タイタビ

タイ旅行・バンコク観光・タイ語・タイ料理についての情報ブログです。1バーツ:3.0円(100バーツ:300円)

【ドイステープ】チェンマイでは絶対に外せない名所だよ!

      2016/12/12

%e3%83%95%e3%82%a1%e3%82%a4%e3%83%ab_000-4

今回は、ドイステープを紹介します。ラーンナー王朝(チェンマイ王朝)時代に建立されて、金色に輝く仏塔が有名な仏教寺院ですね。

チェンマイ観光では絶対に外せない観光地になってます。さらには、ドイステープから見下ろす「チェンマイ市街」が、とっても素晴らしいですよ。

ドイステープに入場しよう

ドイステープには、「ケーブルカー」と「徒歩」の2つの入場方法があります。

入場料金    :30バーツ
ケーブルカー料金:20バーツ

オススメはケーブルカー

%e3%83%95%e3%82%a1%e3%82%a4%e3%83%ab_001-2

おすすめはケーブルカーですが、ケーブルカーを待つために観光客が並んでることもよくあります。あまりにも待ってる人が多いようなら、徒歩での入場にしてもいいですね。

ただし、300段を超える階段を上っていくことになります。ドイステープは涼しいので、のんびりと歩いて行ってもいいですね(ただし、炎天下だとキツかったですよ)。

ちなみに、徒歩だとケーブルカー料金がかからないので入場料金の30バーツだけになります。

観光時の服装に気をつけて!

%e3%83%95%e3%82%a1%e3%82%a4%e3%83%ab_002-2

タイのお寺は、しっかりとした服装規定があります。のんびりとしたタイ人ですが、お寺の入場に関しては日本よりもカッチリとしてます。

寺院の途中までは観光できますが、メインの「金色に輝く仏塔」には入場できません。女性は露出の少ない服装を心がけてくださいね。

【タイ旅行:服装】暑いだけだと思ってたら泣きをみる5つのこと

ドイステープ観光

金色に輝く仏塔

%e3%83%95%e3%82%a1%e3%82%a4%e3%83%ab_000-4

こちらがドイステープ観光のメインである「金色に輝く仏塔」になっています。スコータイから運ばれてきた仏舎利(お釈迦様の遺骨)が納められてます。

他にも見どころがあるので、のんびりと寺院をまわってみて下さい。そして、心が落ち着いてきたら、ドイステープならではの儀式に挑戦してみましょう!

お祈りをする

%e3%83%95%e3%82%a1%e3%82%a4%e3%83%ab_004-1

まずは、お供えのお花を買います。ただし、厳密に言うと買うのではなくタンブンと引き換えになります。タンブン金額は人によっても当然異なります。

お花係りのおばさんに聞いたら「20バーツで十分だよ!」と言ってました。このお花を持って「金色の仏塔」に戻ってきて下さい。

お花を持って、お経を読みながら金色の仏塔の周囲を3回まわります(上記写真のタイ人を参考にしてください)。

%e3%83%95%e3%82%a1%e3%82%a4%e3%83%ab_006

3周したら座ってお祈りをします。人が祈る姿というものは美しいものですよね。心が洗われますので、是非試してみてくださいね。

清々しい気持ちになったら帰りましょう。

ドイステープを動画で見てみよう!

ドイステープの行き方

チェンマイ市内からドイステープへの、簡単で安い行き方を紹介します。トゥクトゥクやソンテウをチャーターしたら高いんですよね。現地ツアーもいい値段しますしね(笑)

ですので、地元の交通機関を使って自分で行けば安上がりなんですよね。簡単に行けますので、ぜひドイステープ観光にご活用くださいね!

チェンマイ市内からドイステープへの安くて簡単な行き方を紹介するよ

まとめ

今回は、チェンマイ随一の観光地であるドイステープとを紹介しました。金色の仏塔も素晴らしいですが、寺院までの道中の景色も素晴らしいです。

チェンマイ観光では絶対に外せない観光地ナンバー1ですね。それでは素敵な旅をしてくださいね!

 - チェンマイ