タイタビ

タイ旅行・バンコク観光・タイ語・タイ料理についての情報ブログです。1バーツ:3.0円(100バーツ:300円)

【バンコク観光:地図】誰でもパッと理解できるようにまとめたよ!

      2016/12/30

バンコク観光に便利な地図を作成しました。タイの首都であるバンコクは人口800万人の大都会です。初めてバンコクに来た人のほとんどが「大都会だね」とビックリしますね。

日本人の大多数がイメージするタイって「自然豊かで」って感じなんですよね。しかし、バンコクは大都会ですよ(笑)私達のイメージするタイに出会いたかったら「地方都市」にいけばいいですね!

バンコク観光地図を紹介するよ!

バンコク観光の全体地図

バンコク観光名所

1:ワットプラケオ
2:ワットポー
3:ワットアルン
4:ジムトンプソンの家
5:ルンピニー公園
6:カオサン通り
7:ヤワラート通り

ショッピング

8:サイアムパラゴン
9:セントラルワールド
10:MBKセンター
11:ターミナル21
12:アジアティーク

バンコク観光地図をエリアごとにチェックしよう!

1:ワットプラケオ

バンコクでワットポーと人気を2分する人気観光地が「ワットプラケオ(エメラルド寺院)」になります。エメラルドブッダが安置されている有名なお寺ですね。

ワットプラケオに入ると、最初に目に入ってくる物は色々あります。ですので「何から見ていいんだろう?」と戸惑うと思います(笑)。

ココだけは見て欲しいのは「回廊壁画」「金色の仏塔」「本堂:エメラルドブッダ」の3ヶ所になります。

【ワットプラケオ】タイブロガーがイチオシする観光地を紹介するよ

2:ワットポー

黄金の涅槃仏で有名なお寺になります。全長46メートルを超える大仏様は、圧巻の一言です。バンコク3大寺院の一つであり、ワットポーマッサージの総本山としても有名な場所になります。

ワットポーに入ると「何から見ていいんだろう?」と戸惑うと思います。けっこう広いんですよね(笑)ココだけは見て欲しい2ヶ所は「涅槃仏」と「本堂」になります。

【ワットポー】黄金涅槃仏の圧倒的な存在感が心に響くよ!

3:ワットアルン

三島由紀夫の小説で有名になったお寺です。ワットプラケオとワットポーの近くにあるので、時間があるならワットアルンにも寄ることをオススメしますね。

4:ジムトンプソンの家

シルク王で有名なジムトンプソン氏の住居が博物館として残されています。簡単に行けるのでバンコクでも人気の高い観光地の1つですね。

5:ルンピニー公園

バンコク市民の憩いの場所です。夕方になると多くのタイ人が、ジョギングやウォーキングを楽しんでます。大都会バンコクに疲れたら、のんびりとルンピニー公園を散歩してもいいですね。

ちなみに、有名なオオトカゲもここで見られますよ。爬虫類丸出しのオオトカゲを初めて見た時はビックリしましたね(笑)

6:カオサン通り

旅人の聖地であり、格安の宿が多く集まるエリアですね。節約派旅行者は、カオサン通りにくればいいですね。激安パッタイも楽しめます。

7:ヤワラート通り

バンコクにある「チャイナタウン」のエリアですね。美味しい中華料理が安く食べられることでも有名ですね。

8:サイアムパラゴン

サイアムパラゴンは、バンコクでも有名なショッピングモールです。BTSのサイアム駅に直結してるので、連日多くのお客さんで賑わっています。

地下フロアーには水族館もありますし、日本食も充実しています。お土産を買うなら、このモールにくればほぼ何でも揃いますね。

9:セントラルワールド

タイ・バンコクの中心部にあるショッピングモールでは、「セントラルワールド」と「サイアムパラゴン」が圧倒的な集客力と、巨大な売り場面積を誇ります。

セントラルワールドは、厳密に言うと両隣にある「ISETAN(伊勢丹)」と「ZEN」を含むのですが、今回はセントラルワールド単体を紹介しますね。

【セントラルワールド】1日中でも遊べる巨大モールを紹介するよ

10:MBKセンター

「セントラルワールド」と「サイアムパラゴン」が上品なモールだとすると、MBKセンターは「庶民派モール」になりますね。ですので、他のモールに比べると「低予算」での買い物が可能です。

衣料品・日本へのお土産・電化製品の購入に適したモールですね。特に電化製品は有名です。電化製品に関することなら、MBKに来ればいいですね。

11:ターミナル21

ターミナル21は、「セントラルワールド」と「サイアムパラゴン」に比べると高級感は薄れます。中級のショッピングモールという感じですね。

ですので、観光客も多いですが地元の人で溢れかえってるモールになります。上階にある「フードコート」がこちらの集客の目玉なんですよね。

と言うのも、このフードコートは安くて美味しいので有名なんです。おそらくですが「タイ国内でイチバン安いフードコート」だと私は思います。

ただし、お昼や夜は曜日関係なしに混み合ってます。座席の確保が一苦労なフードコートです。でも、安くて美味しいんで、私はしょっちゅう行ってますよ(笑)

超絶なオススメは、上記写真のマンゴーになります。日本でマンゴーを食べたら高いですよ!タイで食べまくってくださいね!

12:アジアティーク

「バンコクのナイトマーケットでおすすめはどこ?」と聞かれたら、以前は別のナイト・マーケットを紹介していました。2012年にアジアティークができてからは、ここ以外を紹介することはなくなりました。

恋人ときたらすごくロマンチックな気分になれる場所なんですよね。ただし、男性同士とか1人で来ると「寂しさが倍増」すること間違いなしですからね(笑)

【バンコク:ナイトマーケット】最高峰であるアジアティークを紹介するよ!

まとめ

今回は、バンコクの観光地図を紹介しました。ワットプラケオとワットポーは絶対に行ってくださいね。タイは暑いなあと思ったら、ショッピングモールで楽しんでくださいね。

それでは、素敵なバンコク観光を楽しんでくださいね!

 - タイの地図