バンコクからプーケットに移動する時の飛行機や航空券の選び方




%e3%83%95%e3%82%a1%e3%82%a4%e3%83%ab_003-2

バンコクからプーケットへの移動方法と飛行機や航空券の探し方を紹介します。タイが誇る国内最大のリゾート地であるプーケット。

リゾートの割には物価もそこまで高くないので、アジア人にも欧米人にも大人気です。結論から言うと、バンコクからプーケットの移動は「飛行機が便利で快適」です。

ただし、安く行きたいなら「長距離バス」の選択肢もありですね。「日本からプーケットへの直行便」についても紹介しますね。

タイ行き航空券について:タイ航空券の安い時期とバンコク行き格安航空券の上手な探し方

バンコクからプーケットへの移動は3通り

バンコクからプーケットへの行き方は下記の3つがあります。

・飛行機
・長距離バス
・電車

パタヤならバンコクから近いので「長距離バス」がオススメなのですが、バンコクからプーケットはおよそ800キロ以上の距離があります。ですので、オススメは絶対に飛行機です。

次に長距離バス、その次に電車になります。では、1つずつ行き方を見ていきましょう!

プーケット観光情報:初めてのプーケット旅行で役立つおすすめ観光地15厳選と基本情報

飛行機

飛行機でのバンコクからプーケットの移動は、スワンナプーム国際空港かドンムアン空港を使うことになります。両空港ともに、プーケットまでの所要時間は1時間20分です。

どちらの空港も慣れたら行くのは簡単なのですが、タイ旅行初心者の方は「スワンナプーム国際空港」が便利だと思います。なんせ、日本から到着した場所なんで少しは勝手も分かるでしょうしね。

スワンナプーム国際空港

スワンナプーム国際空港からプーケット空港までは、「タイ国際航空」「バンコクエアウェイズ」「タイスマイル」等の航空会社を使います。値段は購入時期にもよりますが、1,200〜1,500バーツ(片道)が多いように思われます。

ドンムアン空港

ドンムアン空港からプーケット空港までは、「エアアジア」「ノックエア」「タイライオンエア」等の航空会社を使います。値段は購入時期にもよりますが、1,000〜1,200バーツ(片道)が多いように思われます。

人気記事:【恋愛小説】思わず感情がこみ上げる切ない男心をまとめたよ

長距離バス

バンコクの「北バスターミナル」と「南バスターミナル」から、プーケット行き長距離バスが出ています。まず、南バスターミナルですが、そこまで行くのが大変です。オススメしません。

北バスターミナルの時刻表と料金

バスでバンコクからプーケットに行くなら、北バスターミナルからの1択になります。プーケット行きは北バスターミナルの1Fで購入できます。

・07:35出発(587バーツ)
・18:20出発(913バーツ)VIPバス
・18:45出発(685バーツ)

2016年8月現在の時刻表と金額になります。プーケットまでの所要時間は12時間以上です。

長距離バスはこんな人に最適です!

・バスを楽しむ人

バスの旅を楽しみたい人にはオススメですね。ただし、深夜走る便が多いので車窓の景色はあんまり楽しめませんね(笑)

・宿代を節約

バックパッカーで一晩の宿代金を浮かせたい人にも超オススメです。VIPバスは寝心地もいいので快適に一晩すごせますよ。

・安くプーケットに行きたい人

安くプーケットに行きたい人はバスがいいですね。予定が決まってるなら、飛行機の早期予約の方がお得ですよ。直近で「プーケットに行こう!」と決めた人は飛行機代が高くつきます。安く行くならバスがいいですね。

タイで国際結婚を夢見た男性の物語:国際結婚がしたい!とタイにハマり没落していく悲しき男の物語

電車

フアランポーン駅からスラタニー駅まで電車で行きます。その後は、ローカルバスでプーケットに向かいます。ある意味贅沢な移動方法になります。

所要時間は電車が約10時間。その後の、バスが3〜4時間です。乗る電車やバスのランクによって金額は変わってきますが、1,200〜1,800バーツぐらいを見とけばいいですね。

メリット

電車の旅も、バスの旅も両方味わえる。さらに、スラタニーからプーケット間は風光明媚です。

デメリット

飛行機よりも高い値段になる。乗り継ぎ次第ではスラタニーに泊まる可能性もあるし、間違いなく長時間の移動になる。



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする