タイタビ

タイ旅行・バンコク観光・タイ語・タイ料理についての情報ブログです。1バーツ:3.0円(100バーツ:300円)

【バンコク・タクシー】乗車時の禁止事項をタイ歴22年が語る

      2016/12/07

ファイル_000 (4)

私は、バンコクのタクシーで危険な目に会ったことはありません。それは、当然ですがたまたまではありません。バンコクは日本の大都市に似てますが、あくまでも外国です。

先日、友人とタクシーに同乗したとき、ビックリすることが多かったので、この記事を書こうと思いました。タイ初心者の方も慣れてる方も、今一度気を引き締めて頂けると幸いです。

バンコクのタクシーで注意すること

・女性は1人で乗らない!
・言い争い
・キレる

バンコクのタクシーで注意することは、上記3点です。特に女性は1人で乗ったらダメです!

女性は1人で乗らない!

女性がバンコクでタクシーに乗るときに注意することは「夜は絶対に1人だけでタクシーを利用しないこと」になります。理由は簡単、襲われるからですね。

タイ人女性も、夜は当然ですが昼も基本的には1人ではタクシーを利用しません。「抜け道なんだよ」と言って、人気のない場所に誘導されるようです。

タクシー運転手の中には、酒を飲みながら運転したり、薬をキメながら運転してる輩もおります。タイ人女性でも危ないのに日本人女性などは格好の餌食です。

言い争いをする

日本人で、日本と同じ感覚でタイのタクシーに乗る人がいます。タイの運転手は故意か否かはさておき、たまに道を間違えます。少しタイの道を知ってる日本人の中には、鬼の如く日本語で文句を言う人がいます。

タイの運転手も流石に文句を言われたら分かります。「彼らは我慢の限界値が異様に低い」とご存知でしょうか?私の知人で高速道路で降ろされた人がいます。

キレる

タクシー運転手相手にキレて、タイ人ドライバーに殴られた人も知ってます。ここは日本ではありませんタイです。まわり道といっても、せいぜい50バーツから100バーツ金額が増えるだけです。

日本円にすると「わずか300円」ですよね。「これでイザコザになったら損ではありませんか?」私はそう考えます。故意に遠回りした運転手にそんなお金を払いたくない。それは私もそう思います。

しかし、故意か否かは分かりませんからね。バンコクのタクシー運転手は田舎の人が多いので、本当に道を知らないことも多々あります。お布施(タンブン)だと思えば腹も立ちませんよ。

バンコクのタクシーで実際にあった怖い話し

ある日本人女性の話し

日本人女性が、お昼に1人でタクシーに乗りました。行先を告げてスマホを見てたそうです。ふと気づくと、全く見当違いの方向に向かっています。「道を間違ってるよ」と言っても、完全無視。

怖くなった女性は、車の窓から大声で助けを求めたそうです。幸運にもタイ人女性が車を横付けしてくれて、タクシーの運転手を制止したそうです。

その女性はタイ生活が長かったので、あらぬ方向に向かってることが分かりました。そして、少しのタイ語が話せました。たまたま、本当によいタイ人女性がいたので助かりました。

女性の方は、御自身の安全のために公共機関を使うことを強く強くオススメします。

タクシーが飛び込んできた!

これは、私が友達と一緒の時に実際に起こった出来事です。6年くらい前の話しになります。歩道を歩いてたら、タクシーがいきなり飛び込んできました。

私と友人は危うく轢かれるところでした。ビックリした友人が、タクシー運転手にかなり厳しい口調で文句を言いました。タクシー運転手が謝ってましたね。

この頃の私は全くタイ語が分からなかったので、後で友人に何と言ったのか聞きました。かなりひどい暴言を吐いたそうです。しかし、運転手が謝ってきたから許してやったそうです。

そんなことを聞きながら、再度歩道を歩きます。それは突然の出来事でした。道路側を歩いていた友人が、いきなり道路にふっ飛ばされてバスに轢かれそうになったのです。

さっきのタクシーの運転手が後を着けてきたみたいで、友人に飛び蹴りをかましたのです。しかも、わざわざバスが来てる方向に蹴り飛ばします。殺意が感じられますね。

タクシー運転手はタイ人とも喧嘩する

タクシー運転手とのイザコザは、日本人だけではないです。タイ人の友達も、よくタクシーの運転手と言い争いをします。友人はバンコク出身です。

「危ないから1回降りて」と私をタクシーの外に出してから、タクシー運転手に文句を言いまくります。キレた運転手が鉄パイプみたいなのを取り出してきたこともあります。

タクシー運転手を完全に見下す友人

別のタイの友人(バンコク出身)は言います。「タクシーの運転手と争う人間が馬鹿。あいつらはまともな教育も受けてないから運転手をしてる」

「そんな貧乏人と争うのは本当に意味が無いことだよ。言い争う時間ももったいないし、殴られたらこっちが損するだけ。だから、ボクはタクシーに乗らないんだ」

しかし、そんな彼もお酒を飲んだときはタクシーに乗ることあります。タクシーの運転手を完全に見下してるので「遠回りされようが」「釣り銭がない」と言われようが文句の一つも言いません。

まとめ

今回は、バンコクのタクシーで注意することを紹介しました。それでは、素敵なバンコク観光を楽しんで下さいね!

 - バンコク観光