムトンプソンの看板が見えます。

ジムトンプソン・アウトレット フロアーガイド

営業時間:9:00〜18:00(年中無休)ちなみに、お手洗いは「1・3・5階」にあります。

メインフロアーは、4Fと5Fになります。

5F 家具・クッション・コーヒーショップ

ファイル_000 (34)

クッションカバーが大人気ですね。さらには、オシャレなカフェも併設してるので、のんびりとお茶でもしながらゆっくりと何を購入するかを考えることができます。

4F 小物・カバン・衣類・その他

ファイル_002 (13)

時間のない人は、このフロアーだけでも十分ステキなお土産を選ぶことが可能となっております。小銭入れや、化粧ポーチ等が人気があるようです。

3F 絹織物

絹を生地単位で購入できます。

2F 綿織物

麺を生地単位で購入できます。

1F 絹・綿織物

ファイル_004 (10)

絹と綿を生地単位で購入できます。

近所にあるロカール色あふれる市場

実は、ここらへん一体はバンコクの都心から少し離れてるので、まだまだ昔のタイが残ってる場所になります。時間のある方は、タイのロカール市場を少し覗いてみませんか?

スクンビット95の入り口を覚えてますか?その通りを入って行くと、小さいですが市場になってます。この通りを少し歩くだけでも楽しですね。ここらへんにある屋台は、どこもけっこう美味しいです。

お腹に自信のある方は挑戦してみてください(笑)。食べる人はいないと思いますが、寿司の屋台だけはやめといたほうがいいと思いますよ。炎天下でお寿司を放置ですから、けっこうヤバそうです。

まとめ

ちょっとしたプチ旅行を兼ねて、バンコクのローカル地域を旅してみましょう!ジムトンプソンもとってもお得に購入できるので一石二鳥です。

ちなみに、私は数年前にこの地域に住んでたので、今でもここらへんにいけば声をかけてもらえます。人情あふれる下町の雰囲気がたまりませんね!

まだブログをやってない頃、BTSバンチャック付近でジムトンプソン・アウトレットの場所を何回も聞かれました。今回の記事で迷う人が少なくなればいいなと期待してます(笑)

 - バンコク観光