タイタビ

タイ旅行・バンコク観光・タイ語・タイ料理についての情報ブログです。1バーツ:3.0円(100バーツ:300円)

【グリーンカレー:食べ方】タイではスープの1種だから気をつけて!

      2016/12/07

%e3%83%95%e3%82%a1%e3%82%a4%e3%83%ab_000

グリーンカレーの食べ方について紹介します。タイ旅行にいったとき、日本にあるタイ料理屋さんにいったときの参考にしてくださいね。

ちなみに、本当は「あなたが美味しいと思う食べ方」でいいと思いますよ!しかし、日本にも食事作法があるようにタイにもあるんですよね。

グリーンカレーの食べ方について学ぼう!

私はタイ歴22年のタイブロガーです。これまでの人生で、グリーンカレーを何回食べたかは覚えていません。ただし、100回以上は食べてる自信があります。

そんな私の経験から、グリーンカレーの食べ方を大きくわけると以下の4つになります。

1.ごはんとカレーを別々に食べる
2.カレーをごはんにかけながら食べる
3.ごはんをカレーに浸しながら食べる
4.最初にカレーをごはんの上に全部かける

1つずつどんな食べ方なのか見ていきましょう

1.ごはんとカレーを別々に食べる

ごはんを少し食べて、次はカレーを食べる。ごはんの上にカレーをかけることもなく、単独で少しずつ食べていく。そんな食べ方になります。

個人的には、この食べ方が1番好きですね。混ぜるのが嫌なんですよ。ごはんもカレーも単独の味を大事にしたいんですよね(笑)

タイ人でこの食べた方をする人は、かなりの少数派ですね。上品なタイ人の方だと、こういう食べ方をしていました。といっても、数人しかみたことはありません。

2.カレーをごはんにかけながら食べる

スプーンでカレーを少しすくって、そのままごはんの上にかけて、ごはんとカレーを一緒に食べるという方法です。日本人は、この食べ方をする人が1番多いように見受けられます。

タイ人だと、ほぼ95%以上の人がこの食べ方ですね。ですので、結論から言うと「グリーンカレーの食べ方」は、1か2がよろしいかと思います。

しかし、世の中には不思議な食べ方をする人もいます。3の食べ方をする日本人もけっこういますね。3までなら、まだギリギリ許されるようですよ(笑)

3.ごはんをカレーに浸しながら食べる

「カレーをごはんの上に」の逆パターンですね。スプーンでごはんを少しすくって、カレーに浸すという方法ですね。「2の逆でしょ?」と言われたらその通りです。

しかし、私はタイではそういう食べ方をしている人を見たことがありません。どうしても「この食べ方が好き」という人以外は、やめといた方がいいと思いますよ。

4.最初にカレーをごはんの上に全部かける

これは、グリーンカレーに関しては「あり得ない行為」だとタイ人は考えるようです。というのは、グリーンカレーは厳密に言うと「タイのスープの1種」なんですよね。

ですので、スープをごはんに全部かけるなんて行為は信じられないようですよ。日本でも「猫まんま」という言葉がありますよね。えーと西日本でよく使われる言葉なので、東日本の人のために。

西日本の「猫まんま」とは、味噌汁をごはんにかけて、お茶漬けのようにして食べることですね。日本でもあまり行儀のよい行為ではありませんよね。

タイでも同じですね。スープをごはんに全部かけて食べるのは「礼儀正しくない!」とお叱りを受けますね。なるべくなら「1か2」の食べ方がよろしいかと思いますよ!!

グリーンカレーの食べ方を紹介したよ

今回は、グリーンカレーの食べ方について紹介しました。郷に入れば郷に従えです。日本人のマナーのよさは海外でも有名です。

可能な限り「マナーの良い日本人」の評判を保ちたいですよね。それでは、美味しいタイ料理を楽しんでくださいね!

 - グリーンカレー