タイタビ

タイ旅行・バンコク観光・タイ語・タイ料理についての情報ブログです。1バーツ:3.0円(100バーツ:300円)

【ボーサン】昭和の香りが色濃く漂う傘の街に紛れ込んでみよう

      2016/12/07

%e3%83%95%e3%82%a1%e3%82%a4%e3%83%ab_002-3

チェンマイのワロロット市場で、「あんまり有名じゃないけど、オススメの観光地ある?」と数人に聞いてみました。そんな中で挙がってきたのが、今回紹介する「ボーサン傘の街」になります。

行き方を教えてもらい、ボーサンにある「ボーサン・ハンドクラフト・センター」に行ってビックリしました。昭和の香りが色濃く漂ってくるのです。昭和生まれとしては、一瞬でこの街が好きになりましたね。

ボーサンとは?

チェンマイ県サンカンペーン郡にあるボーサーン村は、もともと紙漉きから骨組み、紙張り、色・模様・油塗りなど古くから伝統的な方法で傘を生産してきた地域。

1975年に米国内で開催された旅行展示会で、タイ国政府観光庁がその色鮮やかなボーサーンの傘を飾ったのをきっかけに、その存在が世界的に知られるようになりました。

(引用元:タイ国政府官公庁WEBサイトより)

地図

A:ターペー門
B:ワロロット市場
C:ボーサン行きソンテウ乗り場
D:ソンテウを降りる場所
E:可愛い雑貨屋さんが並ぶエリア
F:ボーサン・ハンドクラフト・センター
G:テスコ・ロータス(帰りのソンテウ乗り場)

ボーサンの紹介と行き方

ターペー門

「A:ターペー門」から「B:ワロロット市場」にソンテウで行って下さい。行き方が分からない方は下記記事をどうぞ!

【ワロロット市場】チェンマイの牧志公設市場にようこそ!

ワロロット市場

ワロロット市場に着いたら、すぐ近くにある「C:ボーサン行きソンテウ乗り場」を探して下さい。

ボーサン行きソンテウ乗り場

%e3%83%95%e3%82%a1%e3%82%a4%e3%83%ab_000-5

写真に見える「白いソンテウ」が、ボーサン方面行きのソンテウになっています。ただし、念のために運転手さんに「ボーサンOK?」と確認してください。

ソンテウ料金は、片道15バーツとなっております。所要時間は30分ぐらいですね。

ソンテウを降りる場所

ボーサンに到着です。まずは、「E:可愛い雑貨屋さんが並ぶエリア」に行ってみましょう!

可愛い雑貨屋さんが並ぶエリア

%e3%83%95%e3%82%a1%e3%82%a4%e3%83%ab_002-3

お洒落な雑貨屋さんが多いんですよね。上記の写真の場所が一番人気でした。残念ながら店内では撮影不可だったので、雰囲気だけでも感じ取ってください(笑)。

実はボーサンのメイン観光地は、このエリア一帯になります。このエリアには可愛い雑貨屋さんや傘屋さんが軒を連ねています。ブラブラと歩いてるだけ楽しいですよ。

昭和の匂いを感じたい方は、「F:ボーサン・ハンドクラフト・センター」に行ってみましょう!

ボーサン・ハンドクラフト・センター

%e3%83%95%e3%82%a1%e3%82%a4%e3%83%ab_000-4

こちらが、私イチオシの「ボーサン・ハンドクラフト・センター」になっております。ただし、昭和の雰囲気が好きではない人にとっては、なーんてことない物販センターになりますけどね(笑)。

%e3%83%95%e3%82%a1%e3%82%a4%e3%83%ab_003-1

色んなものが売ってます。雑貨ありますし、当然ですが傘も販売しています。この味気も素っ気もない陳列が昭和感じさせてくれるんですよね。

「売れたらいいよね」的な、圧迫感のない営業手法が大好きですね。日本の家電量販店とは異なり、店内に入っても誰も寄ってくるひとはいません。放置ですね。ですので、のんびりと店内を楽しめます。

%e3%83%95%e3%82%a1%e3%82%a4%e3%83%ab_004

個人的に買ったのが、このチェンマイ象さんのTシャツです。「これいくら?」と聞くと、店内のスタッフがざわつきます。「いくらだっけ?」と相談し始めます。

こういうダラダラとした雰囲気がたまらないんです。結局「150バーツ」と提示されたのでそのまま買いました。値切ろうと思えば、値切れると思うんですよね。

ただ、こういう素敵な場所は末永く存在してほしいですからね。微力ながら協力しておきました(笑)

テスコ・ロータス(帰りのソンテウ乗り場)

チェンマイ市内に帰るときは、ソンテウを降りた場所の反対側にタイのスーパーマーケットである「テスコ・ロータス」があります。

その前辺りでチェンマイ方面に向かって走っていくソンテウを見つけてください。そして、「ワロロットマーケットOK?」と聞いてください。

ワロロット市場の方向に行くソンテウだと「OK」となって、別の方向に行くソンテウだと「NO」になります。こればかりは、ソンテウを見つけ次第聞いてみるしかないですね。

ただし、多くのソンテウはワロロット方面に向かうので安心してください。帰りも15バーツですね。

注意事項

今回の観光で私が1番心配なのは、ボーサンの降車場所で降りれるか否かです。乗車したら一緒に乗ってる人たちに「ボーサン、ボーサン」と連呼しておいてください。

やさしい人が多いので、近づいたら教えてくれると思います。さらには、運転手さんにも「ボーサン、ボーサン」と言っておくとさらに安心ですね。

まとめ

今回は、チェンマイ郊外にある「傘の街ボーサン」の紹介をしました。ローカルな雰囲気も楽しめるので、楽しく観光できますね。

地元の人との触れ合いも旅の醍醐味ですよね。素敵なチェンマイ観光を楽しんでくださいね!

 - チェンマイ